PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新シルクロード 第10集 西安 永遠の都

新シルクロード 第10集 西安 永遠の都』(2005年12月11日放送)のDVDを鑑賞。堺さん扮する日本人遣唐留学生の井真成(セイシンセイ/いのまなり)が、時空を超えて現代の西安に現れ、過去に思いを馳せながら街中を歩きまわるという趣向。モノローグ的なセリフがほとんどですが、柔らかく張りのある相変わらずの美声が耳に心地よい。画的には微笑んだ横顔のアップと後ろ姿が印象に残りました。


番組ではずっと唐の時代の緑の衣装に身を包んでいる堺さん。夜の西市をぶらぶらしながら、李白の漢詩「少年行」を朗読しているシーン、雰囲気があってとても良かったです。焼き鳥の屋台をのぞきこんだり、少年のバイオリン演奏に聴き入ったり。
特典映像で「実はこのシーン、エキストラは一人もいません」と強調していたけど、そんなの分かりますよ。だって、みんなチラ見orガン見してるじゃありませんか、堺さんのこと。
突っ込みどころとしては、西安交通大学で学生に混じって授業を聴講している場面と、パソコンのキーボードを打つ場面でしょうか。手つきが多少ぎこちないのは仕方ないですよ、井真成なんだから(笑)。

「新シルクロード」シリーズって、もっと過去の歴史に比重を置いた番組かと思っていたのですが、今回の番組は「大唐西市プロジェクト」や「デジタルシルクロード」など、むしろ現在と未来の西安を描き出すことに力を入れていたような気がします。兵馬俑坑も最後のほうにちょろっと出てきただけだし。
そのあたりはちょっと肩透かし気味でしたが、井真成という、近年発見されたばかりの謎の留学生にスポットを当てるという企画自体はおもしろかったと思います。よく知られる阿倍仲麻呂や吉備真備の他にも多くの留学生が海を渡り、その中には志半ばにして異郷に眠る(玄宗皇帝によってもその死を悼まれた)井真成のような人物がいたという事実は、実に歴史的なロマンをかき立てられました。

実は、私とジャッキーは会社の旅行で西安に行ったことがあるんです。井真成の墓誌が発見される前の2002年に。このDVDもジャッキーたっての希望で購入したものです。当のジャッキーは、堺さんのナレーションとヨーヨー・マの音楽に誘(いざな)われて、途中からすやすやと眠りに落ちてしまいましたが。私たちが訪れた観光スポットに、堺さんもまた訪れたことがわかり、ちょっと感激でした。

大雁塔
20071001223210.jpg


「大雁塔からの眺めも変わったものだ」
20071001222608.jpg


秦始皇帝 兵馬俑坑
20071001222645.jpg


阿倍仲麻呂記念碑
20071001222711.jpg


堺さんが授業を聴講していた西安交通大学
20071001222743.jpg

| 新シルクロード | 22時32分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

さかみちさん、どうもありがとうございます。早速、そのようにしてみます。でも、なんだか気難しそうなので、何をあげれば喜んでくれるのか、、、。コケ?でもあげたらいいですかね、、、。今回見てらっしゃったDVDは販売しているのですか?

| ようこ | 2007/10/03 23:55 | URL | ≫ EDIT

>ようこさま
私はアマゾンを通じて購入しましたが、NHKエンタープライズから直接購入もできるようです。「新シルクロード 第10集 西安 永遠の都」で検索をかけてみてください。
プレゼントって難しいですよねぇ。堺さんは気難しい方とは思いませんが、あの方に喜んでもらうのは難しそうですよね。たしかに苔を枯らしてしまったと仰っていましたので、それもあるかもしれませんね。
実は、私も先日プレゼントを購入しました。あまり考え抜いたものではなくて、たまたま立ち寄った丸井のしゃれたキッチンツールのお店で(笑)。

| えんみち | 2007/10/04 02:04 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、ようこです。気難しいというっ表現は違っていますよね。うーん、なんていったらいいのでしょう。でも、明らかにエッセイを読んでいても、33歳という年齢を超越したものをかんじるのです。ま、そこを含めて好きなのですが。世の中の皆さ~ん、もっと注目してー!!という思いと今のままでいいよという思いが複雑に私の中で、からみあっています。私のジェラシーですが、常盤貴子さんとは、「アフタースクール」と「川上音二郎」の舞台でも共演されてるんですよね。あと、田畑智子さんや釈由美子さんとも結構共演されてますね。いいなー。さかみちさんのブログまた再開してくださいね。楽しみにしていますから。

| ようこ | 2007/10/06 16:25 | URL | ≫ EDIT

>ようこさま
たしかに、堺さんは実年齢よりも上のような雰囲気を感じますよね。自分よりもかなり年下のはずなのに、“年下扱い”できない何かがあるというか…。でも、ときどき年齢相応の無邪気な表情を見せるところが、また魅力だったりして(病)。
そういえば、釈由美子さんだけでなく、常盤貴子さんや田畑智子さんとも共演が多いですね。堺さんに注目するようになってから、とくに出演者の多い『新選組!』の役を基準にして、映画やドラマなどを観る癖がついてしまいました。

| えんみち | 2007/10/11 02:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/59-a402a22b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。