PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篤姫 第25回「母の愛憎」

このところの徳川家定=堺さんへの注目度は、大ブレイクとまではいかないまでも(←謙虚)、かなりのものではないかと。先日(20日)「日刊ゲンダイ」に載った記事が、本日のYAHOO!トピックスに掲載され、おかげで数人の知人からメールをもらいましたよ(笑)。「なんだかメジャーになりつつあって、ちょっと悔しい感じ?」(by 34歳男性)いーえ、もっと評価されてメジャーになっても罰は当たらないと思っていますよー(笑)。
その記事には「いまや“ヒットの陰に堺あり”といえるほど」「演技では宮崎以上に評価されているのだ」「ほとんど“主演男優”といっていい」などと書かれていて、背中がむずがゆいような、でもちょっとニヤけてしまうような(笑)。また、ジャッキーが愛読している“週アス”こと「週刊アスキー」にも、家定様がご登場。Wikipedia検索ワードランキングの第2位に「徳川家定」がランクインし、将軍姿の堺さんの写真入りで紹介されておりました。小さい記事とはいえ、なんだかうれしいわ~。


さて、昨日の「母の愛憎」。久々に大泣きしました。・°°・(>_<)・°°・。
家定の体を心配するあまり、篤姫と家定が会うのを妨害しようとする本寿院。「上様を思う気持ちに嘘はありません。慶喜を推すためではなく、妻として上様にお会いしたい」と本寿院に直訴する篤姫。「妻としてだけでなく、一人の女子として上様にお会いしたい」と自分の本当の気持ちに気づく篤姫。「みーだーいーはーどーこーじゃー!」と地団駄を踏んで篤姫に会いたがる家定。本寿院にこれまで育ててくれたことへの感謝を述べ、自分はもう大人になったのだと宣言する家定。そして、篤姫を探して、ついに家定が篤姫の部屋に…!

家定 久しぶりじゃのう、御台。
篤姫 (へなへなと座り込んで)…はい。
家定 そちが来ぬので、儂が来たぞ。
篤姫 上様…。
家定 そちがおらぬと面白うない。まるでこの世から、色が消えてしまったようじゃ。
篤姫 (微笑んで)私もにございます。
家定 (微笑んで)そうか。儂らは気が合うのう。
篤姫 …はい。

こんなスイーツな展開で泣くなんてと思いつつ(←へそ曲がり)、「久しぶりじゃのう、御台」からダーッと号泣です(ToT) クライマックスに向けてこんなに丹念にエピソードを重ねられちゃー敵いませんって(笑)。
考えてみると、周囲の反対で会うことを邪魔されていた二人が、ようやく再会を果たしてお互いの気持ちを確かめ合うという、極めてオーソドックスな展開なんですけど、上様という特異なキャラによって、よくありがちなラブストーリーとは一味違うものになっていますよね。しかし、あんなに子どものように駄々をこねた後、今度はすっかり2枚目の顔になって篤姫と見つめ合う、これを連続した流れの中で、何の不自然さも抱かせずに演じることのできる堺さんってやっぱり本当にスゴイと思います。もう家定を演じるのは堺さん以外に考えられません!
今回はまた、正助@原田泰造とフク@真野響子のエピソードにも心打たれました。熊本藩家老との会談で席を外すように言われ、悔しさに打ち震える演技などは素晴らしかったと思います。ただ「おいは今日から鬼になりもす」でかかったロック調のBGM(新曲?)にはびっくり。思わず、篤姫と家定の再会シーンで溜まっていた鼻水を一気に噴きましたよ(←汚いって)。なんといいますか、シーンに溶け込むというよりは浮きまくっている、斬新でインパクトの強いBGMがときどきかかりますよね(笑)。←とかいいつつ、意外と嫌いじゃないんですけど。
番組ラストの、家定の手がパサッとかかるシーンもいいですよねぇ。おずおずと手を重ねる篤姫の何ていじらしいこと。次回の予告では、もっと接近しているカットがありましたが、どういうシチュエーションなんでしょうか。ああ、気になります~!!

| 篤姫 | 00時21分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

こんばんは☆

えんみち様こんばんは☆
今回の篤姫!本当に良かったですね☆
感動しすぎて、見終えたら何も手に付かなくて;
えんみち様のツボと同じで、
思わず「そうそう~!」と頷いてしまいました。
家定役は、堺さんしかおりません!
本当にかっこよかったです~☆
(*^_^*)
大久保さん@原田さんのBGM気になりましたよね。
あのシーンで、私も急に我に返ってしまいました(笑)
篤姫が江戸に向う時のBGMもロック調だったような…。
今回の大河は斬新なんですね♪

| tama | 2008/06/24 01:24 | URL | ≫ EDIT

えんみちさんこんにちは。
ゲンダイの記事、同じく嬉しくもあるんですが読んでてむずがゆくなりました(笑

今回の篤姫。「あぁ私ってスイーツだったんだ…」と思いつつも号泣です。本当にこれは堺さんならではですね。この人だったから、この展開がしっくりきて、本当に家定が堺さんで良かったなぁと感じました。

正助とフクのエピソードも良かったです。泰造さんがこんなに熱演されるとは!最初はネプチューンか。とか思ってった自分を叱りたい(苦笑)ロック調の音楽にはビックリして吹いちゃいましたが、段々この篤姫のちょっと不思議?なBGMと入りに近頃はキタキタ!って思うようになりました(笑
あぁ来週も目が離せませんねー。

| コタロウ | 2008/06/24 08:26 | URL | ≫ EDIT

>tamaさま
こんばんは。このところの堺さんの人気はすごいですね~!
昨日、拙ブログへのアクセス数が500を超えまして、こんなことは初めてなので、ちょっと恐ろしくなりました(汗)。ウワサによると、mixiの堺さんコミュへの加入者数もうなぎ登りだそうですし、今日のnaviでは、バラエティ番組へのご出演も決まっておられたし…。待ち望んでいた波が本当に来ちゃったんでしょうか!?
一昨日の篤姫、感動しましたね。ただでさえ胸がときめく展開なのに、相手役が堺さんなんですよ!(笑) 家定が廊下の御簾の下に現れた瞬間から、もうクラクラしちゃいました。今回の大河は、演出といい、音楽といい、なかなか斬新ですよね(^ー^* )

>コタロウさま
こんばんは。最近、ときどきコタロウさんのブログをのぞかせてもらっています。「篤姫」も「恋愛新党」も雑誌もきちんと網羅されていてすごいな~と感心しきり。
今回の「篤姫」、どうしたって泣いちゃいますよね(笑)。ここで泣くなんて、脚本家や制作サイドの思うツボじゃん!と思いつつ、涙を抑えることができませんでした。こんな素敵な作品に出てくださって、堺さん、本当にありがとうー!と心から思いましたよ。
以前からやたらと大げさなBGMが気になっていたのですが、今回のはセリフに合わせて曲を止めたりと、かなり意識的に使っていたので、余計に印象に残りました。…といいつつ、私もおもしろい曲がかかると、キター!って喜んでいるんですけどね(笑)。

| えんみち | 2008/06/25 01:56 | URL | ≫ EDIT

きたきた!

高畑サンのスタパで観てしまったので、悔しい限りのシーンもしかりでしたが(苦)『久しぶりぢゃのう~』からもう、なんか篤姫気分で、隣の旦那様がドン引きでした(笑)
あのシーン、躰は触れ合わず、心が触れる…あぁじれったい、肩にくらい手を置いてやりなさい、家定!と(笑)でも、触らずしてあのラブシーンを魅せるのは、堺サン、素敵だ!と改めて感動しました(*´ -`)本寿院様をあしらう感じの前半のやりとりや、仏間のシーン、滝山に『…案ずるな…と、御台に伝えよ。』等、堺サンの口調が好きな臍曲がりですが(冷たいけれど、突き放さない感じ)本寿院様にお礼を述べてるシーンは、ホントに家定様が、独立するという、気遣いの優しいけれど、突き放した凜とした口調に寂しくなりました(裏、本寿院気分??)
大久保サンと母のシーンのBGMは某劇団の幕末モノの演劇で、転調する時に使われる曲に似ていて、何だか大河を観ているという感じでは無かったですが、好きです。
時代が動き出したぜぇ!みたいな(笑)最後の触れる手も、小学生かっ!と言いたくなる感じで照れましたが、それよりもっ、寝顔まで笑顔…喜怒哀楽だけぢゃぁありませんよ、じゅんサン!みたいな(笑)興奮冷めやらぬ回で御座いました。

| 羽流 | 2008/06/25 02:16 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。
まだ家定熱を引きずりつつ(笑)読ませて頂きました。
もう、えんみち様のおっしゃる通り!
上様が篤姫に会いに来るシーン、本当に一見ありがちな…っていう感じなのに、何かが違うんですよね。これはきっとあの二人だからこそなのでしょうね☆
そしてそのシーンでの台詞が良い!!
思い返す度に「あー、あんな事言われたいなぁっ!」なんて考えてます(笑)
 
泰造サンも素敵でした!ぞくぞくしてしまって、思わず巻き戻し(笑)これから注目すべき人物がまた一人増えました!
 
次回予告での篤姫・上様が 非常に気になりつつ(笑)この辺で…
来週のレポ(?)も楽しみにしてます♪

| ちょめ | 2008/06/25 06:48 | URL | ≫ EDIT

久しぶりのカキコです!
第25回、素晴らしくよかったです^^個人的には橋の上で篤姫キャッチよりも、キターーー!!! という感じになりました(笑)リピしすぎてテープが痛まないか心配です(未だにVHSなので;)大久保親子のBGM、気になったのは私だけではないはず!?と思っていたので、同じ思いの方がいらっしゃって安心しています(笑)
なんだかいろいろTV番組に出演なさるようですね、大変嬉しいです。あ~、録り逃さないように早くビデオテープを買ってこなければ!笑

| さく香 | 2008/06/25 08:35 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!
二度目の書き込みです。
前回の放送は、本当に胸キュン(←死語?)でした。
上様~!!!私の所にも会いに来て下さい~!

前回、書き込みした時に、長野では「アフタースクール」も「クライマーズハイ」も「ジャージのふたり」も上映されない・・と嘆いていたのですが、ようやく「アフタースクール」が7/5~上映されることになりました(^o^)/
「クライマーズハイ」も、同じ日に上映開始で、ワクワクしています!!
この調子で「ジャージのふたり」も来てくれないかなと・・。

ところで、堺さんがバラエティー番組に出演されるのですか!?よろしければ、情報を教えて下さい。皆さんは、どこで、情報をゲットされているのでしょうか?よろしくお願いします。

| ゆさげん | 2008/06/25 19:04 | URL | ≫ EDIT

>羽流さま
こんばんは。記事には書きませんでしたけど、「ご勝手になさいませ」という言い方とか、私も大好きですよ~(笑)。うちも、家定と篤姫の再会シーンが終わったあたりで、私の号泣後の顔を見たジャッキーが本気でびびってました(やや引き気味で…/笑)。やはりあそこは“女子のハートわしづかみ”のシーンかしら。

>ちょめさま
こんばんは。身分の高い将軍と御台所の恋愛という特殊性、それに上様の複雑で特異なキャラによって、ありきたりでない世界になっていますよね。また、怒りと笑い(自嘲)が入り混じった原田さんの演技に、思わず見入ってしまいました。お笑い出身とか、そういうことって関係ないですね。

>さく香さま
こんばんは。私もこの先何度も繰り返し観てしまいそうなシーンでした。でも、あそこで感動するためには、そこに至るまでの状況の積み重ねが重要なので、結局25話を繰り返して観ることになるかも(笑)。メレンゲとチューボー、久々にバラエティの貴重な映像ライブラリーが増えそうでうれしいです。

>ゆさげんさま
こんばんは。今回の放送を観て、上様が探しに来てくれる妄想を抱いた人は結構いるんじゃないでしょうか(笑)。「アフスク」&「クラハイ」の上映が決まって良かったですね~! 7月5日は“祭り”ですね(笑)。バラエティの情報、本日の記事に載せましたので、ご参考までに。

| えんみち | 2008/06/26 02:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/196-0b0c74f9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。