PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダカーポ

♪coming home to Tera、coming home…。ダ・カーポつながりで、つい『地球(テラ)へ…』の主題歌を口ずさんでしまいました。現在放映中のリメイク版『地球へ…』の主題歌もなかなかいいんですよ~。UVERworldのendscape、高橋瞳のJET BOY JET GIRL、どちらも甲乙つけがたい。それにしても、最近のアニメってどうして主題歌が途中でコロコロ変わるんでしょうねぇ? 音楽業界にとってはオイシイんでしょうけど、もっと1曲を大事にしてほしいと思ってしまいます。
ホント、どうでもいい前置きですみません。本日発売の『ダカーポ』です。Dacapo Book Storeというコーナーの「こんな本を読んできた」というページ(モノクロ1P)。写真の堺さんは、笑いをこらえているような表情で、こちらもつられて微笑んでしまいました(改めてファンを実感♡)。久しぶりに『壁男』から少し離れた内容で、ホッとしてしまいました(もう書きようがなくて…)。


堺さんおすすめの1冊は、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』。これまたずいぶん有名な古典文学をもってきましたね。堺さんにとって、芝居をする上でなくてはならない1冊なのだそうです。その理由は…? すんごいことが書いてあります。
ドミートリイ、イワン、アリョーシャの3兄弟、そして腹違いの兄弟のスメルジャコフ。新しい役を演じるときには、必ずこの4人に当てはめて(あるいは組み合わせて)演じているのだそう。ちなみに、カメラマンの仁科は、「イワン80%、アリョーシャとのスメルジャコフが10%ずつです」。堺さん、あなたって本当におもしろい人ですね(-ι_- ) クックック

『壁男』フィルム・パートナーズの特典、『壁男』パンフレットが届きました(早川監督のサイン入り!)20070905233233.jpg

| 雑誌 | 23時26分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

カラマーゾフの兄弟…

えんみちさん、この作品読んだことありますか?軽い気持ちで読める内容ですか?
実は私、読んだことありません。一応文学部なのに…。(汗汗。お恥ずかしい。)
演技は、この作品のキャラを元になんて、
堺さんの頭の中はどうなってるんでしょ?
難しいことが、いっぱいつまっているんでしょうねー。
まあ、そこが魅力的なんですけど(笑)
でも、最近、テレビナビのエッセイにハガキが書けないんです。何でなんですかねー?
自分の浅はかさが露呈してしまいそうで…。考えすぎ?

MovieWalkarのレポート、オレンジ座で知って読みました。レポーターの方の
書き方がとても面白かったです。堺さんの魅力をひきたてているなーと感心してしまいました。

| よしあー | 2007/09/07 11:47 | URL | ≫ EDIT

>よしあーさま
こんばんは。『カラマーゾフの兄弟』は、だいぶ昔に家にあった世界文学全集で一度読んだ気がするのですが、ほとんど中味を覚えておりません(汗)。…で、この際、もう一度読み返そうかと。本屋さんに行ってみたら、従来の新潮文庫版のほかに、亀山郁夫による新訳の文庫本(光文社文庫)が平積みになっていました。堺さんはいろいろな課題を出してくださるので、本当にありがたいです(苦笑)。
テレビナビのエッセイの感想ですが、私の場合、まともに返しにくいときは、内容と関係のないことをダラダラと書いて、最後に感想をちょこっと入れるとか、そんな手で逃げています(笑)。
MovieWalkarのレポート、面白かったですね。インタビュアーが堺さんファンなので、シンパシーを感じました。

| えんみち | 2007/09/07 20:34 | URL | ≫ EDIT

なるほど…

そうかー、変化球という手、いいですね。
「すごい。このハガキはタダモノじゃない!!」と思わせようと考えるから、手が出ないのですな。
「肉 係」は、「野菜もちゃんと食べないと体によくないですよ」とか、「日航機の事故現場に行った人は、肉食べる気持ち、なくなったそうですよ。やめたほうがいいんじゃ…」という感想しかなくて、ほんと、書けませんでした。今月号でチャレンジ!(笑)

ほんっと、堺さんは、優しい顔して課題をバンバン出してきますよね。もっと気軽に手に取れる本を紹介してくれればいいのに…。
1万円で本を買う企画でも、すごいラインナップでしたよね。よく眠れそうな…。

堺さんが、教師になっていたら…女の子にすごい人気だっかかも。熱心に勉強する女学生が増えそうです。私も教え子になりたい!!
(笑)
でも、中学校や高校で、ぐれた男子生徒と対決するのは…どうかなあ。…と思うと、俳優の方が絶対いいと思いました。
俳優になったからあの航にいや山南さんが生まれたんですものね。天職です、絶対。

明日は1+1の発売日?
運良く本屋にいけたら探してみます!

| よしあー | 2007/09/10 21:12 | URL | ≫ EDIT

>よしあーさま
『1+1』、もう手に入れられましたか?
今回のインタビューでも、「役者を選んでいなかったら、今頃地元で学校の先生をしているかもしれない」という言葉がありましたね。可能性としてはかなり高かったとみました。でも、役者という職業を選んでいただいて、本当に良かったですよね。たくさんの人に幸せを分けてもらって…。

| えんみち | 2007/09/11 22:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/40-04c6e17b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。