PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲキ×シネ『蛮幽鬼』試写会@アキバシアター

『蛮幽鬼』の完成披露試写会に外れてガックリ落ち込んでいたら、なんとブロガー限定の試写会に当選して(汗)、その招待企画を教えてくれた友人と一緒に観に行ってきました。“捨てる神あれば拾う神あり”とはまさにこのこと…(*T∇T*)
場所は、秋葉原にある富士ソフトアキバシアターという、最新設備の整ったこぢんまりとしたシアターで、15組30名の招待客以外はマスコミの方々ばかり。隣に座っていた男性も右前方に座っていた女性も、上映を待つ間、仕事関係の資料に目を通していました。私と友人はワクワクして落ち着かず、顔を見合わせては「楽しみだねぇ」と。まるで蛮教教義問答に訪れた豪族のごとく(笑)。そういえば、休憩直後の「楽しみですなぁ」という豪族たちの会話も、ドラを叩きながら注意事項の口上を述べるお姉さん(←四季式発声法)も、稀道活@橋本じゅんのコール&レスポンスもカットされずに入っており、上映時間はなんと3時間12分(途中10分の休憩あり)。でも、ちっとも長く感じませんでした。


正直いくら「ゲキ×シネ」といっても、本物の舞台に比べたら物足りなく感じるのではないかと思っていたのですが、あのときの感動が再びよみがえり、また新たな感動が呼び起こされたという感じで、満足度は非常に高かったです。生(なま)で観たときの興奮や舞台独特の空気こそ感じられないものの、役者一人ひとりの表情がアップでとらえられ、無駄な音(ベリッというマジックテープの音とか/笑)や観客の拍手・笑い声が最小限に抑えられ、クリアな音楽に彩られた夾雑物のない世界はかなり入っていきやすい!! いくら前方の席でも、美古都@稲森いずみの涙(本当にキレイに頬をツツーッと伝っていた)や鉄仮面をかぶったサジ@堺さんの喉仏(のどぼとけ)までは見えないですから…。ちなみに、一緒に行った友人は今日一日ほとんど仕事にならなかったと言っていました。“サジブーム”の再来だそうで(笑)。

以下はネタバレありで、いくつか感じたポイントを思いつくままに。アップで観てすごいな~と思ったのは、土門@上川隆也のアイラインの入った目力の迫力(飛頭蛮の衣装のとき、こんなに汗をかいていたんだーと)、美古都のキュートさ(陶器のような美しい肌でした)、そして稀道活のメイク。サジは遠目で見ると色白でラインが細くて女性的な感じがありますが、アップで見る表情は意外と男っぽい印象!? また、映像マジック(笑)で殺陣が2割増でカッコよく見えました。いや、舞台でも十分カッコよかったのですが、土門や刀衣@早乙女太一よりも強い“史上最強の殺し屋”という設定も、これなら無理がないかな…という感じ。とくに「一滴の愛」がかかるクライマックスの殺陣(サジ、刀衣、蔵人@山本亨)は、スローモーションと曲の効果もあってか、ただただ圧巻でした。
惜春@千葉哲也の執務室のシーンもとても素敵に仕上がっていました。例の針飛ばしのシーンは、サジの手先の動きと惜春が胸を掻くところをちゃんと映してる…と思って観ていたら、サジが「この部屋に入ってきた時に打ち込んでおいた」と言うときに、なんとセピア色の映像でリプレイ!←このあたりは賛否両論あると思いますが(笑)。
ちょっとだけ残念だったのは、第一幕のラスト。土門が「俺の復讐だー!」と言ったところで画が止まってしまうんです(泣)。それに美古都の画が重なり、美古都のセリフで終わるという。堺ファンはここは花道のサジと土門を凝視していますから(!)、なんとなく物足りないというか、二人が奈落に消えるまで観ていたいという欲求がどうしても…(苦笑)。あとは、「やっと気がついた?」「君が聞かなかった・か・ら」「君にはあるのかい?」など、東京公演~大阪公演の間に変化していったセリフを聞いたときに、もっと別の言い方もあったなぁと思い出したり。とくに「君にはあるのかい?」というセリフは、大楽に近づくほど凄みが増していましたから…。
第二幕は本当にテンポ良く仕上がっていて、気がついたらもう最後の決闘シーンという感じでした。エンドロールの途中からカーテンコールの映像が出てくるのですが、サジを演じていない素の堺さんの表情にぐっときて、こらえていた涙が一気に。先日、中島かずきさんのコラムで裏話(→コチラ)を知ってしまったものだから、余計に涙が止まらず…。この映像は本当に永久保存版です!!

| 蛮幽鬼 | 03時26分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

えんみちさん、はじめまして。
ずーっと前からえんみちさんのブログの情報に助けられていますが、コメントさせていただくのは初めてです。
いつも詳細で知りたい情報をきっちりアップしてくださっているので、本当に感謝しています★
さて!ゲキ×シネ蛮幽鬼!見て来られたのですね!
うらやましいです~!私も早くサジにもう一度会いたいです~!!
一体あの舞台がゲキ×シネでどうなるものかと思っておりましたが、えんみちさんの感想を読んで、安心とますますの期待感に包まれました!公開が今から待ちきれません★
えんみちさんのブログを読み返しつつ、舞台を頭で反芻して、楽しみに待ちたいと思います♪

| よし | 2010/08/04 05:53 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/04 10:16 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/04 15:11 | | ≫ EDIT

僕らの音楽

いつも素早く、詳細な堺サマ情報ありがとうございます
8/20僕らの音楽にRIP SLYMEとご出演されるようですね 楽しみです

| Meg | 2010/08/07 00:18 | URL | ≫ EDIT

情報の食い違いって…
雅人さんの努力は半端じゃなかったでしょうねぇ。
壬生義士伝での立ち回りくらいしか知らないです。
その一つの情報が伝わったんでしょうか?
あれはなかなかかっこ良かったのでv-10

| プラリネ | 2010/08/07 02:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/434-1e900d13

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。