PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

僕らの音楽

「One」「楽園ベイベー」「熱帯夜」といったRIP SLYMEの代表曲さえ知らなかったヒップホップ音痴の私が、「SCAR」に釣られて「GOOD TIMES」を衝動買い(笑)。夏向きの曲が多いので、いまの季節のBGMにぴったり。MONGOL800との共作の「Remember」も入ってるし。そのベストアルバムが好調なセールスを記録、いま注目の彼らが「僕らの音楽」(8月20日)にゲスト出演し、その対談のパートナーとして堺さんが登場!


メンバー5人と対面するなり、「バンドっていいなぁ」と羨ましそうにメンバーを見つめる堺さん。「いやいやいや…(メンバー大合唱)何をおっしゃってんですか、いまもう飛ぶ鳥を落とす勢いの…(RYO-Zさん)」と言われて、「とんでもない」と首を振る堺さん。こういった音楽番組に出演することはあるのかと訊かれて、「あんまりないです。僕もほら、リップ・す・ライムのファンとしては、ずいぶんビギナーなほうなので…」。あまりに独特すぎる「RIP SLYME」の発音に引っかかって、その後の会話が耳に入らなくなり…(笑)。初め「リップス・ライム」と区切りを勘違いしているのかと思いましたが、後半で「リップの皆さん」と言っていたので、そうではなかったようで(失礼!)。めったに出ない訛りがたまたま出てしまったんでしょうか(・∀・)♪+.゚
RIP SLYMEと堺さんの最初の出会いは、堺さんが“役作り”のために彼らのスタジオを訪れたときとのこと。「音楽プロデューサーみたいな役があるので、スタジオの空気というのを見せてもらえないかということで…」と説明するRYO-Zさん。「音楽プロデューサーの役ってなんだったっけ?」と友人にメールしてみると、「嫉妬の香りのテツシですよ~」とすぐに返信(感謝!)。「プロデューサー」というとなんとなくお偉いさんのイメージがあるので、あの気の弱そうなヒーリングミュージックの作曲家とは結びつかなかったぜよ(笑)。もしこれが「嫉妬の香り」で間違いないとすれば、ドラマの放映が2001年10月12日~12月27日なので、約9年前ということになりますか。
トークパートの内容は、役者にとっての食事のシーン、「SCAR」の曲づくり、学生時代の部活動、デビュー当時から現在までの変化、結婚観についてなど。「食べるシーンの難しさ」については今月号のエッセイで語られていたし、高校時代の演劇部のエピソード、自分では出演する作品を選ばないという話もファンにはよく知られていることですが、堺さんが書き下ろした脚本の内容(「トイレにおばけがいるという話を高校になって思い出した男がいて、昔の夜の小学校にこっそり忍び込んだら…みたいな話」)は初耳だったし、SUさんが書き下ろした脚本の話(「カールルイスが泥棒っていう…」)で椅子から飛び上がって爆笑する堺さんを観られたり…で、かなり満足度は高かったです。
番組の終わりで「どんな女性が趣味なんですか?(RYO-Zさん)」と訊かれて、「僕は鼻唄をよく歌う人」と答える堺さん。そのココロは、感情的に安定していて、毎日を楽しく機嫌よく過ごすことができ、落ち着きと安らぎを与えてくれる人というような意味なんでしょうけれど、そういってしまうと面白くもなんともないから、テレビ向けに端的に(笑)。私は鼻唄はめったに歌わないけれど、口笛は家事をしながらたまに吹きます。「南極料理人」のテーマとか得意ですよ~(←どうでもいい情報ですね。スミマセン)。
ところで、スタジオライブで演奏した「SCAR」、SOIL & "PIMP" SESSIONSタブゾンビのトランペットもバッチリ決まっていて、すごくカッコよかったのですが、テロップで歌詞を見てまたまた衝撃が走りました!!(←「サラウンド」に続き) あそこは「白く 清く 潔く 黒く 強く 踊りたいなら」と歌っていたんですね~(汗)。

〔「武士の家計簿」関連情報〕
お気に入りの着物で、本作を鑑賞しませんか?(武士の家計簿オフィシャルブログ
→「特別きもの試写会」の開催が決定(10月7日)。応募資格は「当日、きもので参加できる方に限ります」とのこと。うーん、私にとってはかなりハードルが高いです(苦笑)。

| ジョーカー | 03時30分 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

堺さんの書いた脚本と言えば、高校演劇コンクールで県大会を勝ち抜いて九州大会に進出し、創作脚本賞をとった奴ですね。タイムトラベルもので「春にして君と別れ…」とか言う題名だったような記憶が曖昧でスミマセンm(_ _)m ご本人は非常に恥ずかしがってますが、読んでみたいですよね

明日はスマスマ明後日はジョーカー幸せだ

| めりぃべる | 2010/08/22 09:59 | URL | ≫ EDIT

今日、日経新聞に付いてきたThe Nikkei Magazineに堺雅人さんが特集されていました! こんな雑誌も堺さんに注目しているんだと、ちょっとびっくりでした。

| とも | 2010/08/22 10:07 | URL | ≫ EDIT

日経マガジン8月号は、3ページにもわたる特集でした。朝から不意打ちに大興奮!「ゴルスラ」の脚本を書くにあたっての中村監督の印象深い思い出とか、「ジョーカー2話」のコーヒーにまつわるエピソードとか、私の知らなかった事が載っていて感激でした。なにより大きめ4カットの写真がとても良かったです。永久保存版です!!!

| りなこう | 2010/08/22 11:24 | URL | ≫ EDIT

私も、堺さんが書かれた脚本読んで見たいです。 僕ら時とは違う話しなのかな? 
 それにしても、シックな服装でしたねv-10 普段とは違う感じがかっこよくてうっとりv-238
 りなこう様 うらやましいです。日経はたまにすっごく欲しい~記事を特集するんですよね!! 普段日経ではないのが悔しいくらい。新聞社に連絡したら頂けるかしら??

| 紗那 | 2010/08/23 17:15 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/23 17:39 | | ≫ EDIT

紗那 様
 日経マガジンについてですが、東京の本社に電話しました。遠慮がちに「どういう風にすれば、送っていただけるのか」聞いていたら、担当の人が「そういう電話が多いのです。堺雅人さんが載っているからですか。」と言われ、うれしくなって「はい、そうです。まだありますか」と聞くと「もう少なくなりました。という返事が返ってきました。要するに「送料込みで240円。」もちろん手数料のほうが高いですけどね。堺さんのためなら全然気にならないです。振り込みが確認されたら送らせていただきますとのことでした。すぐに振り込みました。電話番号(03-3270-0251)。よければかけてみてください。      あさひより

| | 2010/08/23 19:46 | URL | ≫ EDIT

角川「短歌」9月号巻頭エッセイは、宮崎南高校時代の恩師で歌人の伊藤一彦氏です。タイトルは「教え子、畏るべし!」
そうです。教え子とは堺さんのことです。9.11を考える1周年の銀座での催しで牧水の短歌と書簡を40分朗読した話、9月10日発売の『ぼく、牧水!―歌人に学ぶ「まろび」の美学』(角川ONEテーマ21)のこと。

とても、濃い内容のエッセイでした。

対談集がますます楽しみになりました!

| 青海 | 2010/08/23 22:22 | URL | ≫ EDIT

あさひさま ありがとうございます。おかげ様で私も手に入れられそうです。まさか、こんなに早く情報が分かるなんて、さすがファンサイトですね。感謝します。

| 紗那 | 2010/08/24 14:33 | URL | ≫ EDIT

RIP SLYMEのイントネーションには『おぅ!?』って身を乗り出しました(笑)
僕らの音楽も良かったんですが、スマスマの雅人さんにやられちゃいました!
あのかわい過ぎる36歳はなんなんですか(@_@)ヤバいですよ!
やっぱ中居くんは話を引き出すのがうまいですね。
調理中に話すのではなく、全員で並んで話してくれて、共演当時の懐かしいお話が聞けて素晴らしい20分だったなぁと(^O^)

テレビ雑誌の最終回翌週を見たら『ジョーカー許されざる捜査官特別編』の文字が!
そのあとに【これまでの事件そして今夜新たな物語が…】とあります。
終了直後にこんな特別番組ってあんまりないですよねぇ?考えてた以上に反響あったんですかね(^o^)

ジョーカーに使われてる曲が好き過ぎて、サントラの予約しちゃいました。えんみちさんも買いますか?

| プラリネ | 2010/08/24 20:16 | URL | ≫ EDIT

「リップスライム」の発音について考えてみたのですが、訛りと言うより「リップ」と「スライム」を合体させたときに、それぞれのアクセントのまま発音されたんじゃないですかね。毎回なのか、あの時だけなのかわかりませんが。

| めりぃべる | 2010/08/25 13:43 | URL | ≫ EDIT

初めまして いつも楽しくブログを拝見させていただいております
「僕らの音楽」良かったですね
確かにリップスライムの発音には引っかかりました(笑
SUさんのカールルイスが泥棒…などとても面白かったです
私も南極料理人のテーマを口笛で吹くので
えんみちさんが同じことしてるんだ~~!!
と思って爆笑してしまいました
これからも楽しいブログを続けていってください

| チルドレン | 2010/08/31 19:39 | URL | ≫ EDIT

初めまして

こんばんは。
夜分に申し訳ありませんが、初めてコメントを書かせて頂きます。

いつもいつも、とても楽しくブログを拝見させて頂いてます。
このところは、夕方仕事が一段落した頃に読むのが日課で、それから再び仕事に取り組むようにしています。
堺さんの新しい情報や、放送された番組の感想など、なかなか身近なひととじっくり語り合う機会がないので、私の大切なコミュニティだと、勝手ながら思っています。
いろいろお忙い中、堺さんファンを楽しませてくださり、ありがとうございます!
今月末は隣県宮崎で、仕事絡みのシンポジウムがあるのですが…堺さんの母校の近くの会館なので、気持ちが昂ぶります!若山牧水記念館まで足を伸ばしたいところですが…宮崎と言えど広いので、なかなか厳しいです。
ただ、『僕、牧水!』の本は、宮崎市内の郷土書籍コーナー付近にあるのではないかと、胸を弾ませています。
ぜひまたコメントさせて頂きたいので、えんみちさんのブログ、楽しみにしています。応援しています。

| アッシュ | 2010/09/01 23:51 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/02 00:30 | | ≫ EDIT

アッシュ様、時間がある時には是非、若山牧水文学記念館に行かれてみて下さい。とか言いながら、自宅から車で40分ぐらいの場所に住んでいながら私も行ったことないんです。
今月17日午前中、第60回牧水祭が開催されますので、初めて訪れてみようと思います。それから「ぼく、牧水!」は全国的に10日には書店に並ぶようです。ただし宮崎あたりはいつも2、3日遅れての発売が多いですけど。
角川書店の読書・総合誌「本の旅人」9月号の新刊インタビューで伊藤一彦さんと堺雅人さんの対談が掲載されています。(写真付き!)「ぼく、牧水!」にまつわるお話等、とてもとても100円ではもったいないぐらいでした。オススメです。

| 青海 | 2010/09/02 01:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/439-2af0c271

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。