PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日は『南極料理人』に癒されました。

土日の仕事で体力と気力を消耗してしまい、本日は代休をもらって一日英気を養っておりました。「徹子の部屋」や『日本映画magazine』の話題で盛り上がる友人たちのメールの会話にもなんとなく参加する気になれず…(スミマセン!)。某週刊誌の記事にショックを受けて黙り込んでいたわけではないので…念のため(苦笑)。
『ゴールデンスランバー』の公開に合わせて、自宅の近くにあるTOHOシネマズで1週間限定で『南極料理人』を上映中。プレミアスクリーンでゆったり観られるうえ、料金もたった1000円ということで出かけたところ、月曜の昼間にもかかわらず、前から3列目までを除き、ほぼ満席。上映時間ギリギリに行ったら、ほとんど座席を選べる状態ではなくて、びっくりするやらうれしいやら。観客は主婦や熟年夫婦が中心で年齢層はやや高め。細かいネタにいちいち大爆笑する女性がそばにいて、かなりにぎやかでした。
私自身は結構何度も観ているので、先走ってクククと笑ってしまったり、どうも人様と反応がずれてしまいがちで…(笑)。西村@堺さんの代わりに、他の隊員たちが食事をつくるシーンでは、本山@生瀬勝久が炊飯器の蓋を開けるあたりから号泣でした。油でべちゃべちゃのから揚げを食べる > <。←こういう顔の西村さんが早々に浮かんできてしまい…。終わりのほうの空港のシーンや遊園地のシーンは、エキストラの知人を探していつも目が泳いでしまうので、早くDVDでスロー再生しながら観たいです(笑)。


そういえば、先日読んだ『デジタルTVナビ』には、『南極料理人』の製作準備の段階で、初めは関係各所がドームふじ基地の設計図などの資料をなかなか見せてくれなかったのが、堺さんが主演に決まったとたん、「あの家定さんが演じるんですか!」と担当者の態度が急に軟化し、その後は順調に製作準備が進んだ(“大河効果”恐るべし!)という裏話的なエピソードが載っていました。この記事、作品ごとにポイントが的確に押さえられていて、なかなかよくできた“堺雅人論”だと思います。
最近、雑誌がたくさんありすぎて完全に網羅するのが難しくなりつつありますが、とりあえず、『ススめる!ぴあ』(2/4号)の「堺雅人の見つけ方」と堺さん大特集の『日本映画magazine』(vol.12→コチラ)には目を通しておくべきかな~と思いました。

〔雑誌掲載情報〕
15(金) ロケーション・ジャパン(表紙)
20(水) TVぴあ、MOVIEぴあ、DVD VISION、VA
21(木) ススめる!ぴあ
23(土) TVnavi、TV Taro、デジタルTVナビ、UOMO
25(月) 日本映画magazine(表紙)、スカパー!TVガイド
28(木) MORE、With
29(金) CINEMA SQUARE

〔TV出演情報〕
テレビ(地上波)
22(金)日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」
25(月)テレビ朝日「徹子の部屋」
29(金)日本テレビ系「スッキリ!!」
30(土)TBS系「王様のブランチ」
30(土)テレビ東京系「シネ通!」
31(日)日本テレビ「おしゃれイズム」
2月7日(日)ボクらの時代

テレビ(BS・CSなど)
24(日)CS 日本映画専門チャンネル「シネマホリック+ #16」(※初回放送)
27(水)CS フジテレビONE/TWO/NEXT「男おばさん+」(※初回放送)
29(金)CS Gyao「最新映画ナビ」
31(日)CS 日本映画専門チャンネル「シネマホリック+ #17」(※初回放送)

その他、『ゴールデンスランバー』公開記念特番の放送日については、公式サイトのインフォメーション(→コチラ)をご参照ください。

| 南極料理人 | 03時14分 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

初日にカウントダウン

休日出勤、お疲れさまでした◎←よくできました!(はなまるは絵文字なんで出るかな;入れときますが)
週末に向かって日々を乗り切りましょう☆お互いに(^_^)v

| めりぃべる | 2010/01/26 07:10 | URL | ≫ EDIT

おしゃれイズム

こんにちは。はじめてコメントおくります。
いつも堺さん情報楽しく拝見させていただいております。


おしゃれイズム!
今度の31日!ついに堺さん出演です◎

| ぬんぬん | 2010/01/26 12:22 | URL | ≫ EDIT

日本映画magazineの特集は感動ものでした。
初期の映画の頃のエピソードや監督の印象などが貴重な記事でした。
これからどんな道を歩まれるのか、楽しみでもあり案じたりです。

| mst | 2010/01/26 20:16 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/12/25 07:32 | | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/400-05cace05

映画 「南極料理人」 レビュー  ネタバレ有り

ようやく「南極料理人」を観ることができました。 平均気温マイナス54℃という観測基地を舞台に 様々な人間模様が描かれてるんやけども...

| やっちんがゆく!! | 2010/04/06 22:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。