PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篤姫  第13回「江戸の母君」

昨日(30日)の『篤姫』は、斉彬の正室である英姫@余貴美子のご登場と篤姫と幾島との心の交流がポイントでしたね。英姫のご登場シーンはなかなかのインパクトでしたが、話し方が時代劇らしくないというか、普通の現代ドラマっぽい感じだったのがちょっと意外でした。それから、篤姫が薩摩から江戸に上るまでの行程が案外あっさりしていたというか。でも、ここでもたもたするより、早く大奥編に入って欲しいので、そこはよしとするとして(笑)。
さて、今回の家祥様@堺雅人も、阿部様@草刈正雄との鉄板コンビで心に残るセリフをきっちりと残して下さいました。最近は『篤姫』における「お笑い担当」的様相さえ呈しているような…。

家祥 御台じゃと?
阿部 はい。先のご正室がご逝去あそばされてから、早や3年を過ぎましてございます。徳川家ご繁栄のためにも、新たな奥方様を娶られてはいかがかと。
家祥 わしの欲しいのは~新しき火鉢じゃ。
阿部 火鉢にございますか?
家祥 炭火がの、カッカッカッとばかりに燃えての、きれいに豆を炒ることのできる火鉢じゃ。今使いおるのはどれもこれも火が弱い。早速に取り寄せよ。
阿部 あ…されど。
家祥 よいな。カッカッカッであるぞ。
阿部 はあ。
家祥 よし。


有無を言わさぬ強い視線と口調(だけどセリフは「カッカッカッ」←燃えさかる音)、「よし」と言った後に目を閉じて満足そうに微笑むところ、あまりに素敵すぎて悶え死にそうでした(笑)。賢明な家祥様としては、徳川家の行く末が見えているだけに、自分に嫁いでも不幸になるだけ…と考えてとっさに話を逸らせたのでしょう。「新しき火鉢じゃ」以降の暗愚モードへの切り換えが見事でありました(←最近、深読みする癖が抜けません/苦笑)。
そういえば先週、『篤姫』の公式サイトのあらすじに、家祥様がうれしそうに家鴨のフリップ(?)を持っている写真があったのに、いつのまにか尚五郎の写真と差し替えられていて、気になっていたのですが、次回のあらすじに再び登場。フライングだったのかしら? まあ、シーンがカットされたんじゃなくて、よかったけど。お気に入りの家鴨を描いたものか(家祥様は絵心がありますからね)、はたまた行方不明の人相書きなのか、気になるところであります(笑)。

| 篤姫 | 02時10分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

こんにちは*

えんみち様こんにちは^^
私も、「よし」の後の微笑みに悶え死にしそうでした。
正弘との会話で、すぐに火鉢の話に切り替えた事が、
イマイチピンとこなくて、何故なのかと思っていたのですが・・。
えんみち様の深読みに納得です!
カッカッカッと強調されたのは、御台所の話題を
正弘から逸らす意図もあるかもしれませんねー。

北海道新聞!情報ありがとうございます**
堺さん♪なんて新聞の似合う人なんでしょうか♪
(病気/笑)
世にも奇妙な物語、楽しみですね!

| tama | 2008/04/02 18:34 | URL | ≫ EDIT

>tamaさま
こんばんは~。「世にも奇妙な物語」の世界にしばし浸っておりました(笑)。
「よいな。カッカッカッであるぞ。…よし」のところは、家祥の登場シーンの中でも屈指かと。イラストにも描いてくださってうれしいです。
スタイルフリーのCMのときもぴったりだと思いましたけど、新聞もそのままズバリで似合っていますよね~。さすが、企業の方は堺さんの人となりをよく見抜いていらっしゃると感心しました(笑)。

| えんみち | 2008/04/03 02:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/147-2e08578d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。