PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐れを知らぬ川上音二郎一座 WOWOW

20日に放送された「恐れを知らぬ川上音二郎一座」について。まだ記憶にも新しいのですが、やはり観ずにはいられなくて、ついつい3時間以上もある長い番組を観てしまいました。
たまたま「3年B組金八先生」(最終回)と放送時間が重なっていたので、途中でチャンネルを変えて「金八先生」を観て、その後は録画の追っかけ再生で「音二郎」を観るという、サンドイッチ方式でしたけど…。なぜそこまでして「金八先生」を観るかというと、ジャッキーが金八シリーズの大ファンなんです。昔っから。毎回ウルウルしながら観ています(笑)。
今回のシリーズには、浅野和之さんが校長先生役で出ておられるんですよね。真面目で深刻な顔をしていることが多いのですが、「音二郎」の女形役の変なポーズが頭をちらついて離れない~! そのせいで、ついニヤニヤしてしまうこともしばしば。実は、「金八先生」は「篤姫」との関わりも意外に深いんです。高畑淳子さん(本寿院)や森田順平さん(伊達宗城)をはじめ、草刈正雄さん(阿部正弘)の実娘である草刈麻有さんが出演されていたり。そんなところも密かに楽しんでおります。


初めてテレビで鑑賞する「音二郎」。舞台を観るのとはまた少し違った感じを楽しみました。最初は役者さんとの距離が遠く感じられたけど、慣れてくるとそれほど気にならず。それに、セリフに反応する役者さんのリアクションをカメラがパッと的確にとらえてくれるので、あまりストレスもなく。ただ、伊達@堺さんをもっと映してくれ~!と思った場面が3つだけありました。
・与之助@堺正章の「スチャラカ…何でしたっけ?」という質問に「…ポコポコです」と苦渋の表情で答えたあとの伊達@堺さんの動き。台本を殴っているところが一瞬だけ映りましたけど、ここはしばらくずっと目で追っていたい場面です。
・劇場を無断で使用していたことが発覚して、一同がショックを受ける場面。このとき、伊達@堺さんは下手側の奥にいて、野口@新納慎也と細かい芝居をしているんです。ヨロヨロと倒れそうになって支えられるとか。シルクハットに吐きそうになって介抱されるとか(笑)。それがまったく映っていなくて残念でした。
・熊吉@阿南健治が棺おけでつくった舟に一同が感心する場面。タエ@戸田恵子らが舟に乗っているとき、伊達@堺さんは客席に下りてきて、最前列の前の通路や空いている客席から眺めたりしているんですよ。そういう動きをちょっとでも映していただけたら、よかったのに~。

とはいえ、全体としてはかなりの満足度でした。熊吉@阿南健治がすり足のやり方について説明しているとき、実は小村@小林隆があんな表情で見ていたことなど、今回初めて気づいた点もいくつか。また、伊達@堺さんが貞奴@常盤貴子に一緒に日本へ帰ろうと口説く場面も、舞台で観たときよりドキドキしました。表情がかなりアップでとらえられていたせいでしょうか。
番組の最後には、三谷幸喜さんのインタビューと千秋楽の「一座のテーマ」の合奏のオマケつき。三谷さんがインタビューで、“商業演劇”として役者個人を観に来る客のことを意識したとおっしゃっていましたけど、その趣旨をDVDにもぜひ貫徹していただいて、たとえば「伊達さんアングル」とかつくっていただけるとありがたいんですけど(笑)。

| 恐れを知らぬ川上音二郎一座 | 15時42分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

こんにちはー。
音二郎まだ見れてないんですけども、舞台だと伊達君ばっかり見てるから(笑)新鮮に見られそうな予感がしています。
えんみちさんがあげられていた3点、やっぱり映っていないのですね...残念ですが、ちょうどその日のマチネで伊達君に隣に座られたので、伊達君の隣で不審な私が映っていなくてよかったです(爆)。

| quimico | 2008/03/22 20:14 | URL | ≫ EDIT

貢ぐ女

えんみちさん

とうとう私もwowow加入しました。
DVDデッキも買いました。
夏のカード支払いが怖い・・・。
でも、彼のためならと、清水の舞台から飛び降りる気持ちで
買いました・・・。

「壁男」「パンダ」「スキヤキ・・」などなど、買い集める
私の心は、好きな男に貢ぐしょうもない女・・・に似てる?

| mitti | 2008/03/22 22:17 | URL | ≫ EDIT

えんみちさん、こんにちは。
私もここのところ、堺さんの魅力を堪能して至福の時を過ごしておりました。

「壁男」では、邪悪な瞳。
「やさぐれぱんだ」では、自然体の演技と笑顔。
「音二郎一座」では、ハリのある声。

やっぱり堺さん最高です!!
とにかく、新ためて「この人のファンになってよかった」としみじみ幸せを感じています(笑)。
まだまだテレビ・映画と楽しみは続きますけど、まずは無事に「篤姫」のクランクアップを迎えていただきたいですよね。

| タルコ | 2008/03/23 11:18 | URL | ≫ EDIT

舞台はテレビだと役者さんの表情がよく見えるから新鮮ですよねっ!!私はwowowに入っていなかったので、親の友達の友達に頼んでもらいました(笑)

DVDも出て欲しいです~絶対買いますっ☆★

| オレンジ | 2008/03/23 14:12 | URL | ≫ EDIT

>quimicoさま
こんばんは。私も伊達さんばかりを目で追っているので、小村閣下の視線に気づかなかったのだと反省…f(^^;)
実は、伊達さんが客席に座るところで、quimicoさんが一緒に映っているのでは…!と期待していたんですよ~。あと、この日の野口さんとの小芝居がどんなふうだったのかとか(笑)。映っていなくて残念です。でも、番組の冒頭に客席を映した映像がかなりあったので、もしかしたら映っていらっしゃるのでは?

>mittiさま
貢ぐ女…今度は「スカイハイ」っぽい(笑)。
いえいえ、WOWOWに加入したり、DVDデッキ(Blu-rayディスクレコーダー)を買ったり、増え続けるDVDや雑誌で置くスペースがなくなっている同士がたくさんいると思いますよ。現にここにも。でも、貢ぎたくなるような男がいるというのは、それはそれで幸せなのではないかと…(苦笑)。お互い破綻しない程度に頑張りましょう!

>タルコさま
こんばんは。3作品それぞれに堺さんの違った魅力を堪能できて、ファンにとってこれ以上の幸せはないという感じですよね~。なんたって、あの熱に浮かされたような「壁男」に魅入られた男と「とんちボーイズ」のキラリンメガネ君が同一人物だってのがすごい!(笑)本当にたくさんの引き出しを持っている方だと思います。

>オレンジさま
こんばんは。「親の友達の友達」というのが素晴らしいです。私も堺さんのことだったら、使えるツテやコネは使いまくりますよ~(笑)。テレビ版の舞台は役者さんの細かい表情がよくわかったのと、堺さん目線ではない、一般の人の見方がわかりました(笑)。DVDの発売について、早く告知が出るといいですよね。私も発売を楽しみに待っています。

| えんみち | 2008/03/24 03:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/141-d6823755

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。