PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壁男

怒涛の雑誌掲載に始まり、札幌でのプレミア上映、テアトル新宿での舞台挨拶、そして上映終了に伴うプレゼント抽選会…と続いた『壁男』祭りもそろそろ終わりが見えてきました(地域によってはこれから公開のところもありますが)。いったん気持ちに区切りをつける意味でも、自分なりに『壁男』の感想をまとめてみました。

以下、ネタバレあり。


壁男
2006年/日本/カラー/98分/
配給:トルネード・フィルム 
監督/脚本:早川 渉
原作:諸星大二郎(マガジンハウス刊「夢の木の下で」収録“壁男”)
出演:堺 雅人 小野真弓 山崎大昇 渡辺香奈子 水戸ひねきほか

作品に対するコメント
正直に言いますと、札幌のプレミア上映で最初にこの映画を観たときは、それほど素晴らしい映画とは思えなかったんです。映画の完成度としては今一つかな…という印象でした。ときどき挿入される「街の噂特捜隊」の映像やハンディカムの映像などが少々うるさく感じられることなどもあり。
ところが、テアトル新宿で2回目を観たとき、実は結構おもしろい映画かもしれないと思い直しました。1回目と何が違ったのかをよく考えてみると、2回目は壁の中から部屋の中を眺める壁男の視点(ザラザラした線の入った映像)を意識しながら見ていた気がします。すると、ゆっくりと壁の中を移動しながら各部屋の様子を眺めたり、チャンネルを変えながらテレビの映像を見ている壁男はいったい何を考えているのだろう?と、(堺さん演じる)仁科ばりの疑問がふと湧いてきたのです。この仁科の気持ちにほんの少し近づけたことが大きかったような…。
この映画は観る者の解釈に委ねる部分の多い映画だと思います。人によってジャンルの分類も異なるだろうし、ラストをどう解釈するかもしかり。これは何を意味しているのだろう?と謎に思う部分も多い。たとえば「(壁男なんて)死ねばいいのに…」とつぶやく女の子。この子は明らかに壁男の存在を感じていて、壁に向かって意味深な笑顔を浮かべたり、また大切にしまっている宝物が(壁男に)盗られていないかとときどき確認したりする。そういうことも、何度か観ているうちにやっと気づくんですよね(←私が鈍いからからもしれませんが)。
壁男の視点を意識するようになったのは、原作を読んだことも大きいかもしれません。壁男(女)たちの生態がより詳しく描かれているので、イメージしやすくなるんです。人の形に壁が崩れて部屋にいた男にケガをさせたり、遠く離れた別の壁へピョーンと跳んだり、壁男と手紙をやりとりするところなども、すべて原作にあるエピソード。登場人物の設定も雰囲気もまるで異なるのですが、意外にたくさんのエピソードが映画でも使われていて興味深い。
それから、映画の中に繰り返し出てくる、「inでもoutでもなく、その境界にある存在」というフレーズと、そこから導かれるメディア論がなかなか興味深かった。たとえば、監督の早川氏はもともと名古屋出身で、大学入学をきっかけに札幌市民となっており、いうなれば、生粋の札幌市民でも完全な非市民でもないミディアムな存在。いろいろなことに当てはめて、考えを発展させられそうなフレーズだと思いました。
全体としては、場面のつなぎ方や曲の使い方などでマイナー感(垢抜けなさ)は否めないものの、観るたびに発見のある奥が深い映画(=噛めば噛むほど味が出る映画)というのが率直な感想です。

堺さんのみどころ
・何といっても主演ですからね。ファン必見の映画であることは間違いありません。ときおりアップで映し出される堺さんの表情が一番のみどころです。
・タイトルバックの後にいきなりベッドシーン。といっても、響子(小野真弓)はキャミソール姿だし、二人が絡むようなシーンはありませんが(笑)。「私のどこが好きなの?」というたわいのない質問に答えながら、肌をすべっていく指の動きがちょっとエロティックかも。
・出勤途中の雪の街。仁科が「心配だよ~」と響子の頭をポンポンとたたき、その後、仲良さげに手をつないで歩くシーン。ほのぼのとした雰囲気が漂います。こういうのって、心底うらやましいー!
・「早い、安い、うまい」がモットーの商業カメラマンとして、スタジオでモデルを前にパシャパシャとシャッターを切るシーン。本人はプロのカメラマンに見えるか心配だったようですが、さくさく仕事をこなすイマドキのかっこいいカメラマンに普通に見えましたよ。カメラをのぞきこむ目の大きさが印象的でした。
・個展「in-out」で響子と出会うシーン。個人的には、ここが一番好きかもしれません。取材にきた響子の写真を飛び入りで個展に入れることになり、「一番自分らしくない表情」の顔と「こっちの方があなたらしくていい」と傷のある右手の写真を撮る仁科。商業カメラマンとしての顔とは異なる、繊細なアーティストっぽい雰囲気がとても素敵で、これは響子でなくても恋に落ちるって。
・ポスターやチラシなどに使われている、地下道(?)のような場所でカメラを構えたり、壁に手を触れたりするシーン。不気味な静けさのなかで堺さんの横顔の美しさが際立つ名シーンだと思います。
・名前のない店でカウンター席に響子と並んで座って語り合うシーン。最初に来店したときは次回の個展のテーマ、2度目に来店したときは「優美な死骸は新しいワインを飲むだろう」という20世紀初めにシュールレアリストたちがつくった言葉遊びから話が始まるのですが、どちらも結局は「壁男」の話に。堺さんのイメージにぴったりの薀蓄トークがたまりません。
・このあたりから、だんだんと仁科の奇行が目立つようになってきます。取り憑かれたように階段の壁の写真を撮ったり、壁をたたいて耳をつけたり。レリーズ(遠隔シャッターボタン)で自分と壁男(見た目にはただの壁)の写真を撮り続け、「そっちを向いちゃだめ!」と呼びかける響子の映像に向かって、「こりゃいいや、アハハハ…」と笑い転げたり。スタジオで壁男の写真を撮ろうとして、モデルに「動かないでほしいんだけど…!」と怒鳴りつけたり。そして極めつけは、予告編にも使われている「知ってんだろ、全部。わかってんだからさ。何か答えろよ。安心して出てこいよ」と壁に向かって話しかけるシーン。仁科の狂気にぞくぞくしました。
・JRタワーの展望室から札幌の街を見下ろして、「箱庭みたいだなー」とつぶやくシーン。小野さんもお気に入りだと話していましたが、本当に美しい映像です。なんとか仁科を現実に引き戻そうとする響子の気持ちがひしひしと伝わってくる切ないシーンでもあります。

| 壁男 | 01時53分 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

感想ありがとうございます。
堺さんは見たいのですが、ハッキリ言って
壁男という作品自体には期待していませんでした。でも、えんみちさんの感想を読んで
とっても見たくなりました。早くDVDにならないかな~。。。

| まいななママ | 2007/10/29 22:51 | URL | ≫ EDIT

>まいななママさま
「映画の評価が少し辛口だったかな?」と気になっていたので、観に行きたいと思って下さったと聞いて、ホッとしました。
ホラーは苦手だから…という方にも、ぜひ観ていただきたい作品です。堺さんのホレボレするような表情がたくさん見られますよ~(^_^)

| えんみち | 2007/10/30 12:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/73-36d28686

壁男

作品情報 タイトル:壁男 制作:2007年・日本 監督:早川渉 出演:堺雅人、小野真弓、山崎大昇、渡辺香奈子 あらすじ:テレビ局に寄せられた一通の投書から、“壁男”についてのうわさをリポートした響子(小野真弓)。街中はこのうわさで持ち切りになり、響子の恋人

| ★★むらの映画鑑賞メモ★★ | 2010/08/11 00:36 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。