PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ジェネラル・ルージュの凱旋」エキストラ体験

報知映画賞受賞式(17日)、日本アカデミー賞優秀賞受賞(→最優秀賞ノミネート)(18日)、ブルーリボン賞ノミネート(19日)など、うれしいニュースが続いていますね。このところ、ブログの更新が滞っていて、申し訳ありません。しばらく体調がすぐれなかったのですが、それにもかかわらず(苦笑)、映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』のエキストラ出演(20日)のため、岐阜に遠征しておりました。残念ながら、生・ジェネラル堺の勇姿を拝むという夢は叶いませんでしたが、想像以上に面白い体験でしたので、以下、簡単に紹介したいと思います(多少のネタバレを含んでいる可能性があります)。


今回の撮影は、タンクローリーが横転して大規模な爆発事故が起こり、近くのショッピングセンターにまで火の手が移って、買い物客が火災に巻き込まれたという設定。被害に遭った買い物客たちがどんどん病院のエントランスホールに運び込まれてきて、騒然となるシーンを撮影しました。
私は傷病者か付添いの役。撮影現場で血液型によるトリアージが行われて、O型の私は黄色(生命に別状はないが、早期に処置が必要)に分類されました。ちなみに、A型は赤色(生命にかかわる大怪我)、B型は緑色(軽症)、AB型は黒色(死亡、もしくは救命不可能)という分類。とくに、赤色や黒色に分類されたエキストラの方たちは、煤けた上着に着替えさせられたり、怪我や煤のメイクを顔に施されたり、包帯を巻かれたりと、火事で焼け出された雰囲気がかなりリアルに出ていました。
午前8時頃から「用意、スタート」「はい、カット」の声が聞こえ始め、1Fのエントランスホールで撮影がスタート。山本太郎さんの「手が空いてる人! すぐに搬送手伝って!」という緊迫したセリフも聞こえてきました。エキストラ待機場所である2Fから下をのぞくと(吹き抜けになっている)、赤、黄色、緑に色分けされたシートや診察用の簡易ベッド、ストレッチャー、点滴スタンドなどが並べられ、医者や看護師のエキストラの方たちが大勢待機していました。
ちなみに、エキストラの役柄としては、私たちのような傷病者・付添いの役のほかに、白、ピンク、ブルー、グリーンなど色とりどりの白衣をきた医者・看護師役(中には本物のお医者さんや看護師さんも混じっていたそうです)、白のブラウスにチェックのベスト、黒のスカートの制服を着た事務職員役、黒のスーツを着たマスコミ・報道関係者役などがあったようです。
リアル患者風の赤組や黒組と比べて、黄組はなぜかそのまま放置状態(苦笑)。一度はメイク室に向かったものの、どういうわけかまた元の場所に戻され、結局何のメイクも施されませんでした(ちょっと残念!)。かろうじて、手や足に包帯を巻かれた人が何人かいる程度。私も左足の膝下に包帯を巻いてもらいました。あとで、撮影場所に黄組がまとまって移動してきたとき、「なんにもできてないじゃねえか!」「みんな付添いだ、付添い!」と現場の方がキレ気味に叫んでおられましたので、おそらく何か手違いがあったものと思われます(汗)。
お昼近くになって、ようやく黄組の一部に声がかかり、1Fに移動。まずは、被害に遭った買い物客たちが30%程度運び込まれた場面を撮影するということで、黄色のトリアージタッグ(ちゃんと「トリアージ実施者 佐藤」となっていた)を渡され、黄色のスペースに点在するように着席。私のところにも担当のお医者さんと看護師さんのペアがついてくれ、ヘアメイクの方が髪の毛を櫛でくしゃくしゃにしてくれて、スタンバイOK。「用意、スタート!」の声と同時に、必死になって足が痛んで意識が遠のきそうな演技をしました。斜め前方からは中村監督が見ておられるし、「動いて、動いて!」「棒立ちだけはやめてね!」という助監督の声も飛ぶしで、どうしたってしっかりと患者を演じなければマズイ状況(汗)。まさか、こんなに演技が求められるとは!! 今回一緒に参加したファン友だちのKさんも、頭からタオルをかぶって迫真の演技でした(笑)。この後、昼食(ロケ弁)を挟んで、撮影終了までほぼ同じ位置に座り、時間の経過とともに、ストレッチャーなどでどんどん患者が運び込まれてエントランスホールがいっぱいになっていく様子を撮影しました。私も怪我した足を椅子に上げてみたり、椅子に横になってみたり、怪我が悪化していく感じを出そうといろいろ試みたりして…。いや~実に楽しかったですヽ(^o^)丿
さて、今回の撮影中に見かけた役者さんたちは、山本太郎さん、竹内結子さん、貫地谷しほりさん、尾美としのりさん、平泉成さん、長江英和さん、並樹志朗さんなど。短いシーンでしたが、山本さんや尾美さん、平泉さんなど役者さんの演技を目の前で見ることができて感激でした。竹内さんと貫地谷さんは、エントランスホールの中央から二人で並んで歩いていくシーンを撮影。竹内さんが小柄であまりにかわいらしいので、「私もあんな風に生まれたかった~!」という悲痛な叫びまで聞こえました(笑)。
そして、肝心のジェネラル堺。実は、撮影中、総合案内のあたりに立って警備員のエキストラと話している白衣の男性が「堺さんではないか?」という噂が飛び交ったことがあったのですが、かなり遠目だったのではっきりとは確認できず。聞くところによると、20日はオフ日だったそうなので(21日は撮影ありとか)、別人だったのかもしれません。でも、堺さんがいるという噂が流れたときの周囲のどよめきは凄まじく、ここにも堺さん目当てのファンがたくさんいることがわかって、ちょっとうれしい気持ちに。もしこれで、ジェネラルの演技をほんの少しでも見ることができたら、もう最高で、何も言うことはなかったんですけど…あと一歩及ばずといった感じ。でも、映画の撮影現場の雰囲気を味わうことができた、大変貴重な一日でした。「千葉から参加」といったら、さすがにいろんな人に驚かれましたけどね~(笑)。

| ジェネラル・ルージュの凱旋 | 01時39分 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

ジェネラル・ルージュの凱旋エキストラ

はじめまして。
私もジェネラル・ルージュの凱旋エキストラ行きました(21日)
20日はどんな感じかな?と思っていたので詳しく書かれていて
読ませていただきました。患者役でトリアージの色をわけたり似たような感じです。20日は堺さんオフだったんですね。残念でしたね。。
私も本当に貴重な体験でした。

ここから感想をかかせていただいていたのですが・・
削除させてもらいます。
初めてなのに本当ずうずうしくってすみませんm(__)m

またお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。

| うさこ | 2008/12/22 10:44 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、こんにちは。

エキストラ体験レポ、ありがとうございます。
そして大変お疲れ様でした。
体調がすぐれないとのこと、心配です。
早くお元気になってくださいね。

それにしても、まるでパニック映画の撮影現場だったんですね。
心理サスペンスものかと思っていたのですが、そういう要素もあるとはますます楽しみになってきました。
エキストラといっても、寒い中長い間じっとしている役じゃなくて、知らない人たちが大勢集まってワーッとパニックになって動きまわってるのって、大変だったでしょうけどなんかおもしろそうでいいですね。
映画公開の時もそのシーン楽しみにしておきます。

今回堺さんには会えなかったそうで残念でしたが、まだまだこれからもたくさん映画出演してくださると思いますので、きっとまたチャンスがあると思います。
その時また、えんみちさんの行動力に期待しております(笑)。

それから、コメントのお返事を気にされておられるようですけと、私にとってはお返事がいただけるだけでも申し訳なくありがたく思っておりますので、どうかお気にされず楽しんでブログ続けてくださいね。

| タルコ | 2008/12/22 11:51 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、いつも堺さんの情報をいただくために拝見しております。いつもありがとうございます。
私も21日、エキストラ参加させて頂きました。えんみちさんと同じ黄色患者で、1日目より落ち着いた状態・・・ということでパニック状態という演技は求められず、自分で立ち上がれる人は帰っていいという役で16時頃出番は終わってしまいました。演技指導はそこそこ受けましたが(痛がりながらゆっくりよろけるように歩く等)えんみちさんは大変でしたね・・・

ところで生堺さんですが、私も午前中に阿部ちゃんと竹内結子に会えただけでいいか・・・って諦めた14:30頃登場されました。黄色患者の最も入り口側におりまして入り口から歩いて来られる微笑をたたえた堺さんを発見!!しかし私の表情は凍りつき声も出ず、そのままの硬い表情で会釈するのが精一杯でした。でもこんなエキストラにまで目を合わせて会釈を返して下さった優しい堺さんでした。演技以外は無表情の役者さんもいる中で堺さんは、演技はさすがで険しく睨み付ける表情でしびれましたが、カットがかかるとすぐに誰とでもにこやかに談笑され、全くスター然とされず、本当に色んな面で強さを感じる俳優さんでした。
衣装は救命医師の他のDrとは違う色でそれも似合っていて素敵、でも体つきも首も細くって顔が小さいのには驚きでした。

台詞は少ししかなかった代わりに、堺さんのあの笑顔がひとつもないような厳しいどきっと思わせる表情が1シーン5-6回、2シーンみられてそれで良かったと思います。

えんみちんさんに申し訳なく、こんなコメントするのもおこがましいのですが・・・ごめんなさい。

東京ではきっとこれからたくさんこんな機会が増えると思います。千葉から岐阜にまでお越しいただいて本当にありがとうございます(関係者でもありませんが地元民として)。お身体早くよくなられるよう祈っています。

| アグネス | 2008/12/22 16:46 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/12/24 17:34 | | ≫ EDIT

お久しぶりです。受験の準備などに追われていて、なかなかコメントする事ができませんでした。やっと一段落ついたので、コメントさせていただきます。
「ジュネラル・ル-ジュの凱旋」エキストラ、お疲れ様でした。臨場感溢れている現場だったのですね。公開がもっと楽しみになりました!!
原作を読んだのですが、速水部長は堺さんに似ているところもあり(似てないところもありますが)、これはハマリ役なのではないかと最近知り合った堺さんファンと思案しています 笑

あと、もう御存知かもしれませんが、先ほどアップされyahooニュース(シネマトゥデイ)によると堺さんが映画に出演なさるようです。「面白南極料理人 笑う食卓」という本が原作のようで、料理をする隊員の役みたいです。料理をするということは・・・衣装も楽しみですね 笑 いや、南極だから・・・モコモコな感じですかね( ´∀`) 
長文になってすみません。またコメントさせていただきます。

では、よいお年をお迎えください。
  

| トット | 2008/12/25 11:13 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/12/25 15:48 | | ≫ EDIT

えんみちさん、お久しぶりです。こんばんは。

エキストラレポート、楽しく拝見しました。私は去年まで岐阜にいたので、エキストラ募集を「すれ違いか~」としょんぼりとして見ていたのですが、

えんみちさんのレポートを拝見して「ショッピングセンターというのはあそこかなあ、ここかなあ」と楽しく想像させていただきました。映画で堺さんの背景に懐かしい光景がみられるのではないかなあと楽しみです。

かなり緊張感あふれる現場だったようですね。映画でどのように仕上がるのか、えんみちさんがご覧になったのがどの辺なのかも楽しみにしていたいと思います。

今年もあと少し。よいお年を!!

| ストロ | 2008/12/28 02:54 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、初めまして。
以前からちょこちょこと拝見して楽しく読んでいます。

自分もえんみちさんと同じ日に東京からエキストラに行きました!しかも自分も黄色チームだったのでかなり至近距離に居たんですねぇ。
それに驚いて、初コメントです。
風邪早く良くなるといいですね。お大事に。

| タカセ | 2008/12/28 10:01 | URL | ≫ EDIT

>うさこさま
初めまして。コメントレスが大変遅くなってしまい、申し訳ありません^_^;
20日と23日は堺さんのご登場はなかったようなので、21日が当たりでしたね。うらやましいです。私ももう少し体調がよければ、助監督に「明日もやらせてください!」と頼み込んで参加するか、あるいは撮影見学だけでも行ったような気がするんですが…。元気になると余計に悔しくなってきます(苦笑)。よろしければ、これからもときどき遊びにきてくださいね~。

>タルコさま
こんばんは。お言葉に甘えてすっかりお返事が遅くなってしまって、申し訳ありません。一昨日あたりから完全復活して会社に行ったり(仕事の残りが…泣)、友人と飲み会(忘年会)をしたり、病に伏せっていたときの分を取り戻すかのように活動的に過ごしております(笑)。
タルコさんの「きっとまたチャンスがあると思います」というお言葉の通り、また『南極料理人』のエキストラ募集があり、喜んでいます。もしかしたら、出航する船に手を振って見送るだけのエキストラかもしれませんが(苦笑)、休日のみでも応募しようと思っています。今度こそ、堺さんの演技を生で見たいなぁ。

>アグネスさま
初めまして。21日の様子について教えてくださり、ありがとうございます。ああ、私も微笑を湛えてこちらに向って歩いてくる堺さんを発見したかったです~!!o(><)(;><)o  
でも、会釈をきちんと返してくださったとか、どんな表情で演技をなさっていたとか、休憩中、にこやかに談笑している様子など、アグネスさんのレポから現場の堺さんの様子が浮かんでくるようで、本当にありがたく思いました。
せっかく岐阜まで行ったのだから、もっと岐阜を堪能して帰りたかったのですが。あ…友人と行った新岐阜駅近くの「つばさや」さんという居酒屋さんは手場先が美味しく、なかなかよいお店でした(^_^)

>Aさま
こんばんは。「宮崎あおいを知る4人が魅力を解剖!」という記事、たしか『マリクレール』に載っていて、立ち読みした覚えがありますが、ネットにもアップされていたんですね。教えてくださって、ありがとうございます。
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/2002/8.html
あおいちゃんといえば、現在発売中の『CUT』に、先日のお誕生会のエピソードが載っていましたね。店員さんのフリをしてあおいちゃんを驚かせるなんて、堺さんもおちゃめですよね~(笑)。

>トットさま
こんばんは。お久しぶりです。『南極料理人』のニュースをいち早く教えてくださってありがとうございました。撮影場所は主に北海道のようですが、南極という設定ですから、室外ではかなりモコモコな感じなのではないでしょうか? 細身の堺さんのことだから、防寒服に着られている感じになるかもしれませんね(笑)。『ジェネラル・ルージュ』のほうは、速水部長がハマリ役だと言われたらすごい!と思いますが、ぜひそうなってほしいですね~。決めるところはカッコよく決めていただいて…。受験の準備などでお忙しそうですが、どうか風邪など召されませんように。どうかよいお年を…!!

>Iさま
こんばんは。いつも詳細な情報をありがとうございます。おかげさまで、すっかり元気になりました。『南極料理人』の映画化の話はずいぶん早くからあったのですね。原作者の西村さんとはだいぶイメージが違いますが、堺さんが立派な“観測隊の母”になっていく様を観たいと、監督が思ってくださったというのは、実にうれしいことだと思いました。越冬隊員たちのキャスティングも気になりますね~。「ビッグな…」というからには、それなりの方なんでしょうか? 脇にどういう方がくるかによって、マニアックなマイナー路線の映画なのか(笑)、ある程度メジャー指向の映画なのか、判断がつくような気がするのですが。

>ストロさま
こんばんは。ストロさんはもともと岐阜にいらしたのですね~。ええと、ショッピングセンターで火災というのは設定のみで(テレビのニュース映像などでは使われるかもしれませんが)、撮影は岐阜大学医学部附属病院のエントランスホールで行われました。平成16年に現在の柳戸地区に移転してきたそうで、新しくとてもきれいな病院でした。自分がエキストラ参加した日の映像がどのようになるのか非常に楽しみですが、自分が映っているところはあまり見たくなかったりして…(苦笑)。今年も残すところあと2日。どうかよいお年をお迎えください。

>タカセさま
初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。え~タカセさんも黄色チームにいらっしゃったんですか!? では、結構近くですれ違ったりしていそうですね(笑)。私が何人かの方とお話をした中では、大阪からいらした方が一番遠かったのですが、タカセさんのように東京から参加された方もいたんですね。あのときの光景が映画になるとどう見えるのか、出来上がりが楽しみですね。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| えんみち | 2008/12/30 04:36 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/23 01:37 | | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/275-eeac73b6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。