PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都旅行第3日目

最終日は再び新選組ゆかりの地をめぐるため、まずは京都御所の蛤御門へ。ここは「8月18日の政変」と「禁門の変」という二つの事件に関わる場所。少しうろ覚えなんですが、「8月18日の政変」の際、浪士組が御所へ向かったところ、蛤御門で警護していた会津藩士に入ることを拒否され、芹沢鴨が鉄扇で槍を払いのけて、「会津候の命によりお花畑にまかり通る!」とやった場所ではなかったかと(やっぱりこういうときは確認用に「新選組!」のDVD-BOXがあるといいなあ。なかなか手が出ないけど)。

蛤御門1


蛤御門2

京都御所・蛤御門。禁門の変の弾痕が今も残る。


次に向かったのは、地元で“くろ谷さん”の名で親しまれている金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)。京都守護職本陣が置かれ、近藤・芹沢ら京都残留組13名が嘆願書を提出した場所でもあります。松平容保@筒井道隆に拝謁していた「謁見の間」を見ることができたのはうれしかったなあ。撮影は禁止されていたので、謁見の間から御影堂(大殿)や庭の方向を眺めた写真を。案内の方の説明によると、近藤たちは最初中に入ることを許されず、庭から謁見したという説もあるらしい。

金戒光明寺1


金戒光明寺2

謁見の間から御影堂(大殿)や庭を眺める。

三重の塔がそびえる山上墓地の奥に「会津藩殉難者墓地」があると聞き、息を切らしながらジャッキーや義父(ちち)と階段を上りました。墓地には文久2年~慶応3年の5年間に亡くなった237名と鳥羽伏見の戦いの戦死者105名を祀った慰霊碑も。ジャッキーの実家が福島ということもあり、藩士たちの冥福を心から祈りました。

三重の塔


会津藩殉職者墓地

三重の塔がそびえる丘の上に会津墓地がある。

次に向かったのは、一昨日も訪れた旧前川邸。土日祝日のみの営業のため、一昨日は閉まっていたのでリベンジ! 今は所有者が変わり、田野製袋所となっていて見学は不可なのですが、玄関口部分を公開してオリジナルの新選組グッズを販売しています。おおっ! 物欲中枢を刺激する充実の品揃え(笑)。商品の陳列棚には試衛館メンバーのサイン色紙も飾ってありました。もちろん堺さんの色紙も。余談ですが、60代とおぼしき女性2人が堺さんの色紙を見て、「この人、篤姫にも出とうよね」「キレイな顔した人やわね」と会話しているのを小耳にはさんで、思わずニヤニヤ。結構幅広い世代に認知されているんだなあ。
私がここで購入したのは、「オリジナル誠扇子」と「志々屋オリジナル携帯ストラップ(山南敬助バージョン)」と「新選組イラストマップ」(2枚)と『新選組見聞録』(書籍)の合計6,100円也。結構太っ腹だと思うでしょ? でも、驚くのはまだ早い。うちのジャッキーさんは山南さんゆかりのすごい品物を買いました。ジャッキーがそれを買っているときに私が発した言葉。「本気で買うつもりなの?」「どこに置くの?」「そんなモノ買っている人、初めて見たよ~!(笑)」。持って帰るのが少々面倒なので、宅配便で送ってもらうことに。1週間ほどで届くそうなので、到着次第、写真でお見せします。さすがはわが家の物欲番長! あっぱれなり~!

旧前川邸


オリジナルグッズ

旧前川邸で購入したグッズの数々。

さて、旅の最後に立ち寄ったのは、幕末維新ミュージアム「霊山(りょうぜん)歴史館」。開催されていた特別展のテーマが「ドラマチック幕末~篤姫の生きた時代~」だったり、歴史館の看板に「いま話題の『篤姫』や幕末のことがわかる博物館です」と目立つように書いてあったりして、「篤姫」人気に便乗してお客さんを呼ぼうとする魂胆が丸見えでしたが(苦笑)、私のような幕末入門者にも親切な展示内容でなかなかに楽しめました。新選組に関しては、池田屋事件を再現した復元模型や試衛館道場の模型(大河ドラマ「新選組!」のスタジオ模型1/20)がとても精巧につくられていて、興味をそそられました。
今回の旅はここで終了。この後まっすぐ京都駅に向かい、帰宅の途につきました。GW中の旅行というのはあまり経験がなく、少し心配していたのですが、平日を含んでいたせいかそれほど混雑しておらず(写真でもお分かりいただけると思いますが)、特別公開中の場所も多かったりして、GW中の旅行も悪くないものだと認識を改めました。
西本願寺、寺田屋、池田屋跡など行っていない場所もまだたくさん残っていますが、ほぼ日テレビガイド男子部修学旅行!のスポット(「洋食の店みしな」「イノダコーヒー」とか)と合わせて、次回のお楽しみにしたいと思います。コメントやメールなどで情報をお寄せくださったみなさま、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

| 新選組! | 02時59分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

とても素敵なご旅行でしたね~関西在住の堺さんファンのくせに、新撰組名所めぐりをしたことがなく、旅行記をとてもとても楽しく拝見しました。ただいま、わがだんなをジャッキーさんのようなだんなさまにするべく、奮闘中です!最近、家定公に興味を持ち出したようなので、夏の映画と新撰組DVDを見せて、篤姫の放送終了までには、堺さんファンにして、ぜひ夫婦で行きたいと思います☆

| まこ | 2008/05/05 22:55 | URL | ≫ EDIT

おかえりなさーい。
ご家族揃って新撰組ゆかりの地めぐりなんて素敵すぎです。
ジャッキーさんが何を購入されたのか、しかも山南さんがらみのものなんてめちゃめちゃ気になります(笑)。届くの楽しみにしてますね~。


| quimico | 2008/05/05 23:04 | URL | ≫ EDIT

>まこさま
こんばんは。
うちのダンナのようになったら、健康に良くないですよ(これは体型の話ですが/苦笑)。家定公をとっかかりに、『アフタースクール』と『クライマーズ・ハイ』と『新選組!』DVDでバッチリかと思います(笑)。ぜひご夫婦で素敵な旅を。一時期のブームが落ち着いて、今はゆっくり回るのにちょうど良いのかもしれないと思いました。

>quimicoさま
こんばんは。
両親が「どこでも好きなところへ」というので、言葉に甘えて気の向くままに連れ回してしまいました(笑)。角屋とかくろ谷とか、それほど期待せずに行ったところが意外に良かったです。いろいろとグッズが増えて、家が堺雅人&新選組資料館になってしまいそうです(^^;)

| えんみち | 2008/05/06 02:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/168-fdd548fc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。