PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文藝春秋 伊藤先生と若山牧水

本日(10日)発売の「文藝春秋」(2009年3月号)に堺さんが寄稿されていたエッセイ「伊藤先生と若山牧水」を読みました。「TV navi」連載終了でがっかりしていた矢先なので、堺さんの文章が読める幸せをしみじみと噛みしめながら。高校の演劇部の頃から熱心に取材されていたのね~と心の中でニヤリ。「無名の山」「無名の川」を愛した牧水が伊藤先生と重なると書かれているけれど、私の中では堺さんってこういうイメージなんだよなぁと思ったり。堺さんが“師匠スジ”について語っているのは久しぶりな気がして、そんなところもうれしく思いました(90-91頁に掲載。写真などはありません)。
それと、本日の毎日新聞の夕刊に「第63回毎日映コンの顔」として、男優助演賞の堺さんと女優助演賞の松坂慶子さんが取り上げられていました。毎日映画コンクールの主な受賞者を3週にわたって紹介する企画で、先週は滝田洋二郎監督、阿部寛さん、小池栄子さんが取り上げられていたそうです。記事の内容は、「クラハイ」のときに30人以上の記者に取材したエピソードや演じる上で助演と主演の区別はしていないことなど。モノクロの記事ですが写真入りです(>yさま、事前に情報をいただき、ありがとうございました)。
衝撃の「トライアングル」の感想は後日改めてー!!

第63回毎日映コンの顔:/中 堺雅人/松坂慶子(毎日新聞
第63回毎日映コンの顔:/上 滝田洋二郎/阿部寛/小池栄子(毎日新聞

| 雑誌 | 04時24分 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/02/11 08:52 | | ≫ EDIT

えんみちさん、こんにちは。
ちょくちょくお邪魔していますが、コメントははじめてです。いつも一早い情報、ありがとうございます。

えんみちさんは、フットワークが軽くて羨ましいです。

私は、堺さんの文章は、その人となりが出ていてなんだか好きです(*^^*)。

さて、素朴な疑問なのですが
堺さんが、ひらがなを多用するのはなぜなのでしょうね?

今回も
なやみ、きずつき、など…

あえて使っているのでは?とか、その語句を強調したいからでは?とか
はたまた、なにも考えていない(無意識なのでは?)とか
いろいろ言われているようですが

えんみちさんは、何かご存知ですか?
あるいは、どうお考えでしょうか。

では、これからもお邪魔させていただきますね~。

| さなえ☆ | 2009/02/11 08:57 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントします。


えんみちさま

いつも貴重な情報ありがとうございます。
「篤姫」で 上様にズキュンとやられ
以来、この世界に足を踏み入れました(笑)
ブログにコメントすること自体 初めての
初心者ですが、
よろしくお願いします。


>さなえ☆まさ

ホントについ最近
「文・堺雅人」を読むようになった者です。
私も初めて読んだときには、ひらがなの多さに違和感を持ち、
正直「読みづらいな~」と思ってしまいました。

でも、よく見ると
動詞や形容詞などの用言をひらがなで書かれてる…?

で、さらに見ると
訓読みの、昔から日本人が用いてきた「大和ことば」に
分類されるようなことばに使われているような気がします。

難しい四字熟語もよく使われますが、漢字ですよね。
漢文っぽい、
中国の方でもなんとなく意味がわかるような
熟語系(?)のことばは、漢字で書かれていると思いませんか?

自信はありませんが、
なんとなくそのように解釈し、
勝手に 堺さんの「こだわり」を感じながら
読ませていただいてました。

参考になるでしょうか。


| みなみ | 2009/02/12 00:47 | URL | ≫ EDIT

インタビュを見て堺雅人という俳優の態度をすこし知ることになりました。
役の比重よりそのキャラクターはどんな人だろう・・て、
生きて行っているどんな人について演じて見えてくれるのか。。と思いました。

あ、「南極料理人」の写真見ましたか?
私はその写真を見てちょっと笑いました。
堺さんの表情が明るくてなんか笑いすぎちゃったの顔だって。。(笑)

| piaa | 2009/02/12 01:05 | URL | ≫ EDIT

>Iさま
こんばんは。トライアングルの感想、しばしお待ちくださいませ。テレビの予告も公式サイトの予告も、そこまでバラしちゃうの~!という感じで焦りました(笑)。
本日の「南極料理人」の情報、早々にありがとうございました。噂の生瀬さん、本当に越冬隊員としてご出演なさっていて、うれしく思いました。「やさぐれ」の特典を思い出し、毎夜の宴会でもあんな感じに絡んでいたのかな~?とか(笑)。
『日本映画ナビ』のサイトの「ジェネラルルージュの伝言」、本当に冗談のようなミスですよね。松任谷由実世代には懐かしい感じですが…(違うか/笑)。

>さなえ☆さま
初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。堺さんの味わいのある文章、とてもいいですよね。最初にエッセイを読んだときに、「人」を「ヒト」と書かれているのが、ものすごく印象的でした。なんだか生物学的な分類みたいで…(笑)。
もちろん本当のところはわかりませんが、なんらかのこだわりは持っていらっしゃるような気がします。あとは「簡単なことをこむずかしく書くタイプ」とご自分のことを書いていらっしゃいましたが、かなを使うことにより難しい印象がだいぶ緩和されるので、そんなことも少し意識されているのかなと思ったり。あまり参考にならず、申し訳ありません(汗)。これからもよろしくお願いいたします。

>みなみさま
初めまして。堺さんの文章表現について、専門的かつ深い分析をありがとうございます。私の意見だけでは非常に心もとないので、大変ありがたいです。たしかに動詞や形容詞はかなで書かれていることが多く、「ヒト」「ココロ」「カラダ」「ハナシ」などの特定の名詞がかなで書かれていますよね。堺さんの頭の中に何らかのルールがあり、文章を書くときには、とくに意識せず自然にそのルールに従って書かれているような気がしてきました。う~堺さんに直接聞いて確かめてみたい!(笑)

>piaaさま
こんばんは。堺さんご自身は本人についていろいろ興味をもたれるより、演じている役に注目して!というタイプのようですが、ファンとしては堺さんの人間性がわかるようなインタビューや文章がやはり気になりますよね。それにだいたい人間性に共感できないと、ここまでファンにはなれないし(笑)。「南極料理人」の写真、堺さんだとちょっとわかりづらいのは、笑いすぎもありますよね。

| えんみち | 2009/02/12 02:49 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/02/13 01:49 | | ≫ EDIT

すごいグッドタイミングで東京で若山牧水展が行われていたということを知り、
早速行ってまいりました。
おじいさんおばあさんの集団の中、非常に(必要以上に)興味深く見学しました。

牧水さんのひととなり、人間性がよくわかる親しみやすい展示で、堺さんが
どうして好きなのか分かるような気がしました。
説明パネルの文章の中で「ひと」という単語がやはり「ヒト」とカタカナで
記載されていたのが印象的でしたよ。

日本近代文学館にて明日までです!

| quimico | 2009/02/13 16:35 | URL | ≫ EDIT

>quimicoさま。そんなステキな催しをやってたんですね!
明日までとは、残念;

日本近代文学館は、昔、大学時代に卒論書くのに日参した思い出の場所ですぅ。

そして、「ヒト」の秘密はこんなところにあったのか!って感じでしょうか。思わぬ情報をありがとうございました。

| めりぃべる | 2009/02/13 22:32 | URL | ≫ EDIT

>Yさま
こんばんは。音二郎のDVDに気をとられているうちに、トライアングルの放送が終わってしまったという、嘘のような経験をなさったそうで。ある意味、ディープヲタの証明ともいえるのではないでしょうか?(笑) ラストシーンもそうですが、常盤さんの横にちょこんと(かなり接近して)座る感じもまた、よいですよね~。

>quimicoさま
こんばんは。若山牧水展が開催されていたんですね~。「おじいさんおばあさんの集団」にちょっと焦りつつも(笑)、私も知っていればぜひ行ってみたかったです。まさか、堺さんの仮名遣いの謎を解き明かすヒントがそこにあったとは! すごい発見です(笑)。

>めりぃべるさま
こんばんは。私がノロノロしている間に、quimicoさんのコメントにレスしていただいて、ありがとうございました。日本近代文学館に日参されていたとは、卒論のテーマは何だったのでしょうか? ちょっと気になってしまいました(笑)。

| えんみち | 2009/02/15 04:40 | URL | ≫ EDIT

牧水展行ってきました!

>qumicoさま 若山牧水展の情報ありがとうございました。

えんみちさんのブログ上で皆さんの論議をかもし出してる通り(笑)。
私も堺さんの文章・物事の見方に興味があり
「堺節ルーツ」ともいえるqumicoさんの展示の感想に心惹かれ
急に予定が空いたので思い立って日本近代文学館に行って来ました。

私が着いた時は閉館時間に近い事もあり場内も人が少なく
一つ一つの展示をじ~っくり丹念に鑑賞できました。
ただ展示の中心だった直筆の「牧水の手紙」が独特の筆致で
ぜ~んぜ~ん読めなく(汗)
それでも説明文や牧水の歴史など知る事ができ、これから自分なりに
色々読んでみようかな~というキッカケになりそうです。

ちょっと笑ったのがシーンと静まり返った展示場の受付付近の男性役員らしき人が
何故か?何故にか??ピンクの毛糸で編み物をしていた事です???
その技術がまた目を見張るものがあり(笑)。とても印象的でした(爆笑)

私にとって堺ファンにならなければ足を踏み入れなかった世界・・・
堺さんって偉大です(笑)。

えんみちさん長文でお邪魔してすみません・・・
いつも鍵コメですがqumicoさんに御礼が言いたくて。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

| みーちゃん | 2009/02/16 01:37 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、毎回こんな時間にアップされていて、いったいいつ寝てるんですか?というのが今最大の疑問です(笑)。

<みーちゃんさん
御礼などそんな…v-410私も知ったのが12日だったので、間に合った方がいてよかったです。このニュース、私も人伝いに知ったのですが、毎日新聞の夕刊に堺さんが載った日、同じページに掲載されていたそうです。

牧水さんの直筆のお手紙、読めないなりに一生懸命解読してみました。うんと親しいお友達にあててらっしゃるせいか、「とてもかわいげのあるひとだなあ」というのが第一印象で(笑)、一気に親しみがわき、素直で情熱的で、でもちょっとくよくよしちゃったり、少年のようなところを残しているけど男性的な、とてもにんげんくさい方だったのだろうと思われました。堺さんの師匠スジ(笑)にあたる方はこういう方だったのかと。

伊藤先生の公演もあったそうで、ぜひ行ってみたかったです。

編み物をしていた係員の方は残念ながら見ませんでしたが(笑)、駒場公園も含めてとても素敵な場所ですよね。以後も注目したいところです。こんなところに日参していたなんてめりぃべるさん、素敵ですね~。

最後にもうひとつ、「ヒト」はあくまでも説明パネル内の表記であって、牧水さんがそう書かれていたわけではないです。念のため。

長々と場所お借りして失礼しました~。

| quimico | 2009/02/16 02:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/295-b409c754

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。