PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堺雅人@A-Studio

昨晩の『A-studio』、なんとかリアルタイムで観ることができました。密度の濃い30分でした。途中CMのたびに時計を確認して「まだある、まだある」と安心したりして(笑)。でも欲を言えば、もうちょっと堺さんの知られざる一面を掘り下げてほしかったような(苦笑)。他の出演者のときのような「わ~こんなことまで!」と思うような驚きや意外性が少なかったのが残念。それは逆に言えば、堺さんに関する情報量がもうそれなりのレベルに達してしまっているってこと? 他の出演者のときも、その方のファンにとっては周知の事実なの?などと、いろいろ考えちゃいました。
鶴瓶師匠の絶妙なトークセンスも相まって、堺さんの出演されたトーク番組の中では出色の出来だったと思いますが、この番組の持ち味を生かすなら、それこそご両親やご兄弟…と言わないまでも、学生時代の担任の先生とか友人とか、まったく見たことも聞いたこともないような方が登場して、堺さんの意外な一面を語る…とか、(これまで何度かこの番組を観た者としては)そんな展開を期待してしまっていたのでした。どなたか堺雅人中級・上級者向け(なんだそれ)の番組をつくってくだされー!!(笑)


とはいえ、『官僚たちの夏』の宣伝に偏らず、『ココニイルコト』『新選組!』など旧作品の話題にも触れてくれたし、ファンにとってはありがたい内容でした。やはりというべきか、案の定、『ココニイルコト』での共演を憶えていなかった鶴瓶さん。…うすうすそんな気はしていたんですが(苦笑)。×ココニイルトコ→○ココニイルコトの言い間違いをすばやく、そして嫌味なく訂正する堺さん、ナイスです。山本耕史さんの堺さん評「堺雅人はワルい奴」(それ以上近づいたら危ないよっていう面がある)というのは、付き合いの深い副長ならではの言葉。心のメモ帳にしかと書き留めました(笑)。
昨日の日経新聞のテレビ欄に「A-Studio 堺雅人の酒・金・ムシ」とあって(ちなみに、朝日新聞は「堺雅人の謎」)、「酒」と「ムシ」はなんとなく予想がついたけど、「金」はなんだろうなぁと思っていたら、ドーナツ屋さんのアルバイトと2000年頃からバイトをせずに俳優業のみでやっていけるようになったという話でしたね。「お金の勘定がどうもだめで…」「レジを1000円単位で間違えるんですよね」。ダンキンドーナツのバイトは比較的長続きしたバイトだったと記憶しているんですが、店長さん、ずいぶんと器の大きい方だったんですね(苦笑)。
堺さんの初舞台が「カベムシ」役だったというおなじみのエピソードあと、鶴瓶さんの初舞台が王子様役だったというエピソードへ。鶴瓶さんが立ち上がって「白雪姫よ、生き返れ!」と当時のセリフと動きを再現した後の怪訝な表情もなんともいえず面白いんですよね。「カベムシ」とのあまりの落差に唖然とした表情だったのか、「生き返れ!」というセリフが聞き取りづらかったためにああいう表情になったのか、その辺りの真相は不明ですが。「おくのうどん」(堺さんお気に入りのうどん屋さん)が「美味かった」と言われたときの満足げな表情もよかったです。
田辺エージェンシーに実は「17年」も所属していることを指摘されたときの狼狽ぶりもまた。「あ、じゅ17年!? 僕、いますか、17年」。心底驚いた顔で、日本語も急にたどたどしくなってるし(笑)。「僕、今36です」って、相変わらず数え年で自分の年齢を言ってるし(爆)。「あ~しっかりしなきゃな~」というコメントも含めて、とてもツボの多い場面でした。
ラストの高校演劇部の「入部届」のエピソード、これは掛け値なしに最高でした。「常に新鮮な舞台を作るべくここに入部を希望致します。目標:自分に厳しく人にはやさしく良い芝居をつくる」。「堺雅人さんの原点を見た」という鶴瓶さんの言葉通り、初志貫徹というのか、今もこの気持ちを持ち続けているというのが傍から見ていてわかりますものね。すごいなぁと思いました。それにしても、今のコロコロした丸文字とはうってかわった美しい筆文字。本当はちゃんと書けるんじゃないですか~(笑)。

| テレビ | 16時56分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

はじめまして
突然のコメント失礼致します。
私も堺雅人さんが好きで色々と拝見させてもらっております♪
そして堺さん好きの方のブログを見つけられて今、少し興奮しております!笑
私もA-studio見ました♪
数学の解答用紙に短歌を書く堺さん、、、
ますます好きになりました…笑

| とわこ | 2009/07/11 17:10 | URL | ≫ EDIT

同意です!堺雅人中級・上級向け番組(^O^)激しく希望☆
編集で切られてしまった話がモッタイナイ;
ジョンとライフとブロス(何冊買ってるんだぁっ)の切り抜きを総合すると、佐藤浩市さんと中井貴一さんから感銘を受けた言葉とか主役論とか、劇研仲間はみんな授業に出てないと思ってたら、結局中退したのは自分一人でびっくりしたとか;その辺を聞きたかったなあ。
でも、「数学に手が出ず短歌」には共感しました。そんな状況に陥ったら多分私も文章で埋める。意味もないのは百も承知で(^。^;)

| めりぃべる | 2009/07/11 18:02 | URL | ≫ EDIT

私も!!えんみちさん、めりぃべるさんに続き
『どなたか堺雅人中級・上級者向け(なんだそれ)の番組をつくってくだされー!!』
に1票!!

今までの番組の作り方から行くと、地元で取材してきた「V」がガンガン流れてましたよねぇ。
それこそ、ご両親登場!!だったり、地元の友達登場!!だったり。行きつけのお店のおばちゃんが、幼少時代を語ってみたり。
そういうのをちょっと期待していた部分があったので、私も【プチ残念】な感じはありましたけど。
でも!!その分、スタジオの堺さんの様子を長々画面上で観られたコトは幸せでしたけどね(笑)

数学が苦手になったきっかけが、全く私と一緒だったのにはビックリでした!!(ひえぇ~!!)



| myumyu | 2009/07/11 19:07 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/12 00:19 | | ≫ EDIT

こんばんは!お久しぶりです。^^

えぇぇっ~~!
私はまだ見ませんでしたが、えんみちさんのポスト見ることだけでも本当に面白かったような番組ですね。知り合いがリコーダーしてくれると言いました。楽しみですね!!(笑)


「どなたか堺雅人中級・上級者向け(なんだそれ)の番組をつくってくだされー!!」 ← 拍手!!!!同感です!!

++
来週韓国のbuchoenで映画フェスティバルをします。
今度はジェネラルルージュ~もします!>0<
本当にうれしい!
GAがありますが予定はプロデューサーさんだけ。
ちょっと。。堺さんが来れば・・と思いました。
(たぶんドラマがあるから忙しいでしょう。。(涙))

| piaa | 2009/07/12 00:51 | URL | ≫ EDIT

いきなりで済みません。

今日初めて、こちら様のブログを知りました。

朝ドラオードリーの時、「初めて目にするお名前だけど、とても気になるお二人の俳優さん」がおられました。
お一人は佐々木の蔵ちゃん(と呼ばせて貰っています)。
もうお一人は堺さんでした。

「ココニイルコト」は、レンタルで拝見し、いつでも観られる様にしたい!とお皿を購入しました。
大好きな作品です。
以来、堺さんの事をつい、「前野くん」と呼んでしまいます。
『南極料理人』どこの館で上映かなぁ?と、公式サイトを見ると・・兵庫から一気に九州へ。へ?
おらが県での上映は、ないのん??
こればっかりは、「ま、ええんと ちゃいますか」とはいきません(;_;)。
 
でも、あの「ま、ええんとちゃいますか?」には、救われる事多しです。

| めぐみ | 2009/07/12 19:50 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
少し前から読ませていただいてます。

今更ですが私も、
『どなたか堺雅人中級・上級者向け(なんだそれ)の番組をつくってくだされー!!』
に1票!!

>他の出演者のときのような「わ~こんなことまで!」と思うような驚きや意外性が少なかったのが残念。

>今までの番組の作り方から行くと、地元で取材してきた「V」がガンガン流れてましたよねぇ。
それこそ、ご両親登場!!だったり、地元の友達登場!!だったり。行きつけのお店のおばちゃんが、幼少時代を語ってみたり。
そういうのをちょっと期待していた部分があったので、私も【プチ残念】な感じはありましたけど。

まったくの同感。
でもあまりそういうのを出したがらない気もするし、
それが堺さんらしさかな~
とも思ってみたり。。。

でも最後の入部届は、秀逸。
家族に乾杯!の鶴瓶パワーでしょうね。

| kana | 2009/07/24 11:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/344-aa09b9f3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。