PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロケーションジャパン

本日(16日)、自宅近くの映画館でようやく『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を観てきました。人がどんどん死んでいくサバイバルゲーム的内容なので、誰にでもオススメとは言い難いけれど、笑いの要素もふんだんにあって、私としてはかなり楽しめる映画でした。
そして何よりも、自分が堺さんのファンであることを改めて実感。その可憐な佇まいから目が離せませんでした。『壬生義士伝』を観たときに沖田に対して抱いた感情と似ている気がします。なんなんでしょう、この愛しさは…(笑)。


さて、15日発売の『ロケーションジャパン』。『壁男』初日舞台挨拶の日に、新宿の紀伊國屋書店で購入。なるほど、映画やドラマのロケ地情報や撮影の裏話などが載っている雑誌なんですね。ロケ地めぐりの旅をするときなどに役立ちそうです。
カラー1Pの『壁男』のインタビューが載っています。壁男のポスターをバックにした写真は、自然な感じでなかなか良いのでは。インタビューには、JRタワー展望室、北海道立文学館など、ロケ地や堺さんおすすめの場所が少しだけ載っています。でもどうせなら、シーンごとのロケ地などを詳しく載せてくれれば、本誌ならではの特徴が際立ったのに、なんて。
「撮れたて!おいシネマ」というコーナーに、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の記事(カラー1P)もあり。

| 雑誌 | 03時54分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

同感です

可憐なたたずまい……その通りでしたね。
清盛がトウモロコシ食べてる手前で、足の指いじってる姿さえ愛しかった。っていうか、どんな場面でも、堺ズームで見ていた自分;
「ヘンリーと呼べ!」で、ケケケッと高笑いするシーンや、あの死に様など、本当に黒沖田の再来でしたね。
気になったのは、馬で駆けると、おでこが;
おしゃれな赤メッシュも見えなくなって。
それと、死んでいく口の中。更に矯正が進んでいるのかな。ほとんど、普通の歯並びになってきましたね。ぐちゃぐちゃな歯並びと八重歯も可愛かったのに。。

ロケーションジャパン、えんみちさんの言うとおり、もっと詳しく載ってるとよかったですね。絶対、行くのに。機会があれば。

| めりぃべる | 2007/09/17 12:03 | URL | ≫ EDIT

>めりぃべるさま
私も常に“堺ズーム”状態です。どんなに画面の隅っこにいたとしても(笑)。
ネタバレになりますが、死に際のシーンなどは、黒沖田以上だったかもしれませんね。ここまで丁寧に描いて下さってありがとう、監督さん、みたいな。
私も近いうちに神保町シアターに行ってまいります。どんなセリフになっているのか、またどんな吹き替えっぽいしゃべりになっているのか、非常に楽しみです。

| えんみち | 2007/09/18 01:25 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/09/18 23:26 | | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/50-159fc2b7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。