PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝! 日刊スポーツ映画大賞・助演男優賞受賞!

先日の「報知映画賞」に続き、「日刊スポーツ映画大賞」でも助演男優賞受賞のニュースが飛び込んできました。おめでとうございます!! 本日(4日)発売の「日刊スポーツ」21面には、堺さんの記事と「石原裕次郎賞」を受賞された原田眞人監督の記事が掲載され、またもや「クライマーズ・ハイ」ページの様相を呈しております+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚  腕を組み左手をあごにかけたポーズで、柔和な笑顔を見せている写真もなかなかよいですし、これも“買い”ではないでしょうか。
今回は「クライマーズ・ハイ」と「アフタースクール」両作品での受賞。自ら新聞社を取材し修正を加えつつ創り上げていったリアルな新聞記者役と、監督の中のイメージを忠実に再現した会社員役という、まったく違う役を演じ分けた役者としての幅広さが評価されたようです。そして、選考の最後の決め手となったのが、「これからさらに光る人」であるという理由。そうそう、無限の可能性を秘めているというか、完成形が見えないところがすごいんですよ、堺さんは(笑)。
今年の映画賞を総ナメするんじゃないか!?というくらいの勢いですが、あまり欲をかかずに(苦笑)、のんびりと吉報を待ちたいと思います。

クライマーズ・ハイに裕次郎賞/映画大賞(日刊スポーツ
第21回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞『クライマーズ・ハイ』が2冠獲得!!(CINEMA TOPICS ONLINE


[追記]
明日(5日)発売の『フィガロジャポン』に堺さんの記事が掲載されるようです。(>I様、情報をありがとうございました。)
フィガロジャポン 12/20号
(特集名)
知の旅へ誘う237冊
心を揺らす、愉しい読書。
(記事名)
この感動をみんなに! 人気俳優のプライベート読書会。
●堺 雅人(俳優)
家定になりきっていた1年。たくさんの歴史本に囲まれて。
●中村勘太郎(歌舞伎役者)
人物が本から浮き上がってくるような話が好き。いつか、演じてみたい、と。
※実際の特集名・記事名が、次号予告と若干異なっていたので訂正しました。

| その他 | 00時31分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

えんみちさん、こんにちは。

またまたの助演賞受賞ですね。おめでとうございます!
ほんと嬉しいニュースなんですが、堺さんが好きすぎて盲目になっている自分はついつい心の底で・・・
"なによ、今更!
堺さんの実力だったら、もっと若い二十代のうちにメジャーな映画にキャスティングされてたら、新人賞どころか主演賞を取ってたわよ。
そしたらもっと早く出逢えていたかもしれないのに!"
なーんて思ってしまいました(何様ですよねゴメンナサイ笑)。

これからまだ映画賞の発表はありますけど、特に日本アカデミー賞はテレビ中継があるので、ぜひノミネートされてほしいですね。
いつもは「ふ~ん」な気分でながら見ですが、ドキドキしながらガン見することになりそうです。

そして堺さんは今、映画とドラマで二つの役柄を掛け持ちで撮影されていますが、体に気をつけて年末までのりきっていただきたいですね。
来年もいろいろと楽しみが増えて嬉しいです。

| タルコ | 2008/12/05 11:14 | URL | ≫ EDIT

祝、助演男優賞二冠達成!!
素敵なことが続いてますね!嬉しくて仕方がないです。日刊のお写真とコメントも本当に素敵でした。この調子でアカデミー賞もとっちゃいましょう!

「フィガロジャポン」の記事も良いものでした。写真が格好良く、黒スーツをピシッと着こなし、洋書の古本を片手にカメラ目線の堺さん。笑顔ではなく、まっすぐな眼差しに、にまにましてしまいました。本と堺さんってどうしてこうも似合うんでしょうか。写真の上に「洗練された細みの黒いスーツは、ノーブルな表情の堺さんによく似合う。」とのコメントが。ノーブル!さすがフィガロジャポン。言うことが高級感あふれている感じがします(笑)
本の内容はほとんどが篤姫関連。1年通しての大仕事、というのを感じられる読書傾向でした。
まだまだ年末にかけて堺さん情報が出てきそうですね。がんばってアンテナを張りたいと思います。

| ちい | 2008/12/06 00:19 | URL | ≫ EDIT

>タルコさま
こんにちは。先日の『キネマ旬報』の「遅れてきた映画スター」ではないけれど、堺さんの存在感を生かす役にキャスティングされるまで、ずいぶん時間がかかりましたよね。でも、今はようやくその実力が認められて、ふさわしい役もどんどん来るようになり、いい時を迎えているなぁとしみじみ思います。私も例年はあまり映画賞の発表には興味がなかったけれど、今年ばかりはちょっと…いや、とても気になります(笑)。
以前に書いた、映画『パンドラの匣』の詳細がそろそろ発表になりそうなのですが、噂どおり堺さんが出演されているのかどうかが気になっています。11月18日から3週間ほど撮影していたので、役柄の掛け持ちはもっと多かったということになるかもしれません(↑もし出演されていたとしても、そんなに大役ではないようですが)。

>ちいさま
こんにちは。「助演男優賞二冠達成」うれしいですね!!
日本アカデミー賞は世間の注目度も高いのでぜひ取ってもらいたいところですが、去年の日アカは同年の他の映画賞とまったく違った方々が受賞されていたりするので(→日本の映画賞 http://www.geocities.jp/voltaren06/)、そう簡単ではないような気がします(←何を真剣に…/苦笑)。
「フィガロジャポン」の感想を早々にありがとうございました。ノーブル感のある雑誌の雰囲気にマッチしていらっしゃいましたね(笑)。とても詳しく紹介してくださったので、改めて記事にしなくてもよいくらいですが、私なりに思ったことを後ほどアップしたいと思います。
これから年末にかけて、もうひと波瀾、ふた波瀾ありそうでおちおちしていられませんね(笑)。

| えんみち | 2008/12/06 12:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/269-2a5a0b09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。