PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武士の家計簿@東京国際映画祭

先週は「ザテレビジョン」誌上(11月5日号)で第66回ドラマアカデミー賞「主演男優賞(ジョーカー)」の受賞があったり、SPドラマ「ニセ医者と呼ばれて~沖縄・最後の医介輔~」のクランクアップ(27日)があったり、金沢で「武士の家計簿」完成披露試写会(28日)があったり(>こあらさん、情報をありがとうございました)、いろいろと動きのあった一週間でしたが、事後報告となってしまいスミマセン。ドラマアカデミー賞の受賞コメントを読むと、昼間の伊達さんは「愛される草食系中年男子」を目指したそうで(笑)。ファンとしては、ぜひとも続編を望みたいところですが、「僕としてはこれ以上伊達のつらいところは見たくない。同じチームで全く違う作品を作ってみたい」と。正直、映画化とかパートⅡは無理でも、スペシャルくらいはあるんじゃないか?と思っていたんですが、うーん、これは難しいかもf(^^;)


本日(30日)は、台風14号が関東に接近する中、東京国際映画祭(TIFF)特別招待作品の「武士の家計簿」を観るため、TOHOシネマズ六本木ヒルズへ行ってきました。結局、本日まで登壇ゲストの発表はなく、なんとなく割り切れないような、モヤモヤした気持ちを抱えて映画館に入ると、「『武士の家計簿』の舞台挨拶は中止になりました」という張り紙が入り口の正面に掲げられていました。そして、エスカレーター近くの壁際には、今回の舞台挨拶の一件に関する説明要員(苦情窓口?)と思われるスタッフ2~3人が待機。
映画上映前に、堺さん自身によるビデオメッセージ(ご挨拶)は流れたものの、映画の配給・宣伝サイドからも、映画祭の運営サイドからも、チケットの販売サイドからも説明やお詫びなどは一切なく、そのまま“何事もなかった”かのように上映終了。いくらサイト上で「Q&A、舞台挨拶、上映の日時は変更が生じる場合がございます。登壇ゲストや終了時刻は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください」と断わりを入れているとはいえ、あまりに誠意の感じられない対応にがっかりしました。登壇ゲストが来られなくなった何かの事情があったのだと思いますが、そのことに関する説明とお詫びをどんな形でもよいから示していただきたかったと思います。そんなわけで、早速「武士の家計簿」オフィシャルブログにアップされていた今日の記事の能天気さにもカチンと来たりして(苦笑)。
ちなみに、堺さんのビデオメッセージは、「東京国際映画祭へお越しの皆さん、堺雅人です。(略)ほのぼのとした中にも考えさせられるところのある映画に仕上がっていると思います。最後までどうぞ楽しみにご覧ください」といった非常に短いもので、堺さんは白いシャツに黒っぽい少し厚手のジャケット姿でした。
いろいろと文句は書きましたが、「武士の家計簿」の映画自体はとても良かったと思います。中村義洋監督や沖田修一監督の堺さん主演映画にはない、しみじみとした落ち着いた雰囲気が漂っていて、幅広い世代、とくにリタイヤしたご夫婦などの年齢層にも受け入れられそうな映画だと思いました。ネタバレになってしまうのであまり多くは書きませんが、とくに直之@堺さんが息子の直吉を仕込み始めるあたりからがすごくいいなぁと思いました。直吉が入払帳につける文字のかわいいこと!! しかし、二人のおじいちゃんの呼び方が異なるのはなぜなんでしょう(身分の差なのか?)。あとは、嶋田久作さんが「南極料理人」を彷彿とさせる役で出演されていて、堺ファンなら思わずあるシーンと重ねてしまうのではないかと(笑)。

六本木ヒルズ地下道
東京メトロ六本木駅から六本木ヒルズへ続く地下道に出品作のポスターがずらり。

サイン入りそろばん
チャリティオークション出品中の「サイン入りそろばん」の実物が飾ってありました。

さて、11月より続々と「武士の家計簿」のインタビュー記事が載った雑誌が発売されるそうです(「武士の家計簿」オフィシャルブログより)。これはさすがに厳選しないと、家の中にまた雑誌の山ができてしまいそう(汗)。「『武士の家計簿』大特集」の「キネマ旬報」や「堺さん大特集」の「アクチュール」などはとくに要チェックかなと。仲間さんは「表紙インタビュー」が多いのが何気にうらやましい(笑)。いずれにせよ、しばらく書店通いが続くことになりそうです。

〔雑誌掲載情報〕
11月1日  cinema★cinema(堺さんインタビュー)
11月1日  家の光(森田監督&仲間由紀恵さん 対談インタビュー)
11月1日  婦人画報(堺さんインタビュー)
11月1日  CINEMA SQUARE Vol.34(堺さんインタビュー)←追加です
11月6日  MEN'S EX(堺さんインタビュー)
11月6日  歴史街道(堺さん&仲間さん 巻頭インタビュー)
11月10日  いきいき(原作者・磯田道史さん、堺さんインタビュー)
11月10日  百菜元気新聞(堺さんインタビュー)
11月10日  石垣(森田監督インタビュー)
11月12日  歴史人(磯田さんインタビュー)
11月15日  ロケーションジャパン(堺さんインタビュー)
11月中旬  FLIX PLUS(堺さんインタビュー)
11月17日  TV station(堺さんインタビュー)
11月17日  オレンジページ(堺さんインタビュー)
11月18日  ほんとうの時代(森田監督&仲間由紀恵さん 対談インタビュー)
11月20日  キネマ旬報(『武士の家計簿』大特集 森田監督&キャストインタビュー)
11月20日  美しいキモノ(仲間さん 表紙+巻頭インタビュー)
11月20日  日経インテレッセ(仲間さん 表紙インタビュー)
11月20日  アクチュール(堺さん大特集)
11月21日  東京カレンダー(森田監督インタビュー)
11月24日  TV Taro(堺さんインタビュー)
11月24日  TV Navi(堺さんインタビュー)
11月24日  月刊スカパー!(堺さんインタビュー)
11月24日  スカパー!e2ガイド(堺さんインタビュー)
11月24日  スカパー!TVガイド(堺さんインタビュー)
11月27日  プラスアクト(堺さんインタビュー)
11月下旬  日本映画マガジン(堺さんインタビュー)
12月1日  ラーラぱど(堺さんインタビュー)
12月1日  エクラ(堺さんインタビュー)
12月1日  日本映画ナビ(堺さんインタビュー)
12月1日  Como(仲間さんインタビュー)
12月1日  Grazia(堺さんインタビュー)
12月3日  シティリビング(堺さんインタビュー)
12月7日  ミセス(仲間さん 表紙+巻頭インタビュー)
12月7日  ESSE(仲間さんインタビュー)
12月7日  CREA(堺さんインタビュー)
12月7日  日経WOMAN(堺さんインタビュー)

| 武士の家計簿 | 05時10分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/10/31 17:35 | | ≫ EDIT

ご無沙汰しております。
昨日の舞台挨拶中止は本当に残念でしたね。
松竹映画宣伝部の皆さんには、もっと本気で宣伝活動を
頑張っていただきたいものです。

一方、えんみちさんの雑誌掲載情報!!!!
尊敬します。すごい・・・
私もまめに書店に通いたいと思います。

| クヒ子 | 2010/10/31 20:28 | URL | ≫ EDIT

雑誌掲載情報は(「武士の家計簿」オフィシャルブログより)
と書いてらっしゃいましたね。
えんみちさんが全て調べて掲載されたのかと
勘違いしてしまいました!!

あっ、でも、変わらずに尊敬しています(^-^)

| クヒ子 | 2010/10/31 21:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

はじめて、メールを書きます。
今から、「武士の家計簿」楽しみです。
私は、堺さんが大好きです。
これからも、メール書きます。
よろしくお願いします。

| ゆかこ | 2010/11/02 17:05 | URL | ≫ EDIT

武士の家計簿@名古屋試写会

こんばんは、いつも楽しく拝見しています。

昨日、名古屋の試写会に行って来ました。

堺さんと森田監督、二人で舞台に登場。堺さんはグレーのスーツ姿で、終始ニコニコされていました。
アナウンサーが若いスポーツ担当の男の人で、堺さん
「さすがスポーツキャスター、質問が直球ですね!」
「彼の好きな映画はロッキーだそうです」とアナウンサーをいじるいじる!その結果
「…質問何でしたっけ?(^_^;)」
なんてオチャメな堺さんでした。

楽しい舞台挨拶は15分に及び
「そろそろ映画を…」
と司会が促すと
「えっ、もう?(◎o◎)ふざけた話ばかりしてしまってすいません、映画はとてもいい家族の物語です。」
あんなに楽しい舞台挨拶は初めてで、会場は笑いに包まれていました。
マイクを両手でしっかり握って話される堺さん、印象的でした。
初めてお会いしましたが、前よりずっと好きになりました(*^o^*)
長々と書きすいません、ご報告まで~。

| YUKI | 2010/11/03 19:53 | URL | ≫ EDIT

 いつも情報を書いてくださり ありがとうございます。それにしても多いですね! 見るだけでお腹一杯になる感じ。
 
 先週のザ テレビジョンは、久々に雑誌を購入して読みました。最近 すっかり本屋巡りが絶えていたので 少しびっくり!! 
 主演が堺さんなのは当然と思ってましたが・・堺さんの記事から考えると、 続編は厳しそうですね・・v-12 確かに、これまでも散々苦しめられてきた伊達さんにこれ以上の苦しみを与えたいか?と問われると否と答えたい気も・・。
 ただ、キャストをそのままでの別のドラマも興味深々。 今度は明るく しかも中身は重厚なドラマがみたいです。
 
 YUKI様>舞台挨拶レポありがとうございます。 30日じゃなかったら、なにが何でも行きたかったと思えるレポ 行けなかったのが本当に 残念です。

| 翔子 | 2010/11/04 18:27 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/04 21:07 | | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/455-a7d24596

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。