PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今を生きるネイティブアメリカンを訪ねて

先日WOWOWで放送された「ノンフィクションW」の感想を。視聴できなかった方もおられると思いますので、堺さんの言葉の引用をやや多めに(笑)。
映画「アバター」をきっかけに、9・11テロがもたらした影響やナヴィ族とネイティブアメリカンの関係などに興味をもった堺さんが、グラウンド・ゼロ(ワールドトレードセンター跡地)、マンハッタン島、ニューメキシコ州のプエブロ・インディアン居留区などをめぐり、さまざまな人に話を聞きながら、アメリカという国を見つめ直す番組とでも言ったらよいのでしょうか。堺さんと“ネイティブアメリカン”っていくらなんでも接点なさすぎ・・・と思っていたんですが(^^;) なかなかどうして、すぐれた良質の番組に仕上がっていました。ただし、「アバター」を観ていない人にはすっごいネタバレがあります(苦笑)。


○グラウンド・ゼロの工事現場を見ながら
大きな国ですよね。なんかこう、父親とか両親とか先生とかにこう反感を持つような気持ちで少し疎ましく思う時代があったのかもしれないですね。うん。アメリカっていうのは。それがなにかこう、ガラガラと崩れていくワールドトレードセンター見ながら、なんかちょっとこう、その力に翳りが出たというか、そういうような思いはあったような気がしますね。

○テロ犠牲者慰霊室に飾られた慰霊の品々を見ながら
戦没者のたとえば墓地とかってすごく整然としてたりもするけど、このなんかこう、ごちゃごちゃして、どこにも気持ちを整理できないまま、どこに持っていっていいかわからないその感じっていうのがこの部屋になっているのかもしれないですね。きっとだから、よくわからないけど、戦争とかと違って弔い方を一生懸命模索している感じがするよね。なんかね。うん。

○ウォールストリートで建物や人々眺めながら
ここに壁があったって思うと不思議な感じがしますね。ウォールストリートはここから向こうまでだけ!? 結構短いんだね!! 何メートルぐらいですか、これ。こんだけなんだね。半分なんだね。こっちはまた違うやつだよね。こう壁があったんだろうね。だから、こちら側のオランダ人が、こちら側のネイティブアメリカンに対しての壁なんだ。はぁ。

やはり、その場で感じたこと、考えたことを自分の言葉で訥々と語っている場面が一番良かったです。その他にも、堺さんって普段でも後ろで手を組んで歩くことが多いんだなぁとか、シリアスな場面でも顔が笑って見えるときがあるなぁとか、先日の龍馬の番組と逆で、現地では普通なのにナレーションがほんの少し鼻声だなぁとか、感じたことは多々ありました。服装は黒のコートとか、グレーのジャケットとか、わりとシンプルな感じ。髪は無造作というか自然な感じでした(そういえば、今は丸刈りになっちゃっているんだった/汗)。
それと、持ち前の人当たりの良さを生かして、いろんな人に話を聞く場面がたくさん見られたのもうれしかったです。ちなみに、インタビューしたのは次の方々。改めて数えてみたら、こんなにたくさんの人に話を聞いているんですね。
―グラウンド・ゼロ警備員のウォルターさん、9・11の遺族の一人チャールズ・ペリグリーノさん(科学監修者として「アバター」の製作にも参加)、ニューヨーク市立大学で映画史を教えるジェリー・カールソンさん、高層ビルの建築現場で働くネイティブの部族出身者たち、アメリカン・インディアンコミュニティハウスに集まるネイティブの血を引く人々(ケビンさん、エドさん、ジョージさん)、景観生態学者のエリック・サンダーソン博士、パーク・レンジャーのジェリー・シーグラーさん、プエブロインディアンのグレッグ・アナヤさん、聖アウグスティン教会のイライレ神父、グレッグさんのおばのフランシスさんなどなど。

そして、この番組のハイライトがここ(→ファン的に一番美味しかったところです/笑)。マンハッタン島の最北端、インウッドヒルパークのレンジャー、ジェリーさんの案内で、ネイティブの生活の痕跡が残る洞穴を見に行く場面。初めは普通に英語で会話していたジェリーさんですが、通訳を介さずとも堺さんの質問の意味を理解してすらすら答えるジェリーさんを見て、はたと気がついた堺さん。

堺:ジェリーさん、すごく日本語ペラペラだね?
ジ:そんなことないですよ、全然。
堺:フィハハハ…(本気笑い)
ジ:いや、そんな…
堺:日本語でしゃべってるよ。だって今通訳いらなかったよね?
ジ:そんなことないですよ、ほんとに。
堺:(日本に)いらしてたんですか?
ジ:そうなんですよ。
堺:大阪に。…大阪でっか?
ジ:18年ぐらいね。
堺:全然日本人じゃないですか!(笑)
ジ:はい、そうなんです。
堺:フハハハ…(手をたたいて大喜び)
ジ:お願いしますぅ(関西弁のイントネーション)
堺:お願いしますぅって(笑)

心の底から楽しそうに笑う堺さんを見ていると、こちらまで幸せな気分になります(笑)。それに堺さんの「大阪弁」を聞くのは、「ココニイルコト」以来でしょうか? この後に行ったプエブロインディアン居留区でもいくつか見所がありましたが(グレッグさんのおばさんとの交流など)、都合により割愛させていただきます(スミマセン)。WOWOWの番組紹介のページに使われていた、土色の山をバックに何かを語っているような写真は、番組ラストのまとめ的な場面でした。

○ニューメキシコ州の広大な大地にて
本当にいろんなアメリカを見て、もちろんまだまだ見ていないアメリカたくさんあるんだろうけれども、なんていうのかなぁ(まばたき4~5回)、ますますよくわからないなぁという気持ちになってきたし、アメリカという国に対してはですね。僕個人のことを言えば、「ちゃんと大地踏みしめて立っているかな、僕」っていう気に改めてさせられましたよね。たぶん、この後東京に帰って、ちょっと思うんじゃないですかね、地面はどこだって。うん。いまここにこうやって、この土をこの手で触ることができるけれど、これって実はものすごく…ありがたいことなんじゃないかなって思うんですよね。うん。

番組終了間際(テロップが流れているあたり)のグレッグさんとの食事の場面も、何やら楽しげな雰囲気。何度かリピートしてしまいました。堺さんの相手に対する壁のなさ、心の隔たりのなさは、国境や人種を越えているんだなぁと(笑)ふと思いました。

〔雑誌掲載情報〕
『別冊プラスアクト』(vol.2)に「武士の家計簿」の記事(カラー3ページ)が載っています。草笛光子さんと並んだ写真など初めて見るカットがあるのに加え、レポートが元持プロデューサーの目線で書かれているのが新鮮でした。堺さんと仲間さんのキャスティングは、“明るさ”が重要ポイントだったようです。>情報をありがとうございました。

| テレビ | 06時56分 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

えんみち様
 とても詳しいレポートをありがとうございました。DVDを見ながらレポートを見ながらというように何度も見ています。見れば見るほど番組の内容もよくわかってきます。
 「別冊プラスアクト」も昨日購入しました。しばらくは楽しめそうです。

| あさひ | 2010/05/16 19:58 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

えんみち様

いつもブログを読ませていただいております。堺雅人ファンになって日が浅いので、分からない事や知らない事はこちらで勉強させて頂いてます(^_^;)

WOWOWは見られなかったので詳しくレポートして下さって、ありがとうございました!あの柔和な笑顔で心の壁を取っ払う感じが目に浮かびます(*^o^*)

これからもよろしくお願いしますo(^-^)o

| やんやん | 2010/05/17 22:44 | URL | ≫ EDIT

えんみち様、こんにちは
詳細なレポートありがとうございます!
また、「武士の家計簿」の新しい情報が入って来て嬉しいです!
早速、本屋で見てみます(*^_^*)
ありがとうございました♪

| 冬の夜空 | 2010/05/18 08:14 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん こんにちは♪ wowo見れなかったので詳細なレポすっごく嬉しいです。 堺さんも、まさか?アメリカで日本語を流暢に話す人に会うとは思わなかったって感じですねv-218 それにしてもTVではあまり見かけない 爆笑場面が見たかったな~v-10

| 翔子 | 2010/05/18 17:30 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/18 21:31 | | ≫ EDIT

このドキュメンタリーは見ごたえのあるイイ仕上がりで普段の堺さんを垣間見たようなところもあり大満足でしたが、私のボキャブラリーでは感想が表現しがたく悶々としていたので、更新されたえんみちさんのブログは嬉しかったです。番組を見た人も見れなかった人も楽しめる文面、さすがですね。
「うひゃひゃ」と聞こえる楽しそうな笑い声、「なんていうのかなあ・・」と言いながら素直な思いを語る様子・・ドラマ・映画の堺さんもモチロン素敵ですが、またこんなドキュメンタリーもやってほしいですね。次回はスダレ前髪ではなく、凛々しい丸刈りで・・(コラッ!
)

| のり | 2010/05/18 23:10 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/18 23:53 | | ≫ EDIT

はじめまして

えんみち様

はじめておじゃまいたしました。
昨晩ねむれず、堺さん情報をもとめてさまよい、こちらにたどりつきました。

WOWOWにはこの番組をみるためだけに、スカパーで追加契約いたしましたが、大満足でした。あのジェリーさんとのやり取りをみられただけで、もう…

また、たびたびお伺いしますので、どうぞよろしくお願いします(^O^)

| なおきち | 2010/05/19 07:22 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!
いつも読ませていただいてるのに、なかなかコメントできなくてすみません。

WOWWOW私もこのために契約してしまいました。
でも、十分に甲斐がありましたよ!!
素の堺さんが堪能できて幸せでした!

龍馬の方は、堺さんの取材シーンが少しだけだったので、正直物足りなかったように思っていただけに、今回は満足でした。

とはいえ、「知られざる龍馬伝」の放送の翌日には、亀山社中に行ってきました。
うちの子供が展示してある書を見て、「本当に○○○って書いてある!」と言ったのを、隣にいらっしゃった旅行者のご婦人が耳にして「昨日テレビで言ってましたよね」と話しかけてくださいました。
周りの方たちも、皆さん見ていらっしゃった様子でした。
(龍馬ファンだから当然かもしれませんが・・)

それにしても、堺さんがグラバー邸を訪ねられたのは、すっかり日が暮れてからでしたね。長崎は西の端なので、日の入りは一番遅いのですが、そんなに遅くまで頑張ってロケをされたのに、あまり放送に使われず・・・(涙)

話がそれましたが、えんみちさんのレポートは本当に素晴らしいなと感心しきりです。
レポートを読んでからまた観なおすと十倍楽しめそうです!!
ありがとうございました!


| ゆさげん | 2010/05/21 03:01 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、今朝の朝刊に女性自身の宣伝が出ていてその見出しにビックリ!「堺雅人の弟(陶芸家)、兄にそっくり」さっそく立ち読みしてきました。似てますよ。35歳。でもやっぱり本人さんのほうがいいです。

| あさひ | 2010/05/25 10:40 | URL | ≫ EDIT

WOWOW、契約してないので見られず…もやもやしてました。

なので、詳しいレポート感謝します!

ありがとうございます~(´∀`)

| ドロシー | 2010/05/26 01:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/421-7dd13cfc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。