PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塚原卜伝ヒット祈願@鹿島神宮

久しぶりの更新となりました。実は、実家の父が誤嚥性の急性肺炎で入院し、その後、闘病生活を続けておりましたが、残念ながら他界してしまいました。この間、仕事と看護の両立が厳しく、たまにイベントに参加しても自分自身が元気をもらうのが精一杯で、それを記事にしたり情報を発信する気持ちにはなれず。結果、多くの方々にご心配をおかけしてしまったようで申し訳ありません。心温まるコメントをお寄せくださり、本当にありがとうございます。今後は少しずつファン活動を再開していきたいと思っております。
さて昨日(1日)、鹿島神宮へ行ってまいりました。実は、もともと友人たちと「塚原卜伝」ヒット祈願ツアー(!)を計画していたのですが、父親の容態が思わしくなかったため参加を見送り、それがようやく実現した形。ドラマは本日から放送ですので、本当にスタートにギリギリ間に合ったという感じです(汗)。今回は塚原卜伝ゆかりの地めぐり、とまではいきませんでしたが、両側に杉の大木が並ぶ奥参道を歩きながら、鹿園で鹿に餌をやったり、奥宮(ドラマで本殿として撮影が行われた場所)でドラマの成功を祈願したり、御手洗池近くの一休(→コチラ)で「卜伝膳」をいただいたりして、ゆっくりと散歩を楽しみました。


予想はしていたものの、鹿島神宮の周辺は「『塚原卜伝』放送決定」の立て看板や例のカッコいい塚原卜伝のポスター(→コチラ)が至る所にあって、卜伝一色! 駐車場脇のどうでもいい建物にもポスターが貼ってあって、ホント「一枚くれ~(T人T) 」という感じでした(笑)。お店などでは「ドラマ、明日からだね」「私、もう予約したよ」的な会話も耳にしましたし、鹿島神宮の楼門の堺さんのポスターを見て「とても剣豪には見えない」とつぶやいている女性にも遭遇しましたし(苦笑)、やはり「卜伝ドラマ化」は地元で相当話題になっているというのを実感しました。
先ほどの手打蕎麦&甘味処「一休」や鹿島神宮門前の大町通りにある「鹿嶋人ギャラリー」などでは、ゆるキャラ「ぼくでんくん」グッズ(ストラップ、手ぬぐい、コースターなど)も販売されていました。このぼくでんくん、商店街の街灯に取り付けられているフラッグにも、サッカーのユニフォームを着て登場しているのですが、おじいちゃんキャラなのでどうも老骨に鞭打ってというか、若干無理している感じが否めず(汗)。今回のドラマで堺さんが青年期を演じたことで、卜伝の若い頃のイメージが浸透し、ぼくでんくんのヤングバージョン(ヤングぼくでんくん)が登場することを期待しています(笑)。
ともあれ、今日の第1回の放送は、若かりし頃の卜伝(新右衛門)を恐れを知らないまっすぐな瞳で演じていて、とても好感が持てました。いい表情だなぁ~(゚・゚* ホレボレ というシーンがたくさんあって。「ったく、しょうがねえな~」という感じで、渋りつつも新右衛門@堺さんのことを放っておけない左門@平岳大とのコンビがまた絶妙で。左門や松本備前守@永島敏行との木刀での勝負は見事でしたし、盗賊退治の立ち回りもなかなか、牧元鬼@ジャッキー・ウーとの真剣勝負の例のシーンもギリギリセーフ!? というか、原作がそうなっているんだから仕方がない(苦笑)。このドラマが終わる頃には、新選組!の山南さんのように卜伝=堺雅人のイメージが定着し、「もう剣豪にしか見えない」と言われるようになっているといいなぁ~と…f(^_^;)

DSC01482.jpg
鹿島神宮境内。快適な森林浴が楽しめます。

DSC01497.jpg
「一休」でいただいた「卜伝膳」(の一部)。

DSC01506.jpg
商店街フラッグのぼくでんくん。

| 塚原卜伝 | 23時56分 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

おかえりなさい

待望の更新ありがとうございます。
お父様を看取られたとのこと
その悲しみとお疲れもまだ癒えない中メッセージをくださり
心から感謝申し上げます。
堺さんの活躍をえんみちさんも一緒に楽しんでいらっしゃると思えるだけで大きな安心感があるので
ブログはほんとうに無理のない、えんみちさんが楽しめる範囲で続けていってくださいね。

「塚原卜伝」の堺さん、若き日の新右衛門をのびのびと演じていらっしゃって素敵でしたね。
こんなにヒロイックな役ははじめて見るような気がしますが
堺さんの持つ透明感や心の素直さが新右衛門の純粋さによく合っていると思いました。
これから成長していく姿も楽しみです。

| ton2 | 2011/10/03 12:20 | URL | ≫ EDIT

 また、お会いできて嬉しいです。

| あさひ | 2011/10/03 18:05 | URL | ≫ EDIT

お父さま、残念でしたね。お気持ち、お察しします。



そんな中でも、こうしてえんみちさんの堺さんネタを心待ちにしてる者たちのために、更新してくださって感謝です!

結婚を機に引っ越しましたら、BSプレミアムが見れず…慌てて加入申請するも間に合わずで、土曜日の再放送までに間に合うことを祈るばかりです。

しんどい思いをされたばかりでしょうが、くれぐれもお体に気を付けてくださいね。

| ドロシー | 2011/10/03 21:56 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。

時折、こちらを拝見してはおりましたが、
そのようなご事情があったのですね・・・。

お身内の看病、そして、その甲斐なく最期を看取られた事、
さぞかし気苦労が絶えなかったのでは・・・。
また法要等の取り仕切り等、
連日慌しい日々を、お過ごしだったのではないでしょうか。
日毎、秋めいて来た感がありますが、
緊張の糸が切れて、お疲れが出ないとも限りませんので、
くれぐれも、ご自愛下さいね。
ブログの方も、えんみち様のご負担のない範囲で、
更新していって下さい。

・・・とは言え、このようなコメントが結局、
更新催促になっているような気がして、
少し心苦しいのも確かなのですが(苦笑)
その一方で、更新を心待ちにしていたのも事実ですので・・・。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

| ako | 2011/10/03 22:09 | URL | ≫ EDIT

お帰りなさ~い。
堺活動で癒されつつ、無理のないご自身のペースでゆっくりと、また楽しいブログを更新させて下さいね。

| のり | 2011/10/03 23:29 | URL | ≫ EDIT

お待ちしておりました!

このたびは、ご愁傷様でした。

傷心のえんみちさんの心を、卜伝堺さんが癒してくださることでしょうね。

家定、三九郎好きの私のとっては、卜伝は大好きバージョンの役どころで、嬉しい限りです。

さかみちブログが再開されて、本当に嬉しいです。
これからも、えんみちさんのペースでよろしくお願いします。

| ゆさげん | 2011/10/04 00:17 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

えんみちさん、はじめまして。
お父さまのこと、お気持ちお察しします。
堺さんから、たくさん元気をもらって、心穏やかに過ごされることをお祈りしています。

鹿島神宮にいらしたとのこと。
実は私、鹿嶋市民なんです。
卜伝の撮影も見学したので、みなさんにもご紹介したいのですが、ある方のブログにレポを書かせていただいた折、何だか長くなってしまった上にネタバレも多かったので、整理してからにしますね。

私は卜伝の放送当日お参りに行きました。(1日違いでしたね。)
10/18に126年ぶりに行われる御神事能「常陸帯」のチケットを買いに社務所へ行ったのですが、「NHK広報資料」というドラマのパンフレットが置いてあるのを目ざとく見つけて、しっかりいただいてきました。(笑)

また、ゆっくりと鹿嶋にもいらしてくださいね。
ご一報いただければ、ご案内しますので!

| だいふく | 2011/10/04 01:41 | URL | ≫ EDIT

>ton2さま
「堺さんの持つ透明感や心の素直さが新右衛門の純粋さによく合っていると思いました」…まったく同感です。堺さんが17歳を演じると聞いてちょっとドキドキしていましたが、ほとんど違和感がありませんでしたね。廻国修行を経て新右衛門がどのように成長していくのか、その変化も楽しみです。
>あさひさま
長らくご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。情報収集にはすっかり疎くなっておりますが、できる範囲で少しずつ始めたいと思います。
>ドロシーさま
この数ヶ月の間にドロシーさんも大きな変化があったのですね。土曜日の再放送までにBSの工事(?)が間に合いますように。
>akoさま
法要に関しては経験のないことばかりで戸惑いましたが、いろいろと勉強になりましたσ(^_^;) だいぶ心が落ち着いてきたので、いろんなことを少しずつ再開したいと思っています。
>のりさま
「堺活動で癒されつつ」…そうですね、まだまだ元気をもらうことのほうが多そうですが、感じたことを少しずつ書いていければと思います。
>ゆさげんさま
ずっと更新がなかったにも関わらず、ご訪問くださり本当にありがとうございます。歴史上の人物を演じる堺さん、楽しみですね~。こんなふうに屈折していない素直な役どころは意外と珍しいかも。

| えんみち | 2011/10/04 01:43 | URL | ≫ EDIT

>だいふくさま
初めまして。鹿嶋市にお住まいなのですね。実は昔、茨城の県南に住んでいたことがあって、その頃は鹿島神宮に毎年初詣に来ていたので、懐かしい場所でもあります。ドラマの番組広報資料、ありましたね~。また、ポスターと同じ写真を使ったポストカードもミニ博物館等に置いてあってうれしくなりました。そのうち機会がありましたら、撮影の様子なども教えていただけますと幸いです。

| えんみち | 2011/10/04 01:57 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/04 11:44 | | ≫ EDIT

えんみちさん、お久しぶりです。
そして、心からお悔やみ申し上げます。

この数ヶ月は、堺さんを通じて知ったこのブログが、いつも近くにあったことのありがたさを感じる期間でした。
どうぞ無理のない範囲で、これからもよろしくお願いします。

| アッシュ | 2011/10/04 19:05 | URL | ≫ EDIT

>Fさま
「堺さんご活躍の秋」…今月はゴルスラの地上波初登場に始まり、卜伝も南極もツレうつもあって、今年前半の日照りが嘘のようですね。なんとか間に合ってよかったです。
>アッシュさま
お久しぶりです。やはり自分自身が心から楽しめていないと、こういったブログの文章は書けないのだな~としみじみ思いました。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

| えんみち | 2011/10/05 00:09 | URL | ≫ EDIT

えんみち様。お忙しいのかな、と思っておりましたが、そのようなご事情だったのですね。

私も3年前に父を亡くし、初めてのことばかりで、バタバタしてその時はあっという間に時が過ぎたのですが、少し落ち着いてから疲れが出たり、淋しさ、悲しさが襲ってきました。どうぞお疲れがでませんように。

ご冥福をお祈りいたします。

| Sue | 2011/10/05 22:47 | URL | ≫ EDIT

>Sueさま
先日実家に帰ったときにタクシーを呼んだら、父を病院に連れていくときによくお世話になった顔見知りの運転手さんが来たので、父が病院で亡くなったことを告げると、ショックを受けた表情になり、「お父さんとは道々よくプロ野球の話をしたね~」と言われて、思わず泣きそうになりました。淋しさや悲しみは思いがけないときに襲ってくるものですね…。温かいお心遣いをいただき、ありがとうございました。

| えんみち | 2011/10/07 00:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/484-2cecdce3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。