PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝日新聞 be on Sunday

23日付の朝日新聞の日曜版、be on Sunday(別刷)に堺さん登場。「元気のひみつ」というコーナー。『壁男』公式HPに新着情報として載っていたのをすっかり忘れていて、新聞をめくったら、いきなり堺さんの笑顔とご対面。これこそが私の元気の秘訣ですよ~!(誰も聞いてないって)。


堺さんが心がけているのは、「よく食べ、よく寝る」こと。札幌での自炊生活の話も出てきます。ポテトサラダのほか、カボチャやタラのシチュー、塩サケの焼き魚、ホウレンソウのおひたしなど、安くておいしい旬の食材を中心としたメニュー(ヨッ、主婦のかがみ!)。
とくに大切にしているのは朝食で、どんなに忙しく、疲れていても欠かさないそうです。朝からステーキを召し上がることもあるとか(『クライマーズ・ハイ』の役作り?)。
また、野菜を意識して摂るようにしていて、これは上京して一人暮らしを始めてから、事あるごとにお母様から言われたことが影響しているそうです(“母の愛”ですなぁ~)。

まったく関係ないのですが、この話を読んで、『ハチミツとクローバー』(原作)で、肉ばかりガツガツ食べるはぐちゃんを注意をする花本先生を思い出しました。

花本先生  はぐ、野菜と肉は?
はぐちゃん 2対1
花本先生  そ、野菜も食べるっ。

これ、映画でもやってほしかったなぁ。

| 新聞 | 00時03分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

おみやげを食べるシーンですよね?
牛タンでしたっけ?
漫画の中の可愛いワンシーンですよね。
(~o~)

| tama | 2007/09/25 13:10 | URL | ≫ EDIT

お母様からの忠告は、「タンポポのお浸し」のエピソードを思い出しますよね。

大学を中退して仕送りも途絶え、役者をしながらの極貧生活。野菜を食べなくてはと思ってもお金がない。しかたなくタンポポを採ってきて茹でて食べたという、若かりし頃の堺さんのお話。

今では朝からステーキなんて、頑張ってきてよかったねって言いたくなりました。
外食に頼らず、自分自身の健康や食生活を気づかえる男性は素敵だと思います。

| タルコ | 2007/09/25 17:26 | URL | ≫ EDIT

>tamaさま
そうそう、花本先生とはぐちゃんと竹本くんで牛タンを食べる場面です。映画の少し達観した感じの花本先生と違って、原作の花本先生って、もっと心配性で世話焼きな感じですよね。そういうアタフタした演技もちょっと見てみたかった気がします。

>タルコさま
食べるものがなくて“たんぽぽ小鉢”を召し上がっていたという話、私も何かで読みました。あまりそんな風には見えないけれど、多くの役者さんと同じように、大変な苦労をなさっていますよね。
堺さんは一般の生活者としての視線を忘れない(よう心がけている)ところが素敵だと思います。
ああ、ポテトサラダでも、レンジでチンしただけのゴボウサラダでもいいから、一度いただいてみたいです~!(←アホ)

| えんみち | 2007/09/26 02:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/55-b6f82205

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。