PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壁男 玉響(たまゆら)

シアターキノのウェブサイトが更新されていて、『壁男』プレミア上映レポートが載っていました。プレミア上映前日の堺さんの細かいスケジュールや歓迎会の様子など、かなり“裏話”的な内容が書かれていて、興味深く読みました。早川監督の進行役というのは、かなり“冒険”だったのですね。でも、結果的にすばらしい司会ぶりで、大成功でしたよ。
ただ、2つほど訂正していただきたい箇所が。一つは堺さんが「『クライング・ハイ』撮影中のわずかな休みを使って…」というところ。もう一つは、読み手にとって本当にどうでもいいことなんですが、「朝9時前のビルのシャッターが空く前から、並んでいたという横浜からこられた方が一番のりで…」というところ。「千葉」でございます(ノД`)・゜・。

このレポートに出ている玉響(たまゆら)というお店が気になり、調べてみました。プレミア上映前日の歓迎会はここで行われたそう。映画の中でも、「メニューのないレストラン」として登場し、堺さんと小野さんが食事をするシーンがありました。
玉響ウェブサイト内の「たまゆら日記」には、歓迎会当日、『壁男』にちなんでどのような“おもてなし”をしたかが出ています。お料理はコースのみで、少し敷居が高い感じはありますが、今度札幌に行くときには、予約をして行ってみたいと思いました。JRタワー展望室(T38)などとともに、『壁男』のロケ地めぐりはいかがですか?

| 壁男 | 01時47分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/08/31 15:23 | | ≫ EDIT

>300さま
素敵な情報をお寄せいただき、ありがとうございました。本当にうらやましすぎる状況です~! 北海道では各マスコミが『壁男』をプッシュして下さっているようなので、堺さんの知名度ももっと上がるのでは?と期待しています。来年には大泉洋さんとの共演の映画もありますし…。玉響にはいつか必ず行って料理を堪能したい、ついでに堺さんのお話も聞いてみたいと思っています。

| えんみち | 2007/09/01 00:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

えんみち様
こんにちは。以前にもこちらへお邪魔させていただいたものです。最近は時間があれば某掲示板のほか、こちらのブログも大変楽しんで拝見させていただいてます!
私もプレミア上映にいきました。キノの「壁男」、もう訂正されているんですね。私も同じところで突っ込んでおりました・・。
早川監督の司会進行、本当によかったですよね。監督の思いも、撮影の雰囲気もよく伝わった気がしました。札幌のイメージのお話も、堺さんが「うにいくら丼」とおっしゃっていましたが、朝食べてきたんだあ~・・と。
たまたま札幌に帰省中だったので、ラッキーなことに素敵な生堺さんにお会いできましたが、幼い子供がいるので、テアトル新宿へは足を運ぶことが出来ません。もし行かれる際は、ぜひぜひレポお願いします!!
川上音二郎のチケットもおめでとうございます!!うらやましい・・。たのしんできてくださいねー。

| ゆたりこ | 2007/09/02 17:40 | URL | ≫ EDIT

>ゆたりこさま
こんばんは。千葉県民の名誉を回復できて、本当に良かったです。ただでさえ、神奈川よりも分が悪いというのに(笑)。
ゲストトークのとき、妙に堺さんが「うにいくら丼」を連発していたのは、朝食に召し上がられたからだったんですね。私もシアターキノのレポートを読んで初めて気づきました。
テアトル新宿と川上音二郎、気合いを入れてレポートするつもりですので、これからもよろしくお願いいたします。

| えんみち | 2007/09/03 01:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/34-346db16b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。