PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都旅行第2日目

「新選組ゆかりの地をめぐる旅」と銘打っておきながら、いきなり肩透かしを食らわせてしまって恐縮ですが、2日目はフツーの京都観光コースです(苦笑)。まずは宿に近い天龍寺を参拝。加山又造によって描かれた法堂天井の「雲龍図」を観たかったんです。どこから見ても、みる人の方を睨んでいるように見える「八方睨み」の龍。名勝として名高い曹源池庭園の景色とともになかなか見事なものでした。

雲龍図

天龍寺の法堂天井に描かれた雲龍図。


その後は渡月橋を渡り、阪急嵐山線に乗って苔寺(西芳寺)へ。苔好きで知られる堺さん(別名:苔王子)ファンとしては間違いのない選択といえるかも?(笑)。ここは往復はがきで事前予約が必要で、拝観料が3000円もするうえ、般若心経の写経をしなければ庭園の散策ができないという、いろいろとハードルの高いお寺なのですが、庭一面に絨毯のように敷き詰められた苔の静謐な美しさといったら…! それだけの価値は十分あると思います。以前にも訪れたことのある義母(はは)によると、新緑の季節もいいけれど、紅葉の季節は苔のグリーンとのコントラストがそれは素晴らしいそうで…。

西芳寺1

西芳寺2

西芳寺3

庭園の苔は120種余り。苔ファンの方のために一応アップも(笑)。

次に向かったのは、苔寺へ行く途中に前を通り、興味を惹かれた鈴虫寺(華厳寺)。ここは鈴虫が鳴く本堂で住職のユニークな法話を聞けるお寺として、若い世代に人気なのだとか。山門の脇に祀られている幸福地蔵は、御守を両手に挟んで願い事をすると、自宅まで願いを叶えに来てくれるお地蔵様なのだそう。そういうところも若い世代に受けている理由なんでしょうね。私もつい「幸福御守」を買っちゃいました。そういえば、法話の中で「キムタクと付き合いたいとか、そういう芸能人関係の願い事は叶いませんから!」と住職が釘を刺していましたっけ。せっかくの御守を無駄にしないようにしましょうね~(私のことか!/笑)。
2日目の観光のしめくくりは、なんと人力車で嵯峨野めぐり! 親と一緒だとこういう贅沢ができるからいいですよね~。渡月橋、竹のトンネルを通って、野宮神社、落柿舎、二尊院、化野念仏寺、清涼寺、宝筺院、嵯峨嵐山駅近くの宿という1時間貸切コース。スゲー!! 俥夫のお兄さんに、どこに観光に行ったかを聞かれたので、「壬生界隈の新選組関連のスポットに」と答えると、大河ドラマの頃はそういう観光客であふれていたという話をしてくれました。「やっぱり新選組は土方とかのファンですか?」「いいえ、山南敬助です(きっぱり)」「いやあ、渋いとこついてくるな~(笑)」。行く先々で、タクシーの運転手や案内の方たちの口から、新選組の名前やエピソードが出てくるのが楽しくて楽しくて。さすがは京都ですね~!

竹のトンネル

人力車に乗って竹のトンネルをくぐるところ。

| 新選組! | 18時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/167-1b7894ee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。