PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Grazia Como 日本映画navi Cinema★Cinema

『恐れを知らぬ川上音二郎一座』チケット予約騒動のせいで、それどころではありませんでしたが、昨日(9月1日)は4冊の雑誌の発売日でした。昔のことは知りませんが、1日に4冊同時に出るなんてこと、あったんでしょうか。あちこち引っ張りだこですね。もちろん映画や舞台などの出演作が目白押しだからでしょうが、やはり『壁男』の“主演”であることが大きいのかしら。

まずは『Grazia』から。「気取らない上質」をコンセプトに、洗練された暮らし、自分らしい生き方を提案する女性誌。30代後半からの精神的・経済的にゆとりのあるミセスが対象。私はドンピシャな世代なわけですが、手に取るのは初めてです。なんて分厚い雑誌。重たすぎて立ち読みできません(笑)。
カラー1P。写真は取り立てて…ということはないけれど、素直な良い写真です。内容は『壁男』のインタビュー。『CUT』のインタビューにあった、カメラマンと被写体との関係について再び。堺さんが経験された職種として、ドーナツショップ販売員は知っていたけれど、テレフォンアポインターやガードマンのご経験もあるんですね。電話口から堺さんの声が聴こえてきたら、ドキドキしちゃうなぁ…なんて。


次は『Como』。育児誌を卒業して、そろそろ自分自身のことも気になる、「いい 母親でありたいけど、オバサンにはなりたくない!」というママたちのための雑誌。「ママのテレビ&シネマ情報」に掲載。モノクロ1P。笑顔がとても素敵な写真なので、カラーでないのがもったいない。内容は『壁男』のインタビュー。最後に、結婚願望、理想の結婚観についての質問があります。「後悔しない、というのが理想の結婚なのかな」「幸せの100点をその日その日でどんどんつくっていくとか…」。このインタビューの注目すべきポイントはここでしょう。

続いて『日本映画navi』は、カラー4P。少し改まった服装の1~2Pもなかなか良いのですが、3Pの『壁男』の現場の写真が面白いです。カメラの画像をチェックしながら笑っている写真、カメラを抱えて真剣な眼差しで何かを見つめている写真などなど。これは必見です。
ちなみに、伊藤英明さんと三池監督の『スキヤキ』のインタビューが巻頭なのですが、三池監督の言葉に「案の定、堺雅人と田中要次が落馬」というのがあって、ツボにハマりました(笑)。運動神経云々の問題ではなく、役者が頑張ってしまうという意味での「案の定」なのですが…。大事に至らなくて、本当によかったですね。

最後に『Cinema★Cinema 』は、カラー2P。これも大きくてなかなか良い表情の写真なので、ぜひ一度チェックしてみて下さい。『壁男』に関するインタビューで、内容的にとくに目新しいものはないのですが。この雑誌には、『アフタースクール 』の撮影現場の情報が詳しく出ています(カラー4P)。大泉洋さんと佐々木蔵之介さんの記事が中心ですが、堺さんのカットも2枚入っています。

まあ、ざっとこんなところです。映画雑誌2冊は要チェック!ということで。最近、映画雑誌ばかり読んでいるせいで、公開・未公開作品を含めて、日本の映画事情にちょっと詳しくなった気がします。思わぬ副産物ではないけれど。

| 雑誌 | 10時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/37-80aaf096

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。