PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やさぐれぱんだ 白盤

来週の後半までジャッキーは仕事で北海道に出張。できれば最初のインパクトを一緒に味わいたいところでしたが、やむなく(我慢できず?)一人で観ることに。まずは「白盤」から。

エピソードが単純に収録されているのかと思いきや、オープニング映像はあるし、パンダが日本にやってきてから現在までの歩みを時代背景とともに紹介する「ぱんだクロニクル」が合間に入っていたりして、意外としっかりした構成になっています。
注目の「えかきうた」は、危なげなくフツーに歌っていて、ちょっと拍子抜け。爆笑してのたうちまわることも、観ている側が赤面することもなく…(どんなのを想像してたの?)。
私の一番のお気に入りは「見せて!」でしょうか。ぱんだに第六指を見せてほしいと懇願するところ、見せてもらって興奮するところがすごくかわいいんです。あと、エピソード「知的」で、モーツアルトやゴッホに関する造詣の深さを見せつけて、ぱんだを不快にさせる青年(堺さん)。実際にもこんな風に説明してくれそうな気がしてしまいます(現代の山南さんぽいところがグー)。

特典映像は38分。未使用映像集に入っていた「サラリーマン川柳」と「風上におけない」。本編では後半部分を削ぎ落としてすっきりとなっていますが、カットされたぐだぐだの部分、結構好きです。全編こういう感じでもいいくらい。あと、メイキング映像も堺さんの自然な表情が見られてとてもよかったです。ぱんだとの記念撮影シーンで見せた口プク顔が面白かった。

そうそう、この撮影のとき、ちょうど堺さんの誕生日だったんですね。しかも前日が生瀬さんの誕生日。スタッフから花束をもらっているシーンがありました。2006年10月といったら、Dr.コトーの時期ですよね。ひぇ~っ!恐るべし。ギャップありすぎです。

| やさぐれぱんだ | 04時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/14-956c64c3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。