PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンスランバー ゴール近し!?

いよいよ始まった『官僚たちの夏』怒涛の番宣。一昨日(3日)は『みのもんたの朝ズバッ!』『ひるおび!えなりかずき!そらナビ』『総力特集!THE NEWS』、昨日(4日)は『王様のブランチ』にご出演。堺さんのご出演はなくても、佐藤浩市さんの『A-Studio』、北大路欣也さんの『チューボーですよ!』なんかも、つい気になって観ちゃったりしていますけど。
生出演でなくても意外に面白かったのが『ひるおび!えなりかずき!そらナビ』。「好きなお天気キャスターがいる。○か×か」という、えなりくんの最初の質問に、あまり深く考えずに「×」の札を掲げた堺さん。「僕はね、天気予報はあまり見ないタイプじゃないのかなぁ」。爆笑する周囲の反応に「いきなりすごいこと言っちゃいました?」とあわてて舌を出す堺さん。すかさず隣りの高橋さんから「この番組『そらナビ』だからさ!」とダメ出し。のっけから、堺さんの天然ぶりが楽しめて美味しかったです。その後、佐藤さんの話題に移ってからも、しばらく律儀に「×」の札を掲げ続けているところも、かなりツボでした(笑)。
この3人はバランスが絶妙だと思って見ていたんですが、何度か番宣を見ているうちに、重要な部分は佐藤さんが締めてくれて、笑いの部分は高橋さんが担当してくれるので、堺さんはだいぶ楽をしているような気がしないでもないなぁと(苦笑)。それでも、『王様のブランチ』で「官僚にいちばん向いている人」について質問されたとき、俳優と官僚の共通点を挙げて「素敵な俳優さんは素敵な官僚になれるような気がする」と答えていたあたりは、堺さんの本領発揮というか、もっとも存在が光っていた部分ではないかと思います。いつも断定を避ける傾向があるし、やや真面目すぎるきらいはありますけど…ね(笑)。

〔関連情報〕
TBS『官僚たちの夏』記者会見&トピックス(テレビドガッチ)


さて、『ゴールデンスランバー』の記事が少しずつ映画関連雑誌に載り始めました。これまでに、6月25日発売の『Cinema☆Cinema』(カラー1P)と7月1日発売の『CINEMA SQUARE』(カラー2P)をチェック済み。『S-style』(仙台のタウン情報誌)は未見です。『CINEMA SQUARE』に載っている堺さんのカットは4枚。目を見開いて様子を伺う、緊迫した表情のトップ写真はなかなかよいのではないかと(『Cinema☆Cinema』にも同じ写真があります)。レポを読むと、青柳@堺さんと晴子@竹内さんの関係性づくりのために、撮影現場においても映画のストーリーと同じような環境づくりがなされていたようで…(ストーリーを知らない方には「なんのこっちゃ?」だと思いますが)。『CINEMA SQUARE』には、このほかに『南極料理人』の紹介(カラー1/2P)や永井努さん@ラッシュライフのインタビューなども載っています(『Cinema☆Cinema』にも『南極料理人』の紹介あり)。
『ゴールデンスランバー』へのエキストラ参加の野望はついえましたが(ガックリ_| ̄|○, )、仙台版の新聞記事(下記参照)やロケに参加された方々のレポなどから、撮影の様子を垣間見ることができて、本当にありがたいです(>myumyuさん、いつもありがとうございます!)。竹内結子さんもすでに撮影を終えられたとかで、そろそろクランクアップが近づいているような…。撮影が最後まで順調に進み、無事ゴールされることを遠くからお祈りしています。

〔関連情報〕
しゃかり記)映画のエキストラを体験(朝日新聞・仙台版
「首相暗殺」騒然/仙台で映画ロケ(朝日新聞・仙台版

| ゴールデンスランバー | 06時42分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

えんみちさん、こんにちは。

今回の映画の撮影は、天候に左右されたり大勢のエキストラの方たちの参加でたいへんそうでしたが、たくさんの方々の力が結集してすばらしい作品になりそうですね。楽しみです。

「官僚たちの夏」第1話も見応えありました。
猪突猛進の庭野課長、これからもいろいろな問題に直面したり悩んだりしそうですが、日本の未来のために頑張ってください。
それにしても、庭野課長は結婚しているんでしょうかね。
家に帰ったらエプロンした可愛い奥様が、待っててくれたらいいのにな(笑)。

映画がクランクアップしてもドラマの撮影が続くし、「南極料理人」のキャンペーンもあって、堺さんまだまだお忙しそうです。
ガリクソンマネージャー(笑)と共に、この夏を乗り切ってほしいですね。
梅雨明けもまだですが、えんみちさんもお疲れが出ないよう祈ってます。

| タルコ | 2009/07/06 12:01 | URL | ≫ EDIT

「官僚たちの夏」第1回を観て・・・・・

ウーン、私にはちょっとビミョーでした。

国産自動車云々のエピソード、原作にはなくて違和感を感じました。
TVの脚本は必ずしも原作通りでなくても良いと思うのですが、何の為にあのエピソードを入れたのか、意図がよく分からなかった。

後に風越師団とも呼ばれる風越、鮎川、庭野の3名が顔をそろえたわけですが、このエピソードで描かれた風越は単なる「やり手でいい人で熱血漢」でしかなく、原作で描かれている彼のキャラクターから随分離れてました。

でもまあ、何と言ってもまだ第1回。
昭和30年代がどういう時代だったのかを視聴者に伝えるべく、当時の出来事やら場所やら家電製品やらを映し出したりして、少し軽いカンジでした。

次回からは、、堺さんをはじめとする役者陣の演技を堪能できる、より良い脚本、より良い演出になることを期待してます。

| ともさん | 2009/07/06 19:01 | URL | ≫ EDIT

朝日のテレビ欄

喫茶店で読んでいた朝日新聞のテレビ欄に、「特に堺の演技が光る・・・」といった意味のことが書いてあって、
朝日をみなおしました。

| すいか | 2009/07/06 23:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/342-ec2bc9e2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。