PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cinema★Cinema

本日(30日)は『Cinema★Cinema』の発売日。会社帰りに立ち寄った飯田橋の○○堂でゲット。なぜか映画雑誌のコーナーに置いてなくて、探すのにエラく時間がかかりました。店員さん2名も一緒になって捜索(え?)。一応「今日発売の…」と言っているんだから、新着雑誌のコーナーがあるんだったら、すぐそこを見てくださいよ~!(-_-#)  最後まであきらめないで探してくれたことには感謝しますけど…。
このところ、雑誌は「アフタースクール」ネタがずっと続いていたので、「クライマーズ・ハイ」の堤さんとの対談(カラー5P)はかなり新鮮でした。大泉さん、蔵之介さんたちとの爽やかなスリーショットとはまた違って、堤さんとのツーショットは落ち着いたオトナの雰囲気…。“同級生”と一緒にいるのと、“憧れの先輩”と一緒にいるのとの違いでしょうか(笑)。
対談の中身的にも、佐山らがボロボロになって墜落現場から戻ってきたシーンが順撮りではなかった(つまり想像力で演じていた)、「佐山役」は堺さんたっての希望だったなど、初めて知る内容があって面白かったです。また、対談を読んで、セリフの聴き取りづらい部分は、堺さんが言うところの“ライブ感”に起因するのではないかと思ったり…。映画のカットもかなり載っていますので、ぜひ書店で手に取ってみて下さい。


雑誌関連でいうと、この間に、『acteur(アクチュール)』や『TV navi』(7月号)が発売されましたね。『acteur』は大泉さんのロングインタビューの後に、3人の座談会が4ページ。正直、対談の内容も写真もどこかで見たような感じが否めず、このタイミングで読むにはちょっとインパクトが薄いかな~と…(汗)。唯一「おっ」と思ったのが、「アクターズ・データ」に載っていた吉武怜朗くん(←木村の中学生役)。大きな瞳が印象的な少年で、結構堺さんに似ていましたよね。
『TV navi』の方はといいますと、今月号のお題は「家」。引き続き「品とはなにか」について考察なさっています(ついに3週目に突入!)。写真はわりと自然な感じでよいのではないかと。プライベート・フォトは将軍の寝巻姿で、お目々ぱっちり(笑)。
今月号は、山本耕史さんのコーナー(ゲスト:服部隆之さん)が面白かったです。今の「篤姫」の音楽もなかなかよいですけど、やっぱり「新選組!」の音楽は心震える名曲が多かったなぁと、時々しみじみ思うんですよね。「新選組!」の思い出話や山本さんがJR貨物の「社歌」を歌った話など、興味深い内容が多くて…。それにしても服部さん、本当にすごい才能を持った方だと思います。

| 雑誌 | 04時41分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/31 08:46 | | ≫ EDIT

>mさま
いつもありがとうございます。基本的に夜型の私ですが、週末は翌朝の心配がないため余計にずれこんで、とんでもないことになります(苦笑)。
『TV Bros』が店頭に販売されていなくて取り寄せとは…しかも、届くのが今頃!?(なぜに九州版?)自分がいかに恵まれた状況にいるかということをつい忘れがちですが、そういうお話を聞くと、地方のファンの方は雑誌一つでも大変な思いをされているというのが非常にリアルに伝わってきますね~。
かなり主観が入っておりますが(笑)、これからも雑誌の中身の情報をときどきお伝えしますので、参考にしていただければ幸いです。

| えんみち | 2008/06/01 04:45 | URL | ≫ EDIT

やっとCinema★cinema入手しました!新鮮でしたねえ~。
対談って相手が違うとこうも違うのかと。ほら、アフタースクール3人のときと、あおいちゃんとのときと今回とそれぞれ全然違いますね。3人の時はリラックスしたかんじだし、あおいちゃんとの時はお兄さん風で気持ちSっぽいかと(爆)。

って話ではなくて、クライマーズ・ハイについてはまだあまり語られてないからおもしろかったですね。堤さんに対してちょっとかしこまった感じで。どの役が...って話、堺さんクラスでなおかつあの年齢のの俳優さんには佐山以外には選択肢ないんじゃないかと。しかし堤さんとワンセットって、どういう意味なんですかね?
クライマーズ・ハイ関連露出も増えるみたいですし、ほーらシナリオどおりになって来ましたよ(笑)。某SNSコミュニティのファンコミュ、毎晩数十人単位で参加者が増えていくのをチェックするのが最近の楽しみです(笑)。私も新参者のクセにー(爆)。

| quimico | 2008/06/06 00:12 | URL | ≫ EDIT

>quimicoさま
こんにちは。 私も「ワンセット」という言い方がちょっと気になっていたんですよね。堤さん=悠木という前提で好きな役を…ということ以外に、何か意味があるんでしょうかね? 
最近は多くの作品に出演されていて、対談相手も豊富なので、堺さんのいろんな側面が見られて楽しいですね。とくに、先輩の堤さんとの対談という、かしこまった様子はちょっと新鮮でした。あおいちゃんに対する遠慮のない言い方もよいですが…(笑)。
SNSのファンコミュのメンバーが着実に増えているようで何よりです(1万人突破も夢じゃない?)。それに、家定や恋愛新党のコミュもできているみたいで。
私も検索ランキングで堺さんや徳川家定(笑)が上位に入っていないかとか、篤姫の視聴率とか、アフタースクールの興行成績とか、つい気になってチェックしてしまいます。主に篤姫効果だと思いますが、注目度は間違いなく上がっていますね。でも、私たちの“大ブレイク”の定義はこんなもんじゃないんで(爆)、まだまだですよね!

| えんみち | 2008/06/06 17:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/184-28a94f68

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。