PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

氷の華 第一夜

今日(6日)は「氷の華」の番宣と第一夜の放送、山本耕史さんと中越典子さんがゲストの土曜スタジオパーク、松田翔太くんゲストのスマステなど、気になる番組がいろいろあって、やらなくてはならないことそっちのけで、一日中だらだらとテレビを観ていました。
堺さんがご出演ということを除けば、ドラマ自体には実はそれほど魅力を感じていなかったのですが、ストーリー展開も一筋縄ではいかないし、多彩なキャストの魅力もあって、かなり惹き込まれました。後半のCMが少なければ、もっと惹き込まれたと思うんですけど(苦笑)。
こんなに笑わない堺さんを見るのは久しぶりな気がします(Dr.コトー以来?)。回想シーンでは柔らかい表情も若干見られるものの、たいていのシーンは無表情か険しい表情をなさっていて…。個人的なツボは、寝室のシーンでメガネをずらして恭子@米倉涼子をじっと見ていたところ。メガネをはずす途中だったんでしょうか? ビジュアル的に可笑しくて、つい笑ってしまいました(その後のメガネを置くときの顔はすごく素敵なんですけど)。そういえば、番宣で思わず笑ってしまった「緊急手術」のシーン。なぜあんなに視線が落ち着かなかったのか、理由がわかってスッキリしました。


堺さん演じる瀬野隆之は、「ハンサムで人当たりも良く、女性スタッフの憧れの的」という設定。女性スタッフにキャーキャー騒がれているシーンこそありませんでしたが、関口真弓のアパートから出てくる隆之を目撃したアパートの住人@平岩紙に「イイ男だったから印象に残っています」と言われていて、そうかそうかーとにんまり(←でも、つい突っ込みを入れてしまう)。
「外科医の夫・隆之と何不自由ない幸せな日々を送っていた恭子」というから、てっきり恭子と隆之は(少なくても表面上は)仲のいい夫婦なのかと思ったら、ドラマの最初から冷え切った関係だったのが少し意外でした。それでも、隆之はすぐに殺されて退場…(涙)ということもなく、それどころか、事件の鍵を握る重要な役どころのようで、この先の展開が楽しみです。隆之が胸の内に何を秘めているのか、長年積もったどんな思いが「ほとばしる」のか、注目ですね。

| 氷の華 | 04時13分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

こんばんは。

えんみち様こんばんは!
氷の華、面白いですね!
堺さんの瀬野隆之も目が離せない役どころで・・。
もうすぐ第二夜!
これで完結になると思うと楽しみでなりません。
私もメガネをずらして恭子を見ているシーン。
笑ってしまいました・・^^;
恭子が笑わないで真面目な顔だったのも、
おかしくて。(笑)
今日はおお!っというシーンはある事に期待したいですね。

| tama | 2008/09/07 20:53 | URL | ≫ EDIT

今日は別の意味でおおっ!というシーンでしたね(笑)。
なぜ川原亜矢子さんだの米倉涼子さんだののスタイル抜群系やら
高岡早紀さんのようなダイナマイト系の方だのとからむことになるんでしょうか(爆)。
もっと小柄なきゃしゃな女優さんはいくらでもいるでしょうに...。
でもやっぱり今回はメガネが敗因な気がします(キッパリ)!

| quimico | 2008/09/08 00:43 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/09/08 06:57 | | ≫ EDIT

>tamaさま
こんばんは。たしかにおおっ!というシーンはあったのですが、quimicoさんがおっしゃるように、違った意味でのおおっ!でしたね(笑)。堺さんの良さがあまり生きていなかったのが残念でした。ストーリーも後半は予想外の展開がなく、しかもあまりスッキリとしない終わり方で。tamaさんの感想に、同感です。

>quimicoさま
こんばんは。高岡早紀さんとのバランスが今ひとつでしたねー。とてもかつての恋人という感じはなくて、ラブシーンも襲われている感じだし(酷)。私はあのメガネは堺さんには似合っていると思うのですが、ドラマではあまり効果的に使われていませんでしたね。せっかくの目の演技が隠れてしまって残念でした。

>こんばんは。私もラブシーンでは、思わず「頑張れ~!」と言ってしまいました(笑)。まあ、ファンとしては、そういう慣れていないところがまたいいのですが、ドラマとしては別問題ですからね(苦笑)。主役の恭子@米倉涼子がどんなに罪を重ねても、それに対して同情や哀れみの感情がわくようにつくられているのに、隆之には何の救いもありませんでしたね。ファンとしては十分楽しめましたが、作品としてはもう少しだったかなあ。

| えんみち | 2008/09/09 01:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/229-77b15e93

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。