PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンに至るまでの道

堺さんのファンサイトや応援ブログをチェックするのが日課になりつつある今日この頃…。以前は「新選組!」からのファンの書き込みが圧倒的でしたが、最近になってようやく、私と同じようなヒミツの花園からの後発ファンの書き込みが増えてきたように思います。後発ファンは知識は少ないけれど、堺さんにかける情熱や勢いに関してはほんの少し分があるかもしれませんね。
今日は、私が堺さんを知ってから怒涛のファン生活に突入するまでの経過について少し整理をしてみたいと思います。


私の最初の記憶にある堺さんは、ちょうど一年前に観た映画「ハチミツとクローバー」です。なんでこんなに最近になってからなのよ~!と自分自身に腹が立ちます。堺さんもこれだけいろいろ出演しているんだから、過去に一つくらい偶然に見ていてもよさそうなものですが、出演作のタイトルと記憶を丹念に照合してもまったく合うものがない。よっぽど縁がなかったんですね…( _ _ )..........o
悔しいのは、まわりの人のほうがよっぽど過去の出演作を見ているということ。「この人、NHKのシルクロードの番組に出てたでしょう」(なんでそんなマイナーな番組見とるんじゃ!)「釈ちゃんや根津さんと婚外恋愛に出てたでしょう」(DVD化されてないから見れないのにずるい~!)「キムタクのドラマに出てたよね。たしか小雪といっしょのホームで…」(まだ見てないんだから、ストーリー言わないで~!)
さて、気をとりなおして、「ハチミツとクローバー」に話を戻します。原作とアニメが大好きだったので、初日(2006年7月22日)に観に行きました。映画の感想については、別の機会に譲りますが、パンフレットを見て、修ちゃんと真山くんがわずか1歳違いという事実に驚き、意外と若い役者さんがやってるんだなあと思った記憶があります。でも、このときは「堺雅人」という名前はほとんど意識していませんでした。
次のステップは、「Dr.コトー診療所2006」の鳴海先生。ドラマ自体に興味があり、全話欠かさず観ていました。最終回での植物状態の奥さんのエピソード、手術室でコトー先生を怒鳴って正気に戻すシーン、手術後コトー先生に本音をぶつけるところなど、いつもクールな鳴海先生が初めて見せた人間らしい一面がとても印象的でした。このドラマの2~3話のとき(まだ、「電話の人」だった)、ジャッキーに「この人って、修ちゃんやってた人だよね」と言われて、はじめて鳴海先生と修ちゃんが結びつき、まったく違うタイプを演じ分けられる役者として、「堺雅人」の名前がインプットされたのでした。
そして、ちょっと気になる役者から、いま一番ホットな役者へと一気にレベルアップした作品が「ヒミツの花園」。初めはちょっとついていけなかった真矢みきのコメディエンヌぶりに慣れてきた頃、知らず知らずのうちに航兄の動作を目で追いかけ、はっきりしない態度に「じれったい~」「はっきりしろ~」と身もだえしている自分を発見し…気づけばすっかり虜(とりこ)になっておりました。本当に航兄はストライクゾーンど真ん中といっても過言ではありません。
実は、このクールのドラマは「拝啓父上様」「花より男子2(リターンズ)」「華麗なる一族」などいろいろありすぎて、リアルタイムでは見ていなかったのです。でも、一応気になる作品ではあったので、ハードディスクに全話録りだめしておりました。そのまま消去してしまったかもしれないと思うと空恐ろしい~! これを見るか見ないかが運命の分かれ道でした。1話も欠かさず録画しておいてくれたジャッキーにも感謝です。

| その他 | 23時30分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

はじめまして!

はじめてコメントいたします(^^)
実は私も『ヒミツの花園』から、どハマリした者です♪
記憶を辿れば『婚外恋愛』あたりから(個性的な顔の役者さんだなぁ)と名前と顔はインプットされてたものの、特に意識する程ではありませんでした。
ところが!去年の春、電撃的に恋に落ちた一般男性が、ある俳優に似ていて……。誰だっけ?と考えた時に、その頃『ヒミツの花園』のCMで見かけた堺雅人さんにそっくり!という事に気付き、第一話から欠かさず観るようになり、一気に堺雅人ファンの出来上がりという訳です(^^;
かなり不純な?きっかけではありますが、堺雅人さんの演技や声、全てがとても好きで、これからも応援していきたいと思います。
えんみちさんのブログは、堺さん情報がとても詳細まで書かれていて、本当に参考にさせていただいてます。過去の出演ドラマ・映画も、えんみちさんのお陰で全て観てみたいという気持ちになりました。
これからもえんみちさんのブログ楽しみにしております(^^)

| blankee | 2008/01/06 08:39 | URL | ≫ EDIT

>blankeeさま
初めまして! すみません、昔の記事にコメントをいただいたもので、発見が遅れました(笑)。この記事にあるように、堺さんを知った時期が非常に最近なもので、過去の作品の記憶があるblankeeさんがとてもうらやましいです。それに、堺さんにそっくりだという一般男性の方、ぜひ紹介していただきたいです…なんて(笑)。私も堺さんのルックスや声や演技、その他もろもろひっくるめて大好きです! 今年も堺さんの活躍を応援してまいりましょう。今後ともよろしくお願いいたします。

| えんみち | 2008/01/07 00:29 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!!
雅人さん出身地の宮崎に住んでます24歳の雪花と申します**
篤姫から雅人さんにはまった新参者で、えんみちさんのブログでいろいろと勉強させていただいています*

えんみちさんのファンになった経緯が書かれている記事を今日初めて読みまして、どのタイミングではじめましてを書こうか悩んでいたんですが思い切ってコメントしてみました。どきどき

私の出逢いは鳴海先生でした。演技に惹かれてはいたもののそのときは特に気に留めることもなく。ハチクロを友だちに借りてDVDで見たときも同様。
そこから篤姫が始まるまでの期間に母親から「このひと宮崎出身の俳優さんだよ~。○○(弟)の担任の同級生なんだって」と聞き、これまたへーと思っただけだったんですけどそこではっきりと「堺雅人」が認識されました。笑

そして、偶然観ることに決めた篤姫が始まり、家定様に深く深くはまってしまいました。もう抜け出せないぐらい深くまで...笑

えんみちさんよりファンになるのはずいぶん遅れましたが、少し経緯が似てるな~と思って長文になっちゃいましたけどコメントさせていただきました*
今後も愛読させていただきます。コメントもさせてください☆

| 雪花(せっか) | 2009/01/25 16:57 | URL | ≫ EDIT

>雪花さま
初めまして。コメントをありがとうございます。某SNSでお名前をときどき拝見しております。コミュニティにも関心があるのですが、これ以上手を広げると生活が破綻しそうなので(苦笑)、活動はとりあえずこのブログに留めておこうかと。
ファンに至る経緯(鳴海先生と修ちゃん先生が伏線にあったけど、そこではヒットしなかったというあたり)が似ているそうで、光栄に存じます。雪花さんは、堺さんと地元のつながりをお持ちなのがなんともうらやましい…!!
コメントをいただいたので、久しぶりに記事を読み返しましたが、「後発ファンの方が…分がある」とか、なんてこと言ってるんだ!と自分にダメ出し(苦笑)。これからも試行錯誤、紆余曲折あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします(^ー゚)ノ

| えんみち | 2009/01/27 00:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/2-ecdebae6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。