PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツレうつ初日舞台挨拶

塚原卜伝第2回「御前試合」、期待のハードルを上げていたにもかかわらず、それを裏切らない面白さでした。スーパースローカメラやワイヤーアクションを使用するなど、卜伝の立ち回り演出はなかなか斬新ですが、欲を言えば、今日のとどめの一撃は通常のスピードで見たかったような気もσ(^_^;) 新右衛門@堺さん&左門@平岳大コンビのコミカルな場面には非常に癒されます。鹿乃@京野ことみの一行を助けた新右衛門を尻目に、左門が二枚目顔で話しかけているときの新右衛門の表情・・・ツボでした。たまに“マンガチック”とさえいえる場面もあるので、従来の時代劇ファンの反応はいかに・・・と気になったりして(笑)。


さて、昨日(8日)は丸の内TOEIで行われた「ツレがうつになりまして。」の初日舞台挨拶に行ってきました。久しぶりのイベントだったことに加え、映画も初見、友人たちのアフタートークも何ヶ月ぶりかで少々キャパオーバー気味だった私(汗)。
堺さんはグレーの濃淡でまとめたスーツ姿。最近のインタビュー記事等で髪の短いおでこ広めの写真に見慣れていたので、髪がほどよく伸びたな~という印象でした。初回の舞台挨拶では、最初にイグアナのイグちゃんが舞台中央に運ばれ、その後、佐々部監督、あおいちゃん、堺さんの順でに登場したのですが、堺さんは立ち位置に着くなりイグちゃんの背中を指でなでなでしていたのが印象的(笑)。脱皮前で撮影時と色が変わっていたイグちゃんについて、堺さんは「別の人だったらどうしようかと・・・」と笑わせたり、「僕は心の中で敬語で話しかけていました」「本当に尊敬している俳優です」と言ったりして、相当お気に入りの様子でした。
舞台挨拶のトークの内容は、すでに記事にもなっているように、『篤姫』に続いて夫婦を演じることについての感想やお互いの印象、撮影現場での2人の居住まいなど。佐々部監督は「2人の居住まいがいいんです。うちのおじいちゃんとおばあちゃんを見ているよう(笑)。僕がセットに入ると椅子を並行に並べてちょこんと座って文庫本を読んだり、あおいちゃんは編み物をしていたり。2人が台本を広げている姿を一度も見たことがない(監督をやってから初めての経験)。小津安二郎監督の映画に出てくる老夫婦のようでもあり、撮影ではこの2人が醸し出す雰囲気を壊さないように心がけました」とおっしゃっていました。
劇中のラブシーンについて感想を聞かれた堺さん。「ペタペタ(ベタベタ?)は大丈夫なんですが、キスシーンがねぇ・・・。なんであんなに照れたんだろう? なんてことないシーンなんですよ。微笑ましい感じで・・・」と真剣に考え込むうち、本題がどこかへ行ってしまったらしく、「・・・なんのご質問でしたっけ?」と司会者に逆質問(笑)。一方のあおいちゃんも、堺さんとは「親戚のおじさんくらいの距離感」(最初は「おじいちゃんみたい」と言っていた)で、体に触れるのは平気でもキスシーンは恥ずかしかったよう。堺さんは(おじいちゃん呼ばわりには)「もう慣れていますから」とあきらめ顔。「いや、娘ぐらいに思っていたのに、まさか孫だったとは・・・!」と凹んでいる様子が可愛らしかったです(笑)。

〔「ツレうつ初日舞台挨拶」関連記事〕
宮崎あおい&堺雅人は小津安二郎監督作の老夫婦!?(映画.com ニュース
雅人、宮崎あおいは「100%信頼できる存在」 現場では「老夫婦のよう」だった?(cinemacafe.net
夫よりも格好いい!? 宮崎あおいが共演者のイグにウットリ/『ツレうつ』舞台挨拶(MOVIE Collection
宮崎あおい&堺雅人 ここまで来たらずっと夫婦をやりたい!(GirlsNews

丸の内の2回に続けて、本日地元の映画館で3回目を鑑賞。以下、ネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

扱っているテーマは結構シビアなのに、晴子@あおいちゃんの明るさと、ところどころに差し挟まれる笑いによって、決して暗くはなく、むしろほのぼのとした映画でした。古風な日本家屋やクラシック音楽、イグの佇まいなどが醸し出す穏やかな空気がなんとも心地よくて。細かくて恐縮ですが、イグの呼吸のリズムとリストの「愛の夢」(だったかな?)が見事に呼応しているところとか、すごくいいんですよね~。この映画のテーマは、舞台挨拶で監督ご自身もおっしゃっていたように、うつ病に対する理解を広めるということだけではなく、夫婦という関係を改めて考えたり、人が支えあうことの素晴らしさを感じたり・・・ということなのだと思いました。
周囲には全編にわたってすすり泣いている人もいましたが、私が思わず泣けてしまった場面は3つか4つ(ウルッとなった場面は数え切れず)。その一つは、ツレ@堺さんの兄(津田寛治)が「男は一家の大黒柱なんだから頑張れ!」という、うつ病には最悪の励ましをした後、ツレがカメフトン状態になる場面。その滑稽な姿に思わずクスッとなった直後、ツレの気持ちに感情移入してダーッと涙が出てきました。こんなふうに笑った直後に泣いて・・・みたいなことが結構あり、そういうところもこの映画の特徴の一つかなと思います。
あえて突っ込みを入れるとすれば、ツレの講演会の最初の質問者は無視されたままでよいのかとか、ツレの部下役をやるはずだった英語に堪能な女性(一木恵里花さん)は目立たなすぎじゃないかとか・・・(おそらく諸般の事情でやむなくカットされたのだと思いますが)。それから、友人たちとのアフタートークでも話題になったのですが、後半の「アニメーションと実写の融合」部分については賛否両論かと。私としては、晴子のスケッチブックからキャラクターが動き出すのはアリでも、それがツレのところまで飛んでいくのはどうなんだろう・・・という感じでしょうか。パンフレットによると、監督は脚本段階からこだわっておられたようなので、あまり大きな声では言えませんが・・・(汗)。キラキラと綺麗でファンタジックなシーンではありましたけれども。
ざっとですが、以上のような感想を持ちました。

| ツレうつ | 03時00分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

お久しぶりです。
えんみちさんのツレうつ初日舞台挨拶レポート、ようやく復活。
待ってました!!です。
舞台挨拶の様子もさることながら、えんみちさんの映画の感想も毎回楽しみにしていて、参考になってます。
私はまだ映画館に行けてませんが、篤姫&家定さまコンビのファンになりつつある娘も「ツレうつ」を観たいというので、一緒に行きたいと思ってます。
それにしても、もう3回もご覧になったとは、さすがですね(^^♪

日輪の遺産の感想もそのうちお願いします!

| ガーベラママ | 2011/10/10 07:28 | URL | ≫ EDIT

>ガーベラママさま
お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?
堺さんご出演の映画はたいてい3~4回観るのですが、「ブッダ」と「日輪の遺産」は1回しか観れておらず・・・。「日輪の遺産」はとても深い映画なので、簡単に感想は書けそうにありませんが(汗)、そのうち機会があればと思っています。
「ツレうつ」は観たばかりでも、またすぐにあの穏やかな空気に触れたくなってしまう、なんともいえない魅力をもった映画です。
ぜひお嬢さんと一緒にご覧になってください(*^^*)

| えんみち | 2011/10/11 02:03 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/11 03:01 | | ≫ EDIT

えんみち様

お久しぶりです。
(と言っても、私が勝手にお久しぶりしてます(^_^;))
久しぶりにこちらを覗いてみたら、えんみちさん流のロングなコメントが再開されていらっしゃいました。
嬉しかったの同時に、プログを再開されるまでお元気になられ
たことに安堵しています。
これからもえんみちさんのペースでのコメントを楽しみにしています。
「塚原卜伝」。
今までにないサムライ堺さんを見ることができ、毎回楽しみです。あと、ツレウツを観に行かなくては~!!

| まるこ | 2011/10/11 23:51 | URL | ≫ EDIT

>Sさま
私もお会いできてうれしかったです。相変わらずお元気そうで何よりです。堺さん、つまづいておられましたか(笑)。しかし、いつもながら他の登壇者の方への気遣いが素敵ですよね。私はかなり後方の座席だったのですが、堺さんとあおいちゃんが再入場されたとき、すぐそばを通ったので、一瞬ですが近くでお顔を拝見できてラッキーでした。
>まるこさま
お久しぶりです。舞台挨拶のレポや映画の感想を書いたのも久しぶりでしたが、感想については、後からあれもこれも・・・と思いついて、全然言い足りなかったなぁと(汗)。職業柄(?)出版社の社員の方々が心ある人たちとして描かれていてよかったなぁと思います。好きなシーンです。

| えんみち | 2011/10/14 01:23 | URL | ≫ EDIT

えんみち様、初めまして。そしてお帰りなさい。
もう帰ってこられないのかと半ば諦めていたので、再開に気付かず。。でも今日久しぶりに来たら…なんでしょう……涙が出てきました。嬉しいです。えんみちさんだから書けるレポ、また拝見出来るんですね。嬉しすぎて、思わずコメントしてしまいました!!
でも無理はなさらず、えんみちさんのペースでまた楽しませて下さい。

| つぺ | 2011/10/22 01:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/487-f02f134c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。