PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アフタースクール初日舞台挨拶 渋谷&豊洲[追加リンクあり]

昨日(24日)は『アフタースクール』をたっぷり堪能してきました。12時半頃、渋谷パルコパート3の8Fにあるシネクイントに到着すると、ロビーは開場を待つ人でごった返しの状態でしたが、普段から交流していただいている堺ファンの方々(10名近く)とお会いすることができました。1回目を観終えたばかり(つまり連続鑑賞)の方は、「堺さん、党首風でカッコよかった~!」と興奮冷めやらぬ様子。白いシャツに黒の光沢のあるジャケットというフォーマルな着こなしがビシッと決まっていたそうで…。観客入れ替えの短い時間に、情報交換や物々交換(DVDの貸し借り等)をバタバタと済ませて、劇場内へGO!


シネクイント2回目は、舞台挨拶が本編上映前で、ネタバレできないという事情が。TBSの青木裕子アナの司会で、最初に登壇者全員(内田けんじ監督、大泉洋さん、佐々木蔵之介さん、堺雅人さん、田畑智子さん)から一言ずつ挨拶があり、その後、①監督や出演者と共演した感想、②ここを観て欲しいというポイントなどの質問に順番に答える形で進行していきました。
堺さんは「本当に面白い映画なので、先入観を持たずに観てほしい」「今のわくわくした気持ちでご覧いただければ、きっと楽しめると思います」と挨拶。他の出演者の発言を聞いているときは、腕組みをしながら、うなずいたり、笑ったり、考え込むような表情をしたり。大泉さんの脱線気味のトークに「こんなことをやっているから、後から急かされるんですよ!(笑)」と突っ込みを入れる場面も。その他の質問については、「同級生とやっているような楽しい現場でした」「2回目(の鑑賞)ならでは楽しみがある」など、簡潔にまとめて答えられていた印象でした。あくまでもメインは大泉さんという、分をわきまえた感じが堺さんらしいなと。
大泉さんを生で拝見するのは初めてでしたが、テレビで観る以上にハイテンションで面白い方でした。司会者の質問を軽くスルーして、しゃべりたいことをしゃべりたいだけしゃべっていた印象!? 「この映画は途中で(頭の中が)まっくらになる」という内田監督の言葉に、「いま照明を見た人が多そうですけど、大丈夫?」と絶妙なパスを送ったり、「この映画を観て人に勧めないと、よくないことが起こるらしい」と捏造した街の噂をまことしやかに流したり(笑)。この方のおかげで、会場は幾度となく爆笑の渦に包まれました。“洋ちゃん”ファンがこれほどまでに多い理由がわかる気がします。
黒のシックなドレスに身を包んでいた田畑さん。真面目で模範的な受け答えの中に、たまにポロっと“天然トーク”が入るのが彼女らしいところ? 「ここを観て欲しいというポイントが絞りきれない」と言うべきところを、「ポイントといえるようなポイントはない」と誤解を招くような言い方をして、内田監督から「後で話がある!」と呼び出しをくらう事態に(笑)。なかなかオイシイところをさらっていました。

昼食をかきこんだ後、大急ぎで豊洲ユナイテッド・シネマに移動。ここでジャッキーと合流。本日のラストを飾る舞台挨拶の登壇者は、先程のメンバーから佐々木蔵之介さんを除いた4人。大泉ファンの中に堺ファンもちらほら紛れ込んでいたと思いますが、顔見知りの方には会いませんでした。本編上映後でネタバレOKのうえに、本日6回目の舞台挨拶とあって、大泉さんものっけから「ようこそー! 大泉洋特設劇場へ」とかなり暴走気味(笑)。
おそらく「思い入れのあるシーン」「お気に入りのシーン」を出演者のみならず、観客にも質問したのは、豊洲だけの趣向だったと思います。たくさんの方が挙手されて、大泉さんが自ら指名。ところが、指名された3~4名の方が挙げたのは、大泉さんの登場シーンばかり。こういう場で積極的に手を挙げる堺ファンは少ないんでしょうか? 私もやはり手を挙げられませんでした。堺ファンの存在をアピールする絶好のチャンスだったのに…(いくじなしでスミマセン)。
最後に指名された女性は、大変ユニークな方で、いきなり「大泉さんに手紙を渡すにはどうしたらよいか?」と質問。さらに「お気に入りのシーン」を聞かれると、「途中から来たからよくわからない」と平然と言い切り、その後「(大泉さんが)黒板を消しているシーン」を挙げる際にも、「大泉クン」呼ばわりして、会場は大受け! 内田監督も面白がって、「大泉さんのファンですよね(この方は)」とナイスな突っ込み。軽妙な切り返しで笑いを取りながらも、最後にはきちんとフォローしていた大泉さん、さすがでした。
ちなみに、堺さんが挙げられていたのは、中学時代の木村と美紀が出てくる回想シーン。「この映画には“謎解き”の面白さがあるが、“青春映画”の面白さもある。青春のほろ苦さや清々しさをぜひ味わってほしい」とコメント。神野先生が勤める中学校のロケは、茨城県牛久市内の中学校で行われたらしいのですが、私が通っていたのも茨城県の県南にある公立中学校だったので、まさにあんな感じ。下駄箱の並ぶ昇降口、ノスタルジーを感じますねえ(笑)。

関連記事
大泉洋“独演会”に蔵之介、堺らがダメ出し!?
『アフタースクール』初日爆笑舞台挨拶


「アフタースクール」舞台挨拶 個性派3人“舌好調”

| アフタースクール | 07時55分 | comments:11 | trackbacks:1 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/25 09:04 | | ≫ EDIT

川崎チネチッタ 舞台挨拶

私は川崎チネチッタの舞台挨拶に行って参りました。
映画は今回初鑑賞。どんな騙しが隠されているのかどきどきしながら拝見。いやぁ、もう本当によかったー(≧▽≦)
これは何回観ても楽しめる、最低でも2回観た方がいい映画だと思いました!
大泉さんが確かに主人公でしたけど、ある意味『木村』が影の主人公だと。本当に最初と最後でおいしくもっていく堺さんだと感心致しました(笑)

さて舞台挨拶ですが、内田監督、佐々木さん、大泉さん、堺さん、田畑さんが登場。

『川崎チ~ネチッタ!』と初っぱなからテンションがあがっている大泉さん。そして一言挨拶で『元気ですかーっ!?』といきなり猪木になる佐々木さん。二人のおかしいテンションに『こんな二人見たことない!』と突っ込む堺さん。内田監督も『この会場の人達はラッキーですよ。こんなに壊れてる二人が見れるなんて』と参戦。
5回目の舞台挨拶ということで、さすがに皆さんお疲れ気味の様子。おかしなテンションのままインタビューがスタート。

『鑑賞後だから言えるネタバレ見所ポイントは?』という質問に大泉さんは『神野先生の格好いいポイント』を何度も繰り返し(あまりにもしつこいので堺さんが肩を叩いて止める)、佐々木さんは『元気ですかーっ!』と猪木キャラのまま会場と一緒に『だーっと!』と手を挙げ、それに耐えきれず舞台上で思わず後ろを向いてしまう堺さん。どうも佐々木さんのおかしなテンションは差し入れのパインナップルに起因するらしく、堺さんが『パインの汁が零れて……』『スナックパイン?というのを食べていたら…こんなの喋ってどうするんだ』と我に返ったり。
佐々木さんが差し入れのパインを食べていたら汁がズボンについてしまいそれを必死に乾かしていたので、もういっそパンツ一丁で行ったら?から猪木キャラになったそうです。
このおかしなテンションのまま終わるのか!?と思っていたら建て直した堺さんが『謎解きの部分だけでなく、それぞれのキャラクターの感情にも心を配って演技したので、次回はそこを観てほしい』と素晴らしいコメント。会場の皆さんも静かに聞き入っておりました。
ようやく田畑さんの番になったのですが、うまく言葉が出ずしどろもどろ。内田監督がほとんど代弁したら『ちゃんと話なさい、大人なんだから』とすかさず突っ込む大泉さん。また会場が盛り上がったところで内田監督の番に。『なんの質問だっけ?』から始まり『2回目は木村の可哀想なところを観てください(笑)最初のシーンから(お腹を撫でる真似をする)、ね。』監督の『木村』への愛を感じました(笑)

最後に大泉さんの都市伝説を聞き(今回は会場スタッフが皆さんの顔をチェックしてるとの事)楽しく舞台挨拶は終了しました。
もしかすると一番パワフルな舞台挨拶だったかもしれません。堺さんも本当に楽しそうだったのが印象的でした。

| ちい | 2008/05/25 11:03 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/25 11:07 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/25 11:29 | | ≫ EDIT

ナマに限る!
えんみちさん

おはようございます。
昨日は本当に幸せな一日でした。

お芝居は別として、ナマ雅人は2回目ですが本当に素敵ですね。
どこか謎めいていて。でも、辛口で。

豊洲の質問コーナーで堺ファンが手を挙げなっかたのは
奥ゆかしさ?控え目?っていうのでしょうかねぇ。

映画もあっという間に引き込まれていってしまいました。
数回目鑑賞の皆さんの言うとおり、数回見ないとこの映画の良さが分からないのかもしれません。
あと2枚チケットがあるので、違う観点からまた見れたら楽しそうですよね。
えんみちさんは3回鑑賞済みで羨ましいです。


「友達のどこまで知っているのか?」的なセリフ
(ネタばれゴメン)
にかなり私の頭の中がグルグルになりました。
堺さんのことを一番よく知る人って誰なんだろう?
家族? 中高大時代の友達? 仕事仲間? 恋人?
裏を返して、彼が一番自分を見せる相手って誰なのだろうって?
映画見ながら考えてしまいました。

王様のブランチで内田監督がやはりお酒を飲むと人格変わる???的発言をしていましたね。
どのようになるのでしょう???・・・・・・
あぁん、一緒にお酒飲んで酔わせてみたい。なんてね。

| micchi | 2008/05/25 12:35 | URL | ≫ EDIT

私は昨日、横浜まで見に行ってきました☆★

映画も舞台挨拶も大満足でした!
横浜での舞台挨拶は、堺さんが「この会場は雰囲気がいい」みたいな事を言っていて嬉しかったですっ☆

2回でも3回でも見たくなる映画でしたっ☆

| オレンジ | 2008/05/25 15:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
えんみち様(そして皆様)、羨ましすぎます!(泣)私は映画館で見る事すら出来なさそうです…
でもっ!皆様のコメントから会場の雰囲気がそのまま伝わって来るようで…嬉しすぎて一人でニヤニヤしてしまいました(笑)
えんみち様、皆様…幸せをありがとうございましたっ!(笑)

| ちょめ | 2008/05/25 18:08 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/25 22:59 | | ≫ EDIT

>mさま
初めまして! 温かい応援コメントをいただきまして、ありがとうございます。お住まいの地域によって、テレビにしろ雑誌の流通にしろ、ものすごい格差がありますよね。舞台挨拶どころか、映画の上映もしていないなどと聞くと、本当に申し訳ないような気がします(その分きちんとレポしますから許して~!みたいな)。それにしても、文化の香りのする杜の都なのだから、せめて書店ぐらいはしっかりしていただきたいものですね(苦笑)。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>ちいさま
こんばんは。まさか、こんなに詳しくレポしていただけるなんて…(絶句)本当にありがとうございます! 川崎の舞台挨拶を観た方に、「蔵之介さんが猪木のマネをしていた」と聞いて、どういうこと!?と疑問に思っていたのですが、ものすごーくよく分かりました。差し入れのパインのことまで説明して下さって本当に感謝です。やはり5人が揃った最後の舞台挨拶ということで、川崎が一番盛り上がったのかな?という感じがしますね。
映画を観ると、「ローリスク、ハイリターン」なオイシイ役という意味がわかりますよね。私は2度目3度目でしたが、観終わったときに「そういう堺さんだから好きなのよ~!」という気持ちがまたフツフツと湧いてきました(笑)。

>micchiさま
こんばんは! 文頭の「ナマに限る! 」。一瞬、削除対象の迷惑コメントかと思っちゃいましたよ~!(いきなり下ネタでスミマセン/笑)。最近、土スタをはじめ、こういった機会にちょくちょく堺さんのお姿を生で拝見することができて、本当に幸せです。いつも奥深いあの笑顔に魅了されてます。
王様のブランチでの内田監督の発言(←ファンには見せられない姿を見たというような)、ちょっと気になりますよね。お酒を飲むと人格が変わる的なことを聞いたことがあるし、またそっち系でハメを外されたのでしょうか?(笑)。

>オレンジさま
こんばんは! 横浜の舞台挨拶に行かれたのですね~! 横浜の情報を聞くのは初めてなので、ありがたいです。堺さんがそんなことをおっしゃっていたんですね。映画は、とくに終盤、木村(堺さん)に対する愛おしさがぐーんと増してきますよね(笑)。ぜひまた違った視点で2回目をご覧になって下さいね。

>ちょめさま
こんばんは! 『アフタースクール』って宣伝をガンガンやっているので、相当たくさんの映画館で上映していそうな印象がありますが、実際はそれほどでもない…というのを最近知りました(汗)。なんとかご覧になるときまでネタバレを避けられるとよいのですが…。『クライマーズ・ハイ』の方は、全国的にかなり多くの映画館で上映しそうな雰囲気がありますね。

| えんみち | 2008/05/26 03:00 | URL | ≫ EDIT

いや~(*´ -`)

昨日、やっと観れましたよ~めちゃめちゃ、おもろかったデス!
木村…不憫な人(苦)友人と見に行ったのですが、『あれが、堺雅人なんぢゃない?』と、ナチュラルすぎますよ…不憫でなりません(笑)
最後のうどん屋での店員サン役の女の方とのやりとりが涙(爆笑)無しでは語れません!
ちなみに、レディースデイのせいか否か、大反響で、二回観るのを断念しましたよ…あ゛ーっ、前売りを買って行ったのに、悔しい…映画館に行く電車賃で、もう一回観れてしまうのが悲しい田舎モノ…(+_+。)
ちなみに、アタシの観た回では、木村が登場、台詞を言う度、どこかしこで、笑い声がする感じで、なんかアットホーム(笑)
皆が堺サン=木村を応援してるような気がして善かったデス(*ΦωΦ)
因みに、等身大のポップの前で若者集団がわらわら記念撮影をしていました!
洋チャンファンかぁ…と思って眺めていたら、生身の堺サンファン発見!ドキマギ(笑)只、マナーが宜しくなく…数人で堺サンをネタ(顎を掴むポーズ等)に撮影していました…大人の男性にそんな事してはいけません!!…ポップでも!
…実は、アタシもこっそり撮りました(恥)が、失礼のないように撮しましたので、お許し下さいませm(__)m

| 羽流 | 2008/05/28 23:39 | URL | ≫ EDIT

>羽流さま
こんばんは!うどん屋以降の木村、愛おしくてたまりませんよね。私が観た回では、車中での一言(早く…)にも、結構笑いが起きていました。このセリフはいろいろアレンジして使えそう(笑)。うどん屋の店員さんとのやりとり、エレベーターの会話などなど、名言がたくさんありますよね!
等身大のポップと一緒に写真を撮っている人、多かったですよ~。私も撮りたかったけど、順番待ちしているくらい人気だったので、つい遠慮してしまいました。豊洲の映画館では、舞台挨拶に蔵之介さんのご登場がなかったせいか、蔵之介さんの面が壁に向けられて、大泉さんと堺さんの面のみ。大泉ファンの方が多かったけれど、堺面も結構人気でした(笑)。

| えんみち | 2008/05/29 01:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/181-a3501c7e

『アフタースクール』 公開初日!!

本日は、『アフタースクール』 の公開初日ということで、東京・神奈川の5ヶ所の映画館で、計6回の舞台挨拶がありました。 大泉さん、蔵之介さん、堺さんは、午前中に「王様のブランチ」にも生出演されたので、かなりのハードスケジュールで、都内を駆け巡ったと思われ

| 七織ノ記 | 2008/05/25 19:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。