PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHKウイークリーステラ&キネマ旬報

堺さん表紙の2冊、どちらも「買い」でした。ステラはページ数は少ないものの、新右衛門さんのビジュアルはよいし、インタビューでは「右脳派」の新右衛門と「左脳派」の左門とか、うまいこと言っちゃってるし(笑)。初めて聞く内容が多いように思いましたが、単に私が知らなかっただけかも…(最近全く自信なしf(^^;) )。キネ旬のほうは「ツレうつ」が特集(特別企画)だから、とにかく内容が濃い。しかも「FACE」(グラビア)でも堺さんが取り上げられているので、写真も楽しめる。ということで至れり尽くせりです。


「ツレうつ」の作品評なども大変興味深かったのですが、堺さんが「中性的」「男くささがない」「いまの日本で男の男らしさ否定の尖端をゆく俳優」といった記述がやたら目立つような気がして…。一応、褒めている文脈での言葉なので、あえて反論するつもりはありませんが、そこまで中性的じゃないと思うけどな~。「ツレうつ」はたしかに男の部分を抑えているように見えるけれど、役によってずいぶん変わりますし。「クラハイ」などをご覧あれ~と言いたい(笑)。
さて、今週末の土曜(8日)は「ツレうつ」の初日舞台挨拶。実は、この映画、まだ観ておりません。これまでは完成披露試写会などを含めて何度か観てから初日を迎えるというパターンが多かったのですが、今年に入ってからいろいろとあり、さらに仕事と重なることも多かったので、「日輪の遺産」も実はジャパンプレミア(新百合ヶ丘)の一度しか観ておらず(>佐々部監督、観客動員に貢献できず、本当にごめんなさいm(_ _)m)。「ツレうつ」初日のチケットは(友人のおかげで)無事入手できたので、今度こそ何度か映画館に足を運ぶつもりです。
そういえば、8日の「王様のブランチ」(9時30分~11時45分)のゲスト出演者に「宮崎あおい×堺雅人」の名前がありました(Yahoo!テレビ.Gガイド)。こちらも要チェックですね。

| 雑誌 | 02時09分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

あらら・・・

復活後の早速のブログ更新、ありがとうございます。

キネ旬の作品評。
まだ拝見してない身としては、褒めている文脈中とはいえど、
素直にそうは受け取れない内容ですね(苦笑)
男くささがない=中世的は、少し短絡的ですよね。
ん~、知性派と思った事はありますが、
中世的とは私も思いません。
「ジェネラル~」だって、どちらかと言えば男くさいキャラクターと思いますし。
「いまの日本で男の男らしさ否定の尖端をゆく俳優」・・・いつの間にそんな尖端を(汗)
是非、このライターさんに、今回の「塚原卜伝」を見て頂いて、
この評価を、なんとか改めて貰いたい(大袈裟ですね・笑)
初回の年齢設定が17歳というのには、
さすがに、少しびっくりしてしまいましたが(汗)

完成披露試写会に、度々行かれている事は、
よく存じ上げていますが、初日までに数回見るのが、
ほぼ慣例になっているというのが凄いです。
初日のチケットというのは、勿論舞台挨拶付きなんでしょうね。
楽しんで来て下さいね。
また感想をお聞かせ下さい。

私は、折角情報を頂いたので、明日の「王様のブランチ」、
楽しみにしたいと思います(笑)
映画を見れるのは、もう少し先になりそうですが・・・。
出来れば、そろそろ同局でオンエアになる「南極大陸」の方も、
主演の方以外の方も、出て来て欲しいんですけどね(笑)

| ako | 2011/10/07 22:51 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/08 01:11 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/08 13:28 | | ≫ EDIT

>akoさま
最初からあまりペースを飛ばしすぎると後が続かなくなりそうですが(苦笑)。ホント、いつの間にそんな尖端を…ですよね(笑)。「ツレうつ」の映画を観て、病気で弱々しくなることと、中性的というのはまったく違うとの思いを新たに。本日放送の「南極大陸ナビ」、録画したもののまだ見れていませんが、その話題にもそろそろ触れねば…!と思っています。
>Yさま
「右脳・左脳」「セミ」のお話は既出でしたか(汗)。いや~保険をかけておいてよかった…なんて(笑)。「ツレうつ」映画化までの苦労や作品への思いを知ると、さらに感動が深まるというか、関係者の気持ちを想像して余計に泣けてきますよね。たくさんの人に観てもらってヒットするといいなと心から思います。
>Hさま
「目がきれいだし、睨まれたら怖い」…なるほど。迫力ありますものね。
Hさんは「キツい堺さん」推しですか。私はどういう役が好きなのか、自分でもよくわからなくなっていますが、いま言えるのは、卜伝の新右衛門さんがかなり好きだということです(笑)。

| えんみち | 2011/10/10 03:52 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/10 10:35 | | ≫ EDIT

>Hさま
堺さんの中にある天真爛漫な部分がよく出ているというか、うまく生かしているというか・・・。「悪戯っ子みたいなにっこり笑顔」は・・・そうかもしれませんね(笑)。しかし、栗山千明ちゃん、巫女さんの衣装がめちゃくちゃお似合いですよね☆

| えんみち | 2011/10/14 01:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/486-0cddece5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。