PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ公開初日〔補足あり〕

ヴィレッジヴァンガードの前売券を持って新宿バルト9まで行ったにもかかわらず、3回の上映がすべて満席で泣く泣く観るのを諦めた方も多いと聞く昨日(13日)の公開初日。私もできれば手持ちの前売券を使いたかったのですが、事前に劇場に座席指定券に引き換えに行くのが難しかったため、オンライン予約でチケットを新たに購入。お財布的には厳しかったけれど、何とか初日に観ることができました。そういえば、劇場ではパンフレットの販売をしておらず、結局あの「非売品パンフレット」のみだということがわかりました。
以下、19:00の回上映終了後に行われた芸大の監督による舞台挨拶のレポと感想です(ネタバレを含みますので、ご注意ください)。


登壇者は、真利子哲也監督(河原崎篇)、遠山智子監督(黒澤篇)、野原位監督(京子篇)の3名。司会者の力量と監督たちの“慣れ”によるものでしょうか、高崎映画祭のときよりも数倍面白い舞台挨拶でした。
「公開初日を迎えてどんな感慨があるか」という最初の質問。真利子監督は「4人だから舞台挨拶とか緊張せずにできる」という、いきなり変化球の答え(笑)。遠山監督は「授業で作ったものをお客さんに観ていただけてうれしいが、自分の映画ではないような、映画が一人歩きしているような印象がある」。野原監督は「自分が監督したという実感がない。テレビなどでもいきなり(この映画の)宣伝番組が流れていることがあり、何か面白そうだと思ったら自分の映画だったということも」。
その後、芸大の授業の内容や映画制作の仕方に関する質問に続いて、それぞれの監督がもともと「何篇」を撮りたかったのかという質問。真利子監督と野原監督が「黒澤篇」であったのに対して、遠山監督は「特に希望なし」。調整の結果、第一希望に挙げていた監督ではなく、とくに希望していなかった遠山監督に決まったというのが面白いと思いました。
俳優に関する質問は、「柄本さんと組んでどうだったか」という、真利子監督への質問から。「柄本さんは映画や芝居が好きで、あまり真剣ではないように見えて実は考えてくれる方。年も近いのでやりやすい」。犬のアイラちゃんについても「現場のマスコット的存在でよかった」とコメント。堺さんの印象については、「演技に熱い人で、いつもニコニコされている方。いろいろと演技のアイディアを出してくれるが、質問もバンバン飛んでくる」と遠山監督。「具体的にどんな質問があったのか」という司会者の問いには、「いっぱいありすぎて忘れました(笑)」。答えに窮するような質問にも、監督は全部答えられたそうです。
次に、俳優さんたちが「また次も仕事をしようね」と言ってくれていることに対してどう思うか、芸大に入る前に何をしていたか、芸大に入ってよかったと思うかなどの質問。このあたりは省略しますが、人とぶつかり合ったり、いつまで続くんだろうと思うような徹夜の作業など、精神的にも体力的にも厳しい現場の様子をリアルに語っておられた野原監督の言葉が心に残りました。
その後、それぞれの篇にある印象的なシーンに話がシフト。黒澤の“瞬間移動”の演出については、「黒澤を普通の人間として描きたかったので」。「『え~!? 本当にこれでいくの?』と堺さんに訊かれたんですけど、これで押し通しました」と遠山監督。寺島さんが赤いハイヒールを脱いで歩くシーンは、朝日が出るのを待って、1テイクでOKを出さなければならないような厳しい状況だったそうです。

最後に映画の感想を少しだけ。正直、高崎映画祭のときには、「う~ん」(汗)という感じでしたが、原作も読んだ上で改めて観てみると、これもアリだという気がしてきました。「河原崎篇」の凄惨なシーンさえも…(塚本を殺してしまったことに気づき、後ずさりして死体にぶつかり、しりもちをついたときの画はスゴいです)。
いろいろとヘビーだけど考えさせられる映画です。人生に迷ったり行き詰ったりしている4人の人物(河原崎、佐々岡、京子、豊田)がある一日の出来事をきっかけに、新しい人生の一歩を踏み出すというストーリーなんでしょうね、一言でまとめるとするならば。「お金」に対する考え方や「お金」との距離感も一つのテーマになっていると思いました。この映画では「お金」に執着する人間は醜く描かれているし、4人とも「お金」とは関係のないところで再生していく。そして、黒澤の絶妙な「お金」との距離感…。
肝心の黒澤@堺さんについて触れるのを忘れていました(汗)。黒澤の登場シーンは唯一ほっと和めるというか、重く張りつめた雰囲気を緩和する役割を担っていると思います。“泥棒の神様”に感謝するおまじないのポーズとか、(遠山監督の話にもあった)瞬間移動のトリックとか、佐々岡が目覚めたときの座り位置&視線とか、ファン的なツボもたくさんあります。世の中を悟りきったような表情で淡々としゃべる感じとか、一呼吸おいて(スーッと息を吸い込む音が聴こえます)話し出す瞬間なんかも個人的には好きです。黒澤のテーマなのでしょうか、黒澤篇でかかる曲もキャッチーでとてもいいんですよねぇ。
映画って繰り返し観ると、いろいろな発見があって本当に面白いですね。←なんだか水野晴郎さんの決めゼリフっぽくなってしまった(汗)。

| ラッシュライフ | 13時09分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

お久しぶりです(^o^)/

私もやっと見ることができました!
私は原作を事前に読んで内容が分かっていたので、河原崎編は恐ろしくて全く見れませんでした

でも、黒澤編はとてもおもしろかったです(≧∇≦)
堺さんは黒が似合うし、とてもかわいくて
メロメロでした(^_^)v
堺さんが私の知っている横浜の場所を歩いてるのも何だか嬉しかったです

黒澤編だけだったら何度でも見たいのですが…1回で私には十分でした。

| りな | 2009/06/14 16:55 | URL | ≫ EDIT

舞台挨拶のレポ、ありがとうございます!
ものづくりの現場、興味があるので、じっくり見てみたいと思いました。
もしDVDが出たあかつきには、ぜひともメイキングシーンも入れて欲しいと思います。

| あつこ | 2009/06/14 17:49 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/14 20:34 | | ≫ EDIT

堺さんに関することなら調査の努力を厭わないえんみち様☆(褒め言葉だからね(^o^)/)
黒澤の着ていたあの上品な仕立てのいい黒いスーツはどこのブランドもの?知ってたら教えてくださいなm(_ _)m

| めりぃべる | 2009/06/14 21:08 | URL | ≫ EDIT

羨ましい

ナイスなレポート!!

ほんとに羨ましいですっ(*_*)原作読んで黒澤を堺さんに置き換えて妄想して・・・。

私も観たい!レンタル開始を待ちます。

孤高の泥棒堺雅人、素敵だろうなぁ。

| ていこ | 2009/06/14 22:06 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます(^-^)

えんみちさん、こんにちは♪

舞台挨拶&映画のレポ、ありがとうございましたm(__)m
舞台挨拶での、司会者とそれぞれの監督さんのやりとりを読むだけでも
すご~く期待が膨らんできますヾ(≧∇≦*)〃
・・・というか、コレ・・・仙台でも上映してくれるんでしょうか?(T□T)
出来ることなら「スクリーン」で観たいなぁ(;_;)

素敵なレポートをありがとうございました(*^^*)

| myumyu | 2009/06/15 14:49 | URL | ≫ EDIT

横レスですみませんが、めりぃべるさん。
伊坂作品では黒澤と言えばゴルチェなので、映画のスーツもそうじゃないかと勝手に思いこんでます。違ってたらごめんなさい。

| こだか | 2009/06/17 20:39 | URL | ≫ EDIT

>こだかさん☆
ありがとうございましたm(_ _)m。とてもソフトで上品な感じの高そうなスーツだなあ!似合ってるなあと思いまして。
黒澤と言えばゴルチェなんですね。ラッシュライフは読んだんですが斜読だったもんで;その他の黒澤登場作品はポテチしか読んでません。
これからサクリファイスを読むつもりです♪

| めりぃべる | 2009/06/17 21:27 | URL | ≫ EDIT

いつも楽しく拝見しております。
最近はえんみちさんのブログをチェックすることが私の日々の楽しみになっています。
堺さん情報満載でとっても幸せです(笑)

私は関西在住なのですが今度東京に行く機会があるので(機会をつくったので)堺さんの黒澤に会える日を心待ちにしております。えんみちさんのレポを見てますます期待大です!

後、もうご存知かもしれませんが、「A-studio」のご出演は7月10日だそうです。
「官僚たちの夏」も始まりますし、これから堺さん三昧でテーション上がりまくりです!

| | 2009/06/17 23:03 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~おひさしぶりです。
初日いけなかったので、レポ大変ありがたいです!
いつもありがとうございます(*^_^*)

ところで黒澤さんのスーツは、衣装協力を見た限りでは
セオリーなんじゃないでしょうか。
シャツも含めて形も生地もそれっぽいような気がします。
本物のゴルチェを調達できるほど資金があったとも思えず(笑)。

衣装と言えば、『官僚...』のHPの現場レポで
堺さんが着てるキルティングジャケットってやっぱりあれですよね???

| quimico | 2009/06/18 23:38 | URL | ≫ EDIT

>quimicoさん。なるほど、セオリーですか。
さすが、見てるところが鋭い。衣装強力ね。
そうだよね、学生さんが授業で作ったんだものね。

みなさん、ありがとう。ファンの輪はこうしてつながるのですね。

えんみちさんが忙しくても、交流の場にしちゃってますから(笑)

| めりぃべる | 2009/06/19 00:19 | URL | ≫ EDIT

強力な協力になってしまいました(^。^;)

| めりぃべる | 2009/06/19 00:38 | URL | ≫ EDIT

ありゃ、本当に間違ってた!ごめんなさい。フォローありがとうございますquimicoさん。
堺さんの私服は着回し感があるところが、市井の人っぽくて安心しますよね。

| こだか | 2009/06/19 08:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/336-b334a32b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。