PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篤姫 第20回「婚礼の夜」

いよいよ佳境に入ってきましたね~(あくまでも堺ファン的に、ですが)。本当に待ち遠しかった回を観ることのできる幸福感と、この幸せが長くは続かないとわかっている淡い寂寥感が同時に胸をよぎるこの頃の「篤姫」。
さて、昨夜(18日)の「篤姫」は、①婚礼シーン、②夜に二人で床に就くシーン、そして③一緒に家鴨を追いかけるシーンと見どころが盛りだくさん(ああ、なんという幸せ)。婚礼シーンでは「疲れるぞぉ~」という言い方と、やたらとクンクンにおいを嗅いでから食べ物を召し上がるお行儀の悪さがツボ? でも、これはきっと食べ物に毒が入っていないか、家定が必要以上に過敏になっていることを示す行動なんだろうな~と深読みしながら観ておりました(笑)。
盛りだくさんだった見どころの中でも一番のお気に入りは、家定の命令で省かれてしまった「寝間入り御盃の儀式」の後のシーン。


家定 さて、と。儂は疲れた。寝る。そなたも休め。
篤姫 上様、本日よりよろしくお願いつかまつります! 不束者ではございますが、将軍家御台所として精一杯務める所存にございますゆえ、何卒…
家定 うるさいのう。目が覚めてしまったではないか。
篤姫 ははーっ。申し訳ございませぬ。
家定 眠れぬ。
篤姫 はい。
家定 何か面白き話を聞かせよ。
篤姫 面白きお話にございますか?
家定 そうじゃ。
篤姫 えー。あっ。ハリスについてでございますが…
家定 ハリスじゃとー!
篤姫 はい。下田にいるという。上様はどのようにお考えですか?
家定 それのどこがおもしろいのじゃ! 二度とそのような話はするでない!
篤姫 はい。
家定 他にないのか。そうじゃ。昔話など聞かせよ。
篤姫 昔話にございますか?
家定 昔話じゃ。
篤姫 えー。では、むかしむかしあるところに…
家定 うむ。
篤姫 夫婦(めおと)のねずみがおりました。
家定 うむ。
篤姫 夫のねずみは相撲が好きで…
家定 うむ。面白そうではないか。それで?
篤姫 zzz
家定 ぇええええー!! 続きはどうしてくれるのじゃ? 酒を持て。

「ぇええええー!!」は、期待を裏切らない可笑しさで存分に笑わせていただきました。でも、これだけではなく、「何か面白き話を聞かせよ」という抑揚のない淡々とした命令口調とか、「他にないのか」というちょっと泣きそうな言い方も、ものすごく好きですねえ。あと、ちょっと情けない表情で篤姫の寝顔を肴に一人酒…のシーンも。聡明なこの方の頭にはきっとさまざまな思いがよぎっているのだろうけれど、「あ~あ、夫婦のねずみの話の続きが聴きたかったなあ」と本気で残念がっているようにも見えるところが堺さんの演技の深さですね(笑)。

池に落ちそうになった篤姫をカッコよく抱きとめるシーン。土スタで全部観ちゃったよ~!(嘆)と思っていたら、まさかあんなカットが隠されていたとは! 「あぶないではないか!」以前に、あの表情の変化でフォーリンラブですよ(笑)。堺さんって、一瞬逡巡した後に諦観の念を浮べる演技がものすごく上手いなあ、と改めて感じました。このカットのおかげで、あまりにもベタなシーンに深みが出ているような気もするし(笑)。最後のお志賀の篤姫を見つめる意味ありげな視線もよかったですね。篤姫をライバルとして意識し始めた表情だったのかしら? 
来週も「うるさーい!うるさいうるさいうるさい(略)うるさーい!」の無邪気な殿と「儂には子はできぬぞ」のマジモードの殿が存分に楽しめそう。こんなに次回が待ち遠しいドラマは久しぶりな気がします。

| 篤姫 | 03時03分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

初めまして

えんみち様の文章力、表現力に脱帽・感動しながらいつも楽しく読ませて頂いてます!
今回はツボ!なシーンが多くて困りましたが(笑)私もあの一瞬の逡巡、大好きです。その後の「うつけ」に戻る瞬間の間もさすがっ!役者・堺雅人を見たなと(笑)
これからまだまだ見応えあるシーンが出てきそうなので 、どんな上様が見られるのか今から楽しみです!!
えんみち様、これからも応援させてください!
それでは乱文失礼致しました。

| ちょめ | 2008/05/20 09:48 | URL | ≫ EDIT

堺ファン的には佳境に入ってきましたね!
ここのところ、日曜日が待ち遠しくて仕方ないです。
抱きしめシーンは散々既出だったのにも関わらず、いざ本放送で見るともうときめいてときめいて。たとえベッタベタであろうとも(笑
抱きしめる前の一瞬迷うそぶりと、抱きしめた後の目の泳ぎ方が凄く好きですvv

このあとのお志賀の方の視線もよかったですね。何かを訴えかけるような……来週は篤姫との絡みも増えるでしょうし楽しみです。早くうるさーい!のシーンが見たい★

| コタロウ | 2008/05/20 10:30 | URL | ≫ EDIT

>ちょめさま
初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。仕事で文章を褒められたことは一度もないのに、おかしいなぁ(笑)。
今回はツボなシーンが目白押しでしたよね。最初のほうで篤姫が家定を思い浮べたとき、スローモーションで飛び跳ねてたのがおかしくて、しばらく思い出し笑いしてました(笑)。
篤姫を助けるために、「うつけ」の振りを捨てるという選択をする瞬間、そしてまた「うつけ」に切り替わる瞬間、素晴らしい演技でしたよね。あの表情の変化は、家定の名シーンの一つとして記憶されるのではないかと思います。

>コタロウさま
こんばんは。篤姫を抱きとめるシーンは、堺さんを知らない人にもかなり評判が良かったようで…。でも、よくよく考えてみると、一般の人からカッコよく見えるような表情をしたり、演技をしたりするというのも、意外に難しいのではないかと(笑)。堺さんの得意分野の柔和な微笑みではなく、シリアスな表情でその要求にバッチリ応えていて、すごいなぁと思いました。
お志賀という存在が、篤姫に自分の気持ち(=家定への愛情)を気づかせることになるんでしょうね。うーん、ベタだなぁ。ベタすぎる。でも、観たいですよね(笑)。

| えんみち | 2008/05/21 03:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/179-1afb82cd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。