PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

官僚たちの夏 第2話

「官僚たちの夏」第2話は、通産省の方針と家電メーカーの反発の板ばさみになって苦悩し奮闘する庭野@堺さんを軸に話が進んでいくという、ファンにとってはとても美味しい回でした(第2話の再放送が19日16:00からあるそうですので、見逃してしまった方はぜひ!)。
ちなみに、先日エキストラで参加したシーンが今回もう使われていてビックリ! 詳しくは申せませんが(笑)、船越さんと高橋さんが歩いてくるシーンの横っちょにちっちゃく映っていました。堺さんと同じ画面にフレームインする夢はいつ叶うことやら…(贅沢なこと言ってスミマセン)。
さて遅くなりましたが、第2話の感想を(以下、ネタバレあり)。


最初のポイントは、やはり酒の席で庭野@堺さんが風越@佐藤浩市に絡むところでしょうか。「大沢社長を見ていると親父を思い出す」と父親のことや入省した動機について語るシーンもいいんですが、風越の厳しい指摘にヤケ酒をあおり、ヘロヘロになって帰宅するシーンもなかなか。「俺が苦しいのは、俺の努力が足りねぇからですよぉ」という微妙に山形弁混じりのしゃべり方が…かわいい(惚)。奥さんがいらっしゃったことは、実はそれほどショックではなく。寺田千穂さんのブログ(7月5日の記事)を読んでいたので、すでに免疫がついてました(苦笑)。
次は、牧@杉本哲太の勧めで、庭野が通産省電気研究所の電算機担当者に会いに行く場面。これは堺さんが素敵だったとか、富士通のリレー式計算機(FACOM128B)がすごかったという話ではなく(いや、庭野が計算機を見つめる横顔は素敵だったし、計算機として今もなお動き続けていることには驚きましたが)、電算機担当者が「アフタースクール」で唐沢役を演じた奥田達士さんだったことがツボで…。木村@堺さんを必死に探していた唐沢のことを思い出し、「木村のほうから会いに来た~!!」って喜んじゃいました(笑)。
その後、大沢社長@岡本信人に「通産省は味方なんです!」と食い下がる場面など、触れずにおくのはもったいないようなシーンがたくさんあるのですが、時間の関係で泣く泣く省略。最後は、大沢社長が通産省の提案を受け入れるか否かを決断する会議でのシーン。「いつか日本で電算機が日の目を見るという確信が欲しい」という大沢社長の言葉を受け、静かに語りだす庭野。あんなふうに真剣なまなざしで電算機の必要性について語られたら、日本の将来像について語られたら、全力で支援するなんて言われたら、説得されない人なんているわけないよ~!ってくらい、惚れ惚れするような演説でした。大沢社長の気持ちになって途中少しウルッときてしまったくらい。本当にカッコよかったです、庭野@堺さん!!

〔南極料理人関連情報〕
・『南極料理人』テアトル新宿にて初日舞台挨拶決定! 8/8(土)11:10の回上映後/13:45の回上映前。登壇予定ゲスト:堺雅人さん、生瀬勝久さん、きたろうさん、高良健吾さん、豊原功補さん、沖田修一監督ほか。舞台挨拶の回の専用チケットはチケットぴあにて発売予定とのこと。テアトル新宿の公式サイト(→コチラ)より。
・『南極料理人』のフードスタイリスト飯島奈美さんと榑谷孝子さんによるレシピ本が8/4(火)に発売されるそうです。映画に登場する料理から、現場のまかないメニューまで、全50品のレシピを公開。「ごはんにしよう。映画「南極料理人」のレシピ」(著者:飯島奈美+榑谷孝子、出版社:文化出版局、定価:¥1,365=税込)
・阿部義晴さんによる劇判曲とユニコーンによる主題歌「サラウンド」を収録した全10曲入りオリジナルサウンドトラックが8/5(水)に発売されるそうです。初回プレス分のみ、ユニコーンのオリジナルポスター封入(メンバー5人が映画にちなんだ格好をした写真が使用されるとか)。映画『南極料理人』サウンドトラック(阿部義晴/ユニコーン、キューンレコード、定価:¥1,575=税込)
・南極料理人<映画>堺雅人 スペシャルインタビュー(OZmall
→現在、笑顔の写真を携帯待受に使用中(笑)。和みます。スペシャルプレゼント(プレミア試写会&特別試写会ご招待)の応募締め切り迫る!
・『南極料理人』公式ブログの「雑誌掲載情報」に載っていた「Bambino!」(フリーペーパー)がバンダイビジュアル公式サイトの「【Digital BAMBINO!】実写・特撮作品に関する情報」(→コチラ)で立ち読みできます。タワーレコードの一部のお店ですでに配布が始まっているとの情報も!

〔ジェネラル・ルージュの凱旋関連情報〕
・堺雅人出演映画2本立て(ジャージ&アフスク)がまだ記憶に新しい目黒シネマにて、「ジェネラル・ルージュの凱旋」が上映されます(7/18~7/31)。同時上映は「ホノカアボーイ」。いつも思うんですけど、組み合わせがいいとこ突いてるんですよね~。「フィッシュストーリー」&「メリケンサック」なんかも観たいなぁ(8/8~8/14)。上映時間など詳細については、目黒シネマ公式WEBサイト(→コチラ)をご参照のこと。

| 官僚たちの夏 | 05時26分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/18 15:28 | | ≫ EDIT

>Yさま
ご無沙汰しております。メールでお返事をしようと思ったのですが、以前のアドレスになぜか送れず…。コメント欄へのお返事で失礼いたします。大変うれしいお申し出をいただき、ありがとうございます。ぜひよろしくお願いいたします。

| えんみち | 2009/07/19 03:12 | URL | ≫ EDIT

第2話は ホント、堺さんの色々な表情に引き込まれて食い入るようにみてました。あと、番宣で 克美さんが 言われてた、「NGが続いて大変だったシーン… 部屋に駆け込んで、やりました~云々と言う所」も 思い出しながらみました。風越と庭野が一升ビンとするめで語る場面で、 たまたま目についたのは グラスの酒の量、庭野の方が 多いなぁと…(細かすぎかもしれませんが) 佐藤さんが 動きやすい様に堺さんが 控えめについだのかな…と 思ったりもしました。とにかく、3話以降も 見どころ満載である事を 楽しみにしてます!

| 青じる子 | 2009/07/19 16:44 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/19 21:58 | | ≫ EDIT

こんばんは。

牧さんの咳が、今にも喀血しそうで気になります。番組HPによるとロウガイとのこと。今の時点で既に一度快復しているものなのか、これから進行していくのか、咳き込むたびにハラハラします。

あと、ラストの唄が入るところで、歌詞があるために、折角の俳優さんたちのいい台詞やドラマの余韻がぶち壊しになってませんか? なんだか軽く薄っぺらになってしまって。
初回のラストは、台詞の少ない場面だったので良かったんですけどね。 メロディだけにしてほしいな~~と感じます。

ごめんなさい。堺さん視点じゃなくて。

| yui | 2009/07/20 01:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/346-60cf85c2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。