PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

張り込み

TSUTAYAで以前から狙っていた「張り込み」をとうとう借りてしまいました。ずっとレンタルで観続けている「新選組!」も終盤に差し掛かって、山南さんも会話の中でしか登場しなくなり、さびしさに耐えかねて…。この「張り込み」って、すでにDVDが廃盤になっていて、観るのがけっこう難しいそうですね。家の近くのTSUTAYAに普通に置いてあって、ラッキーでした。私はてっきり、堺さんは小市慢太郎さん演じる刑事の相棒の役で、いっしょに若林しほの家に張り込むのだとばかり思っていたのですが、全然違いました。思い込みってコワイですね~。

張り込み
2000年/日本/モノクロ・カラー/79分/
配給 : シネロケット
監督 : 篠原哲雄
脚本 : 豊島圭介
出演 : 若林しほ/ 小市慢太郎/ 堺雅人

以下、ネタバレあり。


作品に対するコメント
自殺が相次ぐある郊外の団地。そこに住む主婦・スミレ(若林しほ)の家に、吉岡と名乗る張り込み担当の刑事(小市慢太郎)がやってくる。とても張り込みしているようには見えない刑事の態度に不快と不安がつのるスミレ。この男の真の目的は何なのか…!?
堺さんは英語教材のセールスマン、荒川保夫の役で出ています。先輩とともにスミレの家にやってきた荒川は、営業慣れしていない初々しい感じで懸命に商品のアピールをします。そんな態度に好感をもったスミレは、帰り際に「今度はひとりで来てネ!!」と書いたメモをこっそり渡し、二人は不倫の関係に。
デジタルビデオで撮られたいかにも低予算の映画という感じで、はじめはどうなることかと思いましたが、堺さんが登場したあたりからだんだんと面白くなり(当然?)、後半の吉岡とスミレの緊迫したやりとりの場面でぐいっと引き込まれました。
最初から不気味すぎる小市さん、もう少し温和なイメージからの豹変ぶりを見たかった気もしますが、若林さんを心理的にどんどん追い込んでいく演技は迫力がありました。若林さんのぶるぶる震える演技も真に迫っていましたし。
現在をモノクロ、過去をカラーで表現しています。通常の感覚とは逆なところが斬新でした。終盤の“滅多打ち”シーンがモノクロでよかったです。カラーだったらとても正視できなかったでしょうから。ちなみに、既に過去の人となっている堺さんの登場シーンはすべてカラーです。
ところで、吉岡はスミレに何をしたかったのか、スミレの夫は本当に存在しているのか。謎を残したまま映画は終わってしまいました。私は、荒川は吉岡の恋人(=ゲイ)で、スミレに復讐したかったという答えを考えたんですが、やっぱり違いますよねえ?

堺さんのみどころ
・この映画の堺さんは、ちょっと「ふかわりょう」っぽい、ほわんとしたヘアで、優しくて気が弱そうな母性本能をくすぐるタイプ。
・最初の登場シーンはなんと死体です。マンションから飛び降りた女子高生(ルーズソックス)の後に出てくる死体。よく見ると、足元がグレイの男性の靴下です。特典映像の舞台挨拶によると、堺さんはこの撮影のときにいびきをかいて寝ていたらしいです。
・英語教材のセールスのシーン。先輩に促されて、素っ頓狂な声で英語を話す堺さん。ああ…心臓止まるかと思った。面白すぎます。
・夫の留守中の逢引きシーン。ソファの上でキスをしながら互いの服を脱がしあい、そのまま床に転がり落ちて、スミレの胸にもキス(おぉー!)。激しいキスの間の「会いたかった…」という堺さんのつぶやきは、主婦層ファンを完全ノックアウト(たぶん)。ラブシーンはスカイハイよりもハードな印象でした。堺さんが始終ニヤニヤ顔なのはご愛嬌。
・スミレに睡眠薬を飲まされ、トランクス1枚(!)でベッドに横たわる荒川。黒いキャミソール姿のスミレに、お人形さんのように洋服を着せられ、最後に櫛で髪を整えられ、ベランダから突き落とされる。完全に脱力している状態なので、いくら細身の堺さんといえど、かなり重そうです。
・スミレの回想シーン。団地の前の広場で、荒川に別れ話を切れ出されたスミレは、「私さあ、保夫くんの子どもができたみたい。産みたいなぁ…」と言って荒川に抱きつき、そのまま地面に倒れこみます。このときの堺さんの「だんな、どうすんだよ…」というセリフは、主婦層ファンに密かな人気(おそらく)。芝生の緑とスミレの着ている黄色のワンピースのコントラストが美しい映像でした。
・再びスミレの回想シーン。荒川に呼び出されたスミレは、身重の妻(後で本物でないと分かる)を紹介され、正式に別れてほしいと中絶費用を渡される。スミレはパニックになり、その場に倒れてしまう。堺さんは劇団青年っぽいラフな服装で、素に近い感じ。
・特典映像の舞台挨拶の堺さんは、「ココニイルコト」の前野くんのような髪型、黒のタートルに同じく黒の皮っぽいジャケットを着ています。こんなこじんまりした感じの映画館(シネマ・下北沢)で堺さんの舞台挨拶を聞いてみたかったな~。「壁男」の舞台挨拶は700人規模(道新ホール)だってさ(`3´)ブーブー
人気が出てほしいんだか、ほしくないんだか。ワガママなファンですみません。

| 張り込み | 23時05分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

えんみちさ~ん!!
すみません(^^;)今頃2年前の『カテゴリー』へのコメント。
今日、友達とDVD鑑賞会をしたんですよ~!!これまで堺さんが出演していながら、観ていなかった作品を観よう!!と。
時間の関係上、あまり長いものは観れなかったので、『スカイハイ』と『張り込み』を借りたんですよね。

いや・・・(--;)凄い濃厚でした ○┼< バタッ

『スカイハイ』を先に観たんですけど・・・『スカイハイ』だけでも十分ソファーから転げ落ちたのに!!

『張り込み』・・・それ以上でしたねヾ(≧∇≦*)〃

えんみちさんのそれぞれの「コメント」と「堺さんのみどころ」を、2本観終わってから読んだんですが
私と友達の【ツボポイント】が、えんみちさんのと100%一緒で、それにまた感激して大騒ぎしてました(^m^)

『スカイハイ』では、友達がまさにえんみちさんの書き込み通りに
  「いまどき【でかしたぞ!】ってどうなの~?!(≧▽≦)」  ・・・って叫んでましたし(爆)

『張り込み』の萌えポイントは
  「だんな。どうすんだよ・・・」 ・・・○┼< バタッ 
思わず【だんなはもういいです~~~!!ヾ(≧∇≦*)〃】 なんて f(^^;) 

堺さん、世の奥様達を『萌え死に』させる気ですかねぇ~~~!!ヾ(≧∇≦*)〃
今日は大変なセレクトをしちゃいました!!
でも、こういう時を経て、今の堺さんがあるのね~・・・と。

次は何を鑑賞しようかなぁ~(^m^)

| myumyu | 2009/06/29 20:58 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、はじめまして☆
myumyuちゃんの相方(この表現でいいのかな?汗)のmiwatと申します。

そうです、本日「濃厚2本」(牛乳じゃありませんよ)をたて続けに見て、さぞや近所に怪しまれたであろう変な(歓喜の?)雄たけびをあげまくっておりました~(@_@;)

最近は自分を見失うほどの堺さん中毒。。。そして禁断症状。。。そんな中、吸い込まれるようにこの2本をセレクトとしたとは・・・何かの縁なのでしょうか(そんな訳ないですね)。
その後、myumyuちゃんからえんみちさんの事を聞きまして、さっそく読ませていただいたら。。。ホント100%ツボが一緒でした!!感激です!!
はじめましてですが私達はもう以心伝心ですね(すみません、勝手に)。
すごくうれしくってコメントさせていただきました(*^_^*)

| miwat | 2009/06/29 22:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/5-97455eb7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。