PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブッダ完成披露試写会

まったく当たる気配すらなかったブッダ完成披露試写会ですが、チケットを入手してくれ、当日の朝早くから並んでくれた友人のおかげで無事行くことができました(本当に感謝です!)。でも、聞くところによると、夕方には座席が埋まってしまい、招待状のハガキをもっていても、立ち見だったり(マスコミ退場後に着席)、座席券と引き換えられず涙をのんだ方もいたらしく、最後まで本当に大変だったようです(汗)。
東京・丸の内TOEIで行われた舞台挨拶は、北海道から九州まで14劇場に中継され、その中には被災地であるワーナー・マイカル・シネマズ名取エアリ(宮城)とワーナー・マイカル・シネマズ福島(福島)も含まれていたそうです。登壇者は、堺さん、吉永小百合さん、吉岡秀隆さん、観世清和・三郎太親子、黒谷友香さん、森下孝三監督の7名。また、舞台挨拶の前に、尺八奏者の藤原道山さんによる劇中メインテーマ等の演奏もありました。


吉永小百合さん以外の登壇者は、時間の関係で一言ずつのご挨拶(ちょっと残念!)。堺さんは「今回お話をいただいたときに、すごく壮大なスケールの物語なので、大丈夫だろうかという思いと、非常に光栄だなという思いと入り混じった思いで、今回参加させていただきました。今もこうやってそうそうたるメンバーの中に並んでとても誇らしい気持ちでおります。今日は全国の皆さんにも同時にご覧いただいていますが、とくに福島や名取の皆さんにご挨拶できることが本当にうれしくありがたいことだと思っています。いろいろな意味で、これからの第一歩となる作品になるのではないかと思います」とご挨拶されていました。
今朝のZIP(日テレ)等でも放送されていましたが、観客の笑いをさらったのは吉岡秀隆さんのご挨拶。「あの・・・こんな僕でもブッダが、シッダールタができるんだということがいまだに恐れ多い気持ちでいます。先ほども後ろで控えていたらスタッフの人と間違えられたにもかかわらず(笑)、そんな僕がいずれブッダになれるのだろうかという気持ちなんですが・・・」。すると、司会の女性が「吉岡さんにマイクを持っていただこうとしたスタッフは私でございます」と告白。「明るいところから暗いところに入ったので、思わず『持っててください』と言ってしまって、申し訳ありませんでした。一生心に残る完成披露試写会になりました」と話し、会場は温かい空気に包まれていました。
舞台挨拶後にはマスコミ向けのフォトセッションがあり、X JAPANの主題歌「Scarlet Love Song」のライブ映像が流れた後、「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」の上映。キャラクターのデザインが手塚漫画のオリジナルよりも洗練されたかわいらしい感じになっていることに関しては賛否両論ありそうですが、アニメーションの出来自体はかなりよいと感じました。ただ、ボイスキャストの力量に差があり、中にはちょっと厳しいなぁ~と感じた方も(焦)。吉永さんのナレーションと吉岡さんのシッダールタ王子は文句なし。堺さん演じるチャプラも、キャラクターの見た目よりも若干大人びた印象はありましたが、非常に良かったと思います(ファンの欲目かもしれませんが)。「ハァァァァー!!!」という声を張った勇ましい声がまだ耳の奥底に残っています(笑)。
明日(13日)のあさイチ(NHK総合テレビ)の「特選!エンタ」(→コチラ)で、映画「手塚治虫のブッダ」が取り上げられるそうですが、「吉永小百合さんをはじめとする豪華声優陣」インタビューの中に、果たして堺さんのご登場はあるのでしょうか・・・?

〔「ブッダ完成披露試写会」関連記事〕
動画:吉永小百合「映画が少しでも心を癒すことができたら」と被災者にエール(MOVIE Collection
動画あり:小百合、被災地へ祈り「サポートしたい」(日テレNEWS24)
堺雅人:「第一歩に」と被災地へエール 「ブッダ」舞台あいさつ(まんたんウェブ
吉永小百合「映画の力で被災地の方を癒すことができればと切に願っています」(MovieWalker
吉永小百合、訪問したばかりの被災地・名取への舞台挨拶中継で思いを吐露(cinemacafe.net
被災地を含む全国14劇場に中継!吉永小百合「映画が震災で傷付いた心を少しでも癒すことができたら」-『手塚治虫のブッダ』舞台あいさつ(シネマトゥデイ
被災地へ訪問した吉永小百合、映画女優としてメッセージ 『手塚治虫のブッダ』完成披露試写会(シネマトリビューン
吉永小百合、被災地の現状を目の当たりに。映画俳優として「心を癒すことができたら」(ハリウッドチャンネル
吉永さゆり、「素敵な息子と…」(テレビ朝日
ブッダ役吉岡秀隆、スタッフに間違われた(日刊スポーツ
小百合、天国の岡田さんにヒット誓う…東映60周年記念作「ブッダ」(スポーツ報知
「手塚治虫のブッダ」完成披露試写会 全国14劇場にライブ中継(アニメ!アニメ!)

〔その他堺さん関連記事〕
5月12日 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』(光文社文庫)発売
→堺さんが解説を担当されています(全13ページ)。

| 手塚治虫のブッダ | 04時59分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

ボイスキャスト、私も感じました。あの方ですよね 逆に予想以上に健闘されていた方も 将来有望!

| めりぃべる | 2011/05/13 11:02 | URL | ≫ EDIT

運がよかったのですね・・・。

えんみち様は、きっと参加出来ているはず・・・と覗きに来てみました(笑)
しかし招待状を持参していても、試写会に参加出来ない方がいらっしゃったとは(汗)
落選するより、より精神的ダメージが強そうですね(汗)
そう考えると、えんみち様は、
堺さん関連では、本当に強運の持ち主ですね(笑)

今回は、無事試写会の模様がワイドショーでも取り上げられていたので、若干ホッとしました(笑)
とは言え、実際にTVで拝見した際は、
吉永小百合さん、吉岡秀隆さん、そして堺さん・・・。
皆さん、マイクを両手できゅっと握っていたのが、
どうにも気になって仕方なかったのですけど(笑)
吉岡さんのアクシデントについては、
申し訳ないと思いつつ笑ってしまいましたが、
この日記を拝見して、その間違われた方が、
当日の司会の方だった事を、初めて知りました(汗)
本来なら、舞台裏では冷や汗モノの話なのでしょうが、
笑い話にしてしまうところが、さすがですね(笑)

ボイスキャスト・・・声優と俳優は、本来似て非なるもの。
正直、餅は餅屋、適材適所があるような気もするので、
タレントが声優に抜擢される機会が増えて来た事については、
正直、どうなんだろう?と以前から思っていました。
中には、あえて声優にタレントを抜擢する、
某有名監督もいらっしゃいますが・・・。
名俳優が名声優であるとは限らないのでしょうし、
致し方ないところもあるのでしょうね。
とは言え、やはり堺さんが出演となれば、
それはそれ、これはこれ(笑)
堺さんご自身には、戦場で勇ましく戦う武将よりは、
どちらかと言うと智将、
いやもっと言えば、机上で戦術を錬る名軍師役、
若しくは雅な殿様役(要はあまり最前線に出て来ない方ですね・汗)の方が、
おそらく、これからも多い気がするので、
貴重な勇ましい堺さんの声を、映画館で拝聴出来るのを、
今から楽しみにしておこうと思います(笑)

折角、えんみち様が情報アップして下さっていたのに、
今朝のあさイチは見逃してしまいました・・・。
せめて解説の方は、見逃さないようにしたいと思います。

| ako | 2011/05/13 22:37 | URL | ≫ EDIT

さすが。えんみちさん。

こんにちは。完成披露試写会に無事行けたようで、うらやましい限りです。よかったですね♪堺さんのソフトな声が素敵ですよね?
早くブッダ見たいです(^_^)
13日、昨日の世にも奇妙な物語の再放送で、昔の堺さんを拝見いたしました。世にも奇妙な物語ですから、だいたい想像はつきますが、堺さんが、あのような役を演じてたとは、驚きでした(>_<)


| ほのか | 2011/05/14 09:27 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/05/15 03:44 | | ≫ EDIT

>めりぃべるさま
あの方(たぶん合ってる?)は声は渋くて素敵なのに惜しい感じでしたね (・・*)ゞ
個人的には、吉永さんもナレーションだけで良かった気がしています。上手なのですが、チャプラ母の画がすごい若いので、とくに前半は違和感が否めず。でも、堺さんとの共演がうれしいので許してしまいますが・・・(笑)。
>akoさま
「堺さんご自身は、戦場で勇ましく戦う武将よりは、どちらかと言うと智将、いやもっと言えば、机上で戦術を錬る名軍師役、 若しくは雅な殿様役」。まったくその通りですよね(←こんな言葉がスラスラ出てくるakoさんに脱帽です)。でも、「静」ではなく「動」のチャプラを見事に演じておられたと思います。以前、「青い文学」シリーズで、堺さんとは似ても似つかないキャラクターを演じたのも無駄ではなかったと(笑)、これまでの声優としての経験が生きてるな~と感じました。
>ほのかさま
「フラッシュバック」をご覧になったのですね。私的にはそんなに昔の作品でもないのですがf(^^;) 意表をつく展開だし、二面性のある役で面白いですよね。なぜかチュッパチャプスに縁のある堺さん(笑)。
>Sさま
後日、堺ファンの友人たちとお茶を飲んでいるとき、別のイベントでもX JAPANのファンにチケットを譲ってもらったという話が出て、「本当に親切な方が多いんだね~」という結論になりました(笑)。

| えんみち | 2011/05/17 02:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/479-a1fd8b86

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。