PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第35回日本アカデミー賞授賞式

本日(4日)は4月スタートの新ドラマ「リーガル・ハイ」(フジテレビ系列)の顔合わせとリハーサルが行われたようで、いよいよドラマのお仕事が本格始動となるようです。田口淳之介さん@KAT-TUNや矢野聖人さんなどのレギュラー出演者も追加発表され、徐々に「リーガル・ハイ」の公式サイトも盛り上がってきましたが、有り合わせの材料で間に合わせた感じのトップ画像が入れ替わるのを今か今かと心待ちにしております(笑)。
さて、日本アカデミー賞授賞式の模様が日本テレビで放送されましたが(2日)、今年も懲りずに授賞式の会場に行ってまいりました。“費用対効果”を考えるとかなり厳しいものがありますが、遠くからとはいえ生の堺さんの姿を拝めること、また、これほど多くの日本映画を代表するキャストやスタッフが一堂に会する機会はないこと、また日本映画最大の祭典という華やかでゴージャスな雰囲気に浸ることができるということで、堺さんが優秀賞をお取りになった年はなんとか頑張って参加したいと思っているんですけどね…。そして、いつか堺さんが最優秀賞に選ばれるその瞬間をこの目で見たいという野望がムクムクと頭をもたげております(笑)。


今回のアカデミー賞授賞式では、グレーのスーツにブルー系のネクタイだった堺さん。前髪は少し短めで、7~8つの束になっておでこに。角度によっては、目の辺りが若干腫れぼったい感じにも見えましたが、微笑んだ表情やキリッとした表情にはやはり華があって素敵だな~と。
とはいえ、堺さんの姿を見ることができたのは、レッドカーペットの入退場のときと、優秀主演男優賞の紹介で前に並んでいるときのみ(かなり距離あり)。一度、堺さんが着席されているテーブルの方向を見ていたら、前に座っている何十人もの人の頭の位置がたまたまズレて、堺さんの横顔が見えた瞬間があって「やった!」と心の中で喜んだり(笑)。後はもっぱら会場に設置されたモニターに、なにかの拍子に堺さんの表情をとらえた映像が映るのを観て楽しんでおりました。岸部一徳さんの「限界までたるみ切らした身体を…」というコメントにウケていたり、熊田聖亜ちゃんの大人顔負けのしっかりしたコメントに温かい眼差しを送っていたところなどはテレビでも流れていました。
堺さんのコメントはほとんどカットされていなかったと思います。ただ実際は、深津さんの「『ツレうつ』と『武士の家計簿』ではまったく人物像が違っていたのでつくづくすごいなぁと思った」というコメントの後に、関根さんが「ツレがうつになってきたときの堺さん…」と面白い感じに映画のタイトルを言い間違えて、堺さんがプッと吹き出す場面がありました。
また「2人の妻に感謝したいと思います」というコメントは、実は、あおいちゃんの登壇時に、関根さんが堺さんに対して「武士の家計簿」では仲間さん、「ツレうつ」では宮崎さんと、素晴らしい妻に恵まれてうらやましいという趣旨のことを言ったのを受けて、「先ほども話がありましたが、2つの映画とも良妻賢母に支えられて…」という前段があっての言葉でした。
あと、堺さんが森田監督の思い出について語っていた場面では、「側に近寄れないくらいの厳しさを持っているかと思いきや…」の前に、森田監督が音に細かいこだわりを持っていたという具体的な例を挙げていました。また「いたずら好きで本当に駄々っ子のような顔をなさったり…本当に大きな方だったんだろうなという気がします」という部分は、たしか「いろんなものを身体の中に持っている人、本当に大きな方」と言い換えていた記憶があるのですが、まったく違和感なくつなげられていて、すごい編集技術だと感心しました(しかもこんな短時間に)。
ところで、今回の日本アカデミー賞授賞式には、“震災復興に向けて”というテーマもあり、テレビでも紹介されていた受章者のコサージュのほか、私たち来場者が付けるリボンも福島県二本松市の上川崎和紙が使われるなど、さまざまな取り組みがなされていました。その一環で、授賞式後のディナーでは、シャンパンの代わりに、宮城県の一ノ蔵酒造の発泡日本酒“すず音”(→コチラ)で乾杯が行われたのですが、これが美味しかったヽ( ´¬`)ノ  
早速、近所のリカーショップで聞いてみたところ、「冷蔵保存で輸送しなければならない商品で残念ながら扱っていない」とのことだったのですが、これは取り寄せてでもまた飲みたいと思っています。なんだかんだ、堺さん関連で好きなお酒が増えていっているような…(笑)。

| その他 | 03時23分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

うれしいです

 草々日本アカデミー賞の詳しい解説をありがとうございました。頷きながら読ませていただきました。今年は今まで以上にうれしい年になりました。その半面、なにかしら堺さんがお疲れのようにも感じました。無理をなさらないように。そして、私たちを楽しませていただきたいです。

| あさひ | 2012/03/05 06:45 | URL | ≫ EDIT

久しぶりにえんみちさんのびしっと決まったレポ、楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。

”すず音”は何年か前東武百貨店池袋店で買った事があります。たぶん今でもおいてあるのではないかしら。
会社帰りにのぞいてみますね。
お酒の飲めないお友達も「これは美味しい」とグイッと飲んでました。(笑)

| やっこら | 2012/03/05 12:10 | URL | ≫ EDIT

えんみちさんのレポは、いつもワクワクします。
久々に楽しいレポを読ませていただき、嬉しいです♪

受賞式の放送日は職場の飲み会が重なり、ジンギスカン&ビールでほろ酔い気分で帰宅。
ソファーでボンヤリTVを見ていたら、宮崎あおいちゃんが映り「んっ?!」と思った次の瞬間、堺さんの笑顔がっ!!そこで、目が醒めました(^^ゞ

「リーガル・ハイ」楽しみですね~。早く[コミカド/堺]のお姿を、UPしていただきたいものです。

| のり | 2012/03/05 22:00 | URL | ≫ EDIT

久々にのぞいてみたら、更新されていて嬉しいです!
えんみちさんの堺さん活動は継続されているんですね\(^o^)/

日本アカデミー賞はTVで見ていましたが、そんなにブチブチと編集されていたとは!編集編集技術にはびっくりです!
今年も堺さん主演の映画が目白押しなので、来年の日本アカデミー賞も楽しみですね。

| ゆさげん | 2012/03/09 22:59 | URL | ≫ EDIT

堺さんのファンになったことがご縁で観始めた日本アカデミー賞放映ですが、堺さんも初登壇の頃に比べて随分落ち着いたご様子で、観ているこちらも安心して楽しめるようになってきました。TVで拝見する限りですが、やはり華やかな雰囲気と、女優陣のお衣装のセンス、着こなし、表情、そして映画界に関わる方々の誇りや生き方が伝わってきて楽しんでいます。と同時に「日本映画界の主だった方々が一堂に集うイベントって意義深いなぁ~」と観終わってから改めて感じていたのでした。堺さんも「常連」の位置を保たれることを応援したいです。

| mst | 2012/03/10 00:31 | URL | ≫ EDIT

今回もこまやかなレポートをありがとうございます。
テレビで授賞式の様子を見ながら、もしかしてえんみちさんもこの場にいらっしゃるのかなあと思っていたので、いらしたことが分かりうれしいです。
今年は昨年にも増していろいろな堺さんを見られそうでほんとうに楽しみですね。忙しい日々を元気でおすごしになれますようにと毎日祈っています。

| ton2 | 2012/03/14 14:09 | URL | ≫ EDIT

レポありがとうございます。

受賞会場内の詳細なレポ、ありがとうございます。
地方住まいか否かという問題でなく、
おそらく会場に入る事自体、
一般人には敵わないように思われるので、
会場内のレポというのは貴重且つ、ありがたいです。

堺さんを、肉眼で拝見出来るお席だったのですね。
きっとその場にいても、画面を通して見ているような、
不思議な感覚に囚われそうです(笑)
堺さんはじめ、日本の名立たる名優を、
肉眼で拝見出来る機会というのは、
そうはないと思いますので、それも羨ましい。
コメントを編集で割愛されているのは、少し残念ですが、
堺さんは、きっと流暢に詳細に語られたでしょうし、
オンエア時間の事もありますし、これは仕方ないですよね。
むしろこれだけの内容を組み込んでくれた、
編集の方に拍手したいと思います(笑)
その編集から洩れたものは、こうしてえんみち様に、
補足して頂けますし(笑)

話は、堺さんから少し離れますが、
発砲日本酒、というのがあるのですね。
下戸ですので、全くその方面には疎いのですが、
呑めない私でも、なんだか美味しそうに思えます。
最近はネットで取り寄せることも可能ですし、
是非、以前お求めになった酒器で、
会場の思い出に浸りつつ、ご堪能下さい(笑)

来年以降も、受賞式で堺さんを拝見出来たらと思いつつ、
しかし、今決定しているだけでも、
かなりのハードスケジュール。
休んで頂きたい気持ちも勿論あるけれど、
映画もドラマも見たいし、本音を言えば舞台も見たい。
作品のキャンペーンで拝見出来るのも嬉しいし、
出来ればCMにも出て頂けると、
毎日見れてもっと嬉しい・・・。
無限に湧き出る欲望と、役作りの度に、
足したり引いたりされる体格への心配と。

ジレンマに悩んでおります(笑)

| ako | 2012/03/14 23:07 | URL | ≫ EDIT

>あさひさま
ちょうど大奥の撮影が終わり、次の仕事に入るときでしたので、もしかすると、いろいろな人と会って飲んだりする機会も多かったのでは…などと勝手に想像していました(笑)。
>やっこらさま
”すず音”が東武で扱われているという素敵な情報をありがとうございます!! 都内で手に入るとわかっただけでもうれしいです。人が集まるときのお土産に最適ですよね~。
>のりさま
リーガル・ハイのトップページは相変わらずですが、先日撮影レポが載りましたね。逆転裁判そっくりなのが若干気になりますが(汗)、何か”決めポーズ”もありそうで、楽しみです。
>ゆさげんさま
お久しぶりです。テレビ版の日本アカデミー賞は、受賞作品の紹介にかなり時間を割いていた印象でしたね。でも、受賞コメントも上手に編集されていて、さすがだと思いました。鍵泥棒とその夜の侍と大奥…来年のアカデミーはどうでしょうかねぇ?
>mstさま
クラハイのときはドキドキしました(笑)。三度目ともなると、常連の風格すら醸し出していて、mstさんと同じく安心して楽しむことができました。テレビでは放映されなかったと思いますが、技術賞や功労者への賞などのコメントにも感動的なものがあり、本当に映画界にとって大切なイベントなんだと思わせられました。
>ton2さま
レッドカーペットの傍などの席であればチラッと映ったかもしれませんが、なかなか良席を確保するのは難しく、会場の端っこのほうから応援の念を送っていました(笑)。大泉さん、妻夫木さん、岡村(隆史)さんなどへの歓声がひときわ大きかったのが印象に残っています。
>akoさま
ファンの欲望には際限がありませんが、今年は公開予定の映画が3本に春・秋クールのドラマ、そしてCMまで…!という本当に恵まれた年になりましたね。私も舞台を切望する一人ですが、ファンとしては堺さんの健康も心配で、このハードスケジュールに加えて舞台までやってほしいとは口が裂けても言えず…ジレンマですね(笑)。

| えんみち | 2012/03/25 03:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/491-f4a80813

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。