PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラエティ番組まとめ(その2)

いま約80人の子どもたちと北海道でキャンプ中のジャッキー(←お仕事です)。すると、なぜか食事や飲み会のお誘いが増えて、ブログがちっとも更新できず。ええと、夫の留守中に羽目を外して飲んだくれているわけではありませんので、念のため(笑)。そんなに気を遣わずとも、普段からもっと声をかけてねー。さて、バラエティ番組ご出演の感想の続きです。


⑤笑っていいとも!/テレホンショッキング(7月21日)
・スタジオに届いたお花の数々。紹介者の糸井重里さんをはじめ、三谷幸喜さん、山本耕史さん、釈由美子さん、池田鉄洋さん、要潤さん、本郷奏多くん、宮崎あおいちゃん、大泉洋さん、鮎川誠さんと「ジャージの二人」原作者・長嶋有さん、同じ事務所の永作博美さんなど。池田さんのお花は、「やけっぱちになっていませんか? 大丈夫ですか? 大事な友達ですから」のあと、堺さんが後ろ向きになったときの角度でようやく発見。香取慎吾さんと固い握手を交わした話といい、共演者といい関係が続いている様子が窺えて何だかうれしいですね。それにしても、放送からかなり経つというのに、ヒミ花組のここまでの団結は…何かあるのかな?(←淡い期待)
・新選組の史跡巡りの話も、北軽井沢=嬬恋でのロケの話も、100人アンケート(北軽井沢に別荘を持っている方)も、今ひとつ盛り上がりに欠けた感じは否めませんが、まあ、贅沢を言っちゃあいけないなぁと(笑)。ジャージの撮影について、「みんなこんな格好(ジャージ)して、20人くらいの大人が山奥でもそもそもそもそ…」というところと、高橋英樹さんと電話で話すときに妙にかしこまっていたところが可笑しくて。「ちょっと先輩で緊張するのでタモリさんに代わります」と言った後のニコニコ顔も可愛いかったし。高橋さんの「いいともぉ~!」はさすがの貫禄でした(笑)。

⑥徹子の部屋(7月21日)
・テレビ界、演劇界の大御所である黒柳さんを前に、ちょっとかしこまった感じの丁寧な受け答えが好印象でした(←この番組の視聴者層に受けそうな)。こういう改まった服装のときはポケットチーフがアクセントになっていることが多いような気がするのですが、珍しくフラワーホールに宝石(?)の付いたシルバーのピンブローチをなさっていましたね。
・黒柳さん、篤姫と家定がお餅を食べながら泣き笑いするシーン、本当にお気に入りなんですねー。テレビドラマ(史)に残る名場面とまで言って下さって。それに、どうやら「新選組!」よりは「オードリー」のほうが印象に残っていらっしゃるようで、そのあたりがはっきりしているのが面白かったです。「浮世絵のようなお顔」という表現は、言い得て妙というか。五つ並べをしたりする寝所のシーンはまさにそんなイメージ。
・カベムシ、森の鹿5、イソギンチャクという、幼稚園時代の役について深~く掘り下げてくださったおかげで、今まで断片的だった話がつながった気がします。カベムシについて「図鑑で調べたら載っていなかった」という小難しい園児を相手に、「糸をはく謎の節足動物」という結論に至るまでとことん話し合ってくれた先生、いい方ですよねー。ちなみに、私はこの話で「蜘蛛6」にされちゃったバージョンも聞いたことがあります(←それを言うなよ/笑)。
・ファンの間では有名な「タンポポのおひたし」(別名:タンポポ小鉢)の話。「フランスなんかではサラダにしますもんね」とは、さすが世界の食に通じた(?)黒柳さんならでは反応。堺さんも今までにない反応に少し面食らった風でしたし。タンポポをドーナツと一緒に召し上がっていたという話は初耳かも。それに、「早稲田のプリンス」が役名からきているという話も、今回の一連のバラエティで初めて出てきたような。うまいことかわしているな~と感心しきり(笑)。とにかく、昔のことを根掘り葉掘り訊いてくださって、ありがとうございました。黒柳さん。

| テレビ | 02時03分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ご無沙汰デス。

終わりましたね。堺week(笑)ファンになって〇年、こんなに贅沢な事は無いですよ!・・・まぁ、俄かファンからヲタに華麗に変身したのは、つい最近なので(苦)熱心な方にすれば、もっと、あったのかな・・・。まず、とてもいたたまれない感じで待っていたのですが(苦)、意外に旨くいき(失礼な)、善かった、善かった(笑)
どの番組も外しなくといった感じでした。
そして、またもや、徹子の録画失敗(ノд-。)ジャージの予告&徹子サンのジャージ姿が・・・orz(笑)
餅のシーンごり押しと浮世絵が面白かったですが、何より最後の『(篤姫を)愛していらしたんでしょう?』に対し、少し感慨深げに『・・・ええ。そうですね。』と言われた堺サンが素敵な杉!!家定、降臨だと(´∀`*)
何冊かのインタビューで、憑依役者ではないと、コメントされていましたが、アタシは目撃者のような気分になり幸福でした・・・録画失敗が悔しくてなりません・・・(T_T)

| 羽流 | 2008/07/31 02:21 | URL | ≫ EDIT

今日発売の『女性セブン』に堺さんが載ってましたね!
友人から『吊り広告に「愛されグラビア」「競争率20倍のトーク」ってあるよ』とメールを受け、書店へ駆け込みました(笑)
そして、表紙を飾る堺さんを発見!記事内容はこの間の九州での『篤姫トークショー』がメインでしたが、最初に『堺雅人クロニクル』と称して何枚かのお写真が。余計なコメントがついているものもありましたが(苦笑)週刊誌の表紙と巻頭グラビアをこんな爽やかな内容で飾る方も珍しいのでは、とにまにましてしまいました。この人気が続くよう頑張って応援していきたいですね。

| ちい | 2008/07/31 22:47 | URL | ≫ EDIT

>羽流さま
こんばんは。『篤姫』の感想が途中になっていてスミマセン(汗)。もしかして、羽流さんが待って下さっているのではないかと思いながら、怒涛のジャージ攻撃でタイミングを逃し、その後は気力がなかなか充実せず…。でも、自分でもなんとなく中途半端で終わっているのが気になっているんですよね~実は。
堺さんご出演のバラエティ番組、それぞれに面白さや良さがありました。「ご心配でしょう?」「(篤姫を)愛していらしたんでしょう?」というのは、黒柳さんにしかできない質問でしたね。堺さんも「そうですねぇ」と答えていらして、確かに一瞬家定が乗り移ったかのような、とても素敵な瞬間でした。

>ちいさま
こんばんは。私も『女性セブン』はかなり早い時間にゲットしました。表紙を見てまず驚き、すぐに電車の中から知り合いにメール(笑)。会社で親しい同僚に見せたら、「いったいどこまで行くんだ、堺雅人は」と唖然としていました。先日『サンデー毎日』に載ったときに、次なる目標は女性週刊誌か…と密かに企んでいたのですが(笑)、こんなにも早く実現してしまって、しかもグラビア見開きという破格の扱いに驚いています。本当にどこまで行っちゃうんでしょうね~?

| えんみち | 2008/08/01 01:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/214-637cd23a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。