PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋愛新党! ♯09結婚式

本日(31日)は、井上和香・西川貴教主演の映画『コラソン de メロン』の初日舞台挨拶を観るため、お台場シネマメディアージュへ。西新井の舞台挨拶をファン仲間と鑑賞後、大急ぎでお台場に飛んで来たジャッキーと合流。1週間前の『アフタースクール』とちょうど逆のパターン。毎週こんなことばかりして、他にやることはないのか!と言われそうな、しょーもない“似た者”夫婦であります(苦笑)。
映画のほうは、素晴らしい出来!とまでは言えないまでも、主演の二人の魅力が存分に引き出され、ときどきクスリと笑わされたり、ほろりとさせられたりする、かわいらしい作品でした。二人のファンにはたまらないでしょうね。舞台挨拶のトーク、西川さんのしゃべりの上手さには定評がありますが、井上さんからも気の利いた発言がポンポン飛び出して、抜群に面白かったです。井上さんに対する好感度がかなり上がりました。
映画鑑賞後、パンフレットを買いに行ったジャッキーを待ちながらロビーをうろうろしていたら、なんと三谷幸喜氏とすれ違ってびっくり! 握手の求めに気さくに応じながら、ごく自然にロビーを歩いていらっしゃいました。『ザ・マジックアワー』の宣伝絡みでフジテレビに来て、ついでに映画館に立ち寄られたんでしょうかねえ。「『新選組!』のファンです!」とか言って、握手してもらえばよかったかしら?(笑)


さて、昨夜(30日)の「恋愛新党!」。すごく細かいことなんですけど、塚地秘書が用意した演説内容「女が犬を見てかわいいというのは(略)私自身がかわいいんですよというアピールだよ理論を、アインシュタインの相対性理論に基づいて…」。「相対性理論」は第3回で既出ですよね。そろそろ絡めるネタの選択肢がなくなってループに入ったか、塚地秘書(苦笑)。
今回、恋愛を邪魔するものとしてやり玉に挙げられたのは「結婚式」。ウエディングドレスや演出が女性の嫉妬心を煽り、男性を厳しく査定することにつながっていると批判。蛯原友里や押切もえによるデザインのウエディングドレスが映し出されたときの、「かわいいー!」という聴衆(=オッサン)の声に思わずプッ(笑)。
次なる批判の対象は、女性参列者同士の見栄の張り合い。結婚式のたびにドレスを買い替えたり、ヘアメイクアーティストをわざわざ結婚式場に呼んだりするなど、その競争はとどまるところを知らず、しかも男性がまったく眼中にないのが問題であると。ここで恒例の党首の実体験の紹介が…。

堺党首 先日、こんなことがありました。日頃から私におねだりしてくる、10歳年下のコケティッシュな女性にこう言われたんです。「来週友達の結婚式なんだ。だから新しいドレスを買ってほしいな」と。かわいい女性にかわいくねだられたら、私も買わざるを得ない。ドーンと買ってあげましたよ。
塚地秘書 何考えてんだ…堺党首。
堺党首 すると、彼女はその1週間後、こんなことを言ったんです。「また友達の結婚式なんだ。だから、新しいドレスを買ってほしいな」と。私もさすがに怒りましたよ。つい1週間前に買ってあげたばっかりじゃないか!と言ってやった。ま、結局買ったんですけどね」
塚地秘書 買ってあげたんかーい!(←髭男爵風)

「ドーンと買ってあげましたよ」という自慢気な感じとか、「ズバッと言ってやった」というエラそうな表情がたまりません! しかも、そのエラそうな態度が1秒ともたないのがいかにも党首らしい(笑)。そうか~党首はメッシー君(死語)なだけでなく、ミツグ君(死語2)でもあったんですね。でも、運転はあまり上手そうでないから、アッシー君(死語3)にはなれないな(酷)。
今回の結論としては、マサイ族の結婚式を引き合いに出しながら(笑)、「ジミ婚」を推奨。前回の「ゲートボール」よりは説得力があるのではないかと(辛口)。
アフタートークは、党首の「結婚願望」について。いろいろと噂があるなか注目です(笑)。塚地秘書の「党首は結婚願望はあるんですか?」という質問に、あっさり「あるよ」と肯定。「昔さあ、ばあやが欲しいなあと思っていたんだよ。『坊っちゃん』で言えば、清(きよ)のような、花の名前を知っていて、疲れたときに優しくしてくれるばあやが欲しいなあと思っていたんだけど、あれが今思うと結婚願望だったんだね」。
両親をはじめ周囲が誰一人として坊っちゃんを理解してくれなくても、この清だけは「あなたはまっすぐでよい御気性だ」とほめて、無条件の愛情を注いでいたんですよねえ。うーむ。知識が豊富で常に自分の味方になってくれる年上の女性ですね(←勝手に解釈)。勉強になります!

| 恋愛新党! | 04時57分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/06/02 09:40 | | ≫ EDIT

恒例の実体験の紹介というのは、あくまであの番組の中の台本に書いてある話であって、実際に堺さんがウエディングドレスを買ってあげたというわけではないですよね?(ごめんなさい。わかりずらい文章ですね。)

ひょんなことから、恋愛新党を見る機会があったんですが、あの番組は、女性向けの商品やサービスの宣伝をする番組だったんだって思いました。

堺さんが言うと買いたくなってしまいますよね(笑)

| ミサ子 | 2008/06/02 20:53 | URL | ≫ EDIT

>こんにちは。昨晩は久々の(でもないか…)酔っ払いでコメントレスが遅くなりました。スミマセン(汗)。
アフタートークの解釈は私の独断と偏見ですのでお許しを(とくに年上というあたり/笑)。雑誌などのインタビューでは、結婚願望はないとおっしゃっていますし、本当のところはどうなんでしょうねえ。
ファン活動に快く付き合ってくれる友人がおられて、よいですね。しかも、トークが面白い(笑)。聞くところによると、そういう妄想系のファンサイトもあるようなので、すでにネタにされているかも…です(うぎゃ~)。

>ミサ子さま
こんにちは。そうです、そうです! あくまでも党首キャラとしての実体験です。…こういうのは、実体験とは言わないのか? 紛らわしくてスミマセン(笑)。あと、堺党首が買ってあげたのは、ウエディングドレスではなくて、友人の結婚式に参列するためのドレスでした。あまり事細かに説明していないので、いろいろと誤解が生じてしまうかもしれませんね。気をつけねば…(汗)。
ミサ子さんのおっしゃる通りで、一見批判の対象にしているようで、実際はその商品やサービスの宣伝をしているという逆説的な番組です。たいていは「そんなんあるのー?」というようなビックリ商品ですが、やはり番組で紹介されると気になってしまいますよね。

| えんみち | 2008/06/03 12:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/185-fdb120b0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。