PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「牧水研究会」5周年記念講演会

友人に教えてもらった「俳優ソートβ版」(→コチラ)に挑戦してみたところ、たった21%で挫折してしまったえんみちです。なるべく「引き分け」には逃げないようにして、あまり関心のない役者さん同士の勝負を真剣に考えていたら、疲れてしまったという・・・。ちなみに、友人Aは1位堺さん、2位上川隆也さん、3位橋本じゅんさん、友人Bは1位堺さん、2位松田龍平さん、3位が27人(!!)という結果だったそうです。私の場合、2位3位には誰が入るんでしょう??? 今度また挑戦してみます(笑)。


さて、昨年11月に開催された「若山牧水生誕125周年記念―「牧水研究」in 東京―」もまだ記憶に新しいところですが(→コチラ)、3月に宮崎で「牧水研究会」5周年記念講演会「若山牧水はいま新しい!!」が開催されるという情報をお寄せいただきました。講演Ⅱ部では、おなじみの伊藤一彦先生が登壇されるそうです。講演テーマはなんと「『ぼく、牧水!』の世界―若山牧水と堺雅人と―」w(゚o゚*)w これは『ぼく、牧水!』を読んで牧水に興味を持った堺ファンにとっては絶対に見逃せない(聴き逃せない)内容ですが、堺さんをこんなに前面に出してしまって大丈夫かしら? 純粋な牧水ファンの反応はいかに?とつい余計な心配をしたりして(苦笑)。私も遠方でなかったら、ぜひ駆けつけたいところでありますが・・・。詳細については、以下をご参照ください。

「牧水研究会」5周年記念講演会 「若山牧水はいま新しい!!」
日時:平成23年3月21日(月)春分の日 午後1時~4時30分(開場:12時半)
会場:宮崎日日新聞社ビル10階 大会議室
    宮崎市高千穂通り1-1-33 TEL 0985-26-9303
    資料代 1000円(高校生以下 無料)

講演Ⅰ部 上田 博 立命館大学名誉教授
「若山牧水は新しい」 ―『山桜の歌』に親しみつつ―
*上田氏は1940年、大阪市生まれ。文学博士。国際啄木学会元会長。歌人。著書多数。

講演Ⅱ部 伊藤一彦 牧水研究会会長
『ぼく、牧水!』の世界 ―若山牧水と堺雅人と―
*伊藤氏は1943年、宮崎市生まれ。歌人。若山牧水記念文学館館長。近刊に教え子で俳優の堺雅人との対談集がある。

主催:牧水研究会
【お問い合わせ先】
「牧水研究会」事務局 長嶺
0985-22-0016

| 書籍 | 02時47分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

友人Bです(笑)
だって、息子に似てるんですもの松田龍平くん。←言い訳&親バカ 引き分けしまくった結果3位だらけに…。また挑戦してみるつもりです。
行きたいな~。3月のその頃3連休だし…。いや、無理すぎますが 言ってみるだけでワクワクするので言わせて

| めりぃべる | 2011/02/14 06:57 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/15 07:32 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/15 22:17 | | ≫ EDIT

>めりぃべるさま
すいません、勝手に結果を載せちゃって(汗)。いつかイケメンの旦那さま&息子さんに会わせてください(笑)。宮崎、行きたい気持ちはやまやまですが、さすがに去年行ったばっかりですし・・・。でも、たしかに魅力的ですよね。
>Iさま
先日、ようやく『日輪の遺産』の特報映像が解禁になりましたね~。私もようやく動く真柴少佐が見れてうれしいです。でも「(記事タイトルの)鬼の形相はいつ?」と思っているうちに映像が終わってしまいました(苦笑)。いや、たしかに険しい表情でしたけれど・・・。
>Hさま
「神奈川位に宮崎があれば」に思わず笑ってしまいました。ホントそうですよね~。

| えんみち | 2011/02/18 01:27 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/31 09:59 | | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/467-d431eab8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。