PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アエラ&ダ・ヴィンチ

先週数多くの堺ファンを右往左往させた問題の『アエラ』がようやく発売(6日)。「映画でつくる折れない心―あの人も救われた夏休みおすすめ24本―」という記事の中に、筧利夫さんや桃井かおりさんとともに写真入りで掲載されています。おすすめの24本の中に『壁男』と『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の両方が入っているのは結構うれしい。とくに『壁男』は、知名度アップで上映館が少しでも増えてほしいところです。
同日発売の『ダ・ヴィンチ』では、「気になるあの人の気になる一冊」というコーナーに掲載されています。堺さんの気になる一冊は『思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界―』(岩宮恵子著、新潮文庫)。『壁男』の撮影の際、堺さんが札幌の滞在先に持参したのは『羊をめぐる冒険』や『ダンス・ダンス・ダンス』など大量の村上春樹の作品だったそうですが、それらの物語をさらに深く読み解くために、同書にたどりついたということなのでしょう。
『アエラ』と『ダ・ヴィンチ』のインタビューに共通するキーワードは「フィクション」。これまでフィクションについては“嘘っこ”という気持ちが強く、ノンフィクションの方が好きという趣旨の発言が多かった堺さんですが、今回の一連のインタビューではフィクションの効用を説くなど、かなり前向きにとらえている様子。そのうち、TV naviのエッセイで取り上げられそうなネタですね(笑)。

さて、8月1日から配布されている(らしい)ヴィレッジ・ヴァンガード・プレス。自宅近くのイオンに入っているので、ついつい油断して4日に行ったら、すべて配布し終わったそうな(TwTlll)ガーン
店員さんの話によると、店内に置いてある店と商品と一緒に袋に入れる店と2種類あり、店によってはまだ残っているかもしれないというんですが…。「確かに載ってましたよ♡やさぐれぱんだ」って言われても、余計に悲しみが増すばかりです。幸運にも入手された方、どんな記事だったか、教えてください~。

| 雑誌 | 08時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/20-eb84791b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。