PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本映画magazine

昨日(7日)は午後から仕事でしたが、午前中は新宿ジョイシネマで『アフタースクール』4回目を鑑賞(笑)。予告1本目が『ジャージの二人』で「おお~!」と喜んでいたら、なんと2本目も『クライマーズ・ハイ』で大興奮! これを観ていた観客(堺ファンを除く)は「堺雅人、ずいぶん出てんなー」と思ったことでしょう。昨年の夏頃、「がんばった」甲斐がありましたねー。
今回の『アフスク』は、ノベライズ本を読んで臨んだので、昭一郎さん(←山本圭)や甲斐さん(←ムロツヨシ)など、脇の方々の名前を思い浮かべながら鑑賞。そうそう、木村@堺さんが再び登場するシーン、VネックTシャツの下がトランクスだったと聞いて、それも確認(←おまいは変態か!/笑)。
さて、6日に発売された『日本映画magazine』。『クライマーズ・ハイ』の堺さんと原田眞人監督の対談(カラー5P)のほか、『ジャージの二人』の中村義洋監督のインタビューもあり。対談相手が原田監督のせいか(?)、いつもと違った少しクールな雰囲気の写真。こういうのも良いですね~。「いつもヘラヘラニヤニヤしてるやつだな(笑)。でも芯に強いものがあるなあ」と思ってオファーとしたと原田監督。スケジュール調整がかなり難しかったらしく、堺さんの熱心なアプローチがなかったら、他の人に代えていたかも…と聞いて、「えーっ」と驚く堺さん(笑)。
総勢50人にもおよぶ編集局のシーン、言葉の“殴り合い”のシーン、「父性を乗り越えていく」というテーマなど、作品の見どころもしっかり紹介されています。個人的には、堺さんの「新聞記者っていう職業の人が本来持っている、一匹狼と組織人という感覚の同時性」という表現に感心しました。


◆雑誌掲載情報

6月12日 BAILA
6月12日 野生時代→表紙&Cover Interviewに登場
6月19日 CUT
6月19日 女子に映画
6月24日 SPA
6月24日 TV navi
6月28日 パピルス
7月 2日 ステラ
7月 5日 ダ・ヴィンチ
→『ジャージの二人』公開記念対談。長嶋有×長嶋康郎(長嶋有・父)、堺雅人×羽海野チカ。アラーキー「裸ノ顔」にも登場。
7月 6日 PHPカラット
7月15日 ロケーションジャパン
→昨年の『壁男』に続き、再び登場。編集部ブログに感想が載っています。

※現在、把握できている分のみで完全ではありませんので、何卒ご了承ください。このほか、東京パノラマというフリーペーパーにインタビューが掲載されるという情報もあります。また、シネコンウォーカー、GAGA HEADLINEなど、映画館で入手できるフリーペーパーにも関連記事が載っているようです。

| 雑誌 | 16時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/189-5c8f276c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。