PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝日新聞  三谷幸喜のありふれた生活

『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の話が出始めた昨年末から、ちょいちょいピンポイント買いしている金曜日の朝日の夕刊(地域によっては、土曜日の朝刊に載っているらしい)。プレビュー公演初日に頭が真っ白になった「ユースケ座長の大ピンチ」(12月7日)、阿南健治さんの経歴や芸の多才さ、人となりを紹介した「驚きの多芸多才、阿南健治」(12月21日)などは、ちょうど上演中だった舞台と重ね合わせながら、とても面白く拝見しました。
既にご存じの方も多いと思いますが、先々週より三谷さん、ユースケさん、堺さんの3人が、打ち上げ後にシガーバーでアダルトな世界を体験するという展開になっています。初回には和田誠さんによる3人のかわいらしいイラストがあり(ユースケさんと堺さんの差がやや微妙ですが)、2回目には堺さんらしいセリフも飛び出して、ファンとしては要チェックな内容かと。
それにしても、(葉巻コーナーで)「カブトムシの匂いがしますね」とか(点火棒の炎を手であおいで消そうとする三谷さんに)「お仏壇じゃないので、口で消してもいいんじゃないですか」とか、別に変なことを言っているわけじゃないのに、そこはかとないおかしさが漂うのはなぜなんでしょう? 言葉の選び方が独特といいますか。まあ、そこが「らしくて」いいんですけど(笑)。
来週もこのネタが続くようなので楽しみです。次回は堺さんのオーダー(ドリンクでも葉巻でも)が何だったのか知りたいもの。ところで、堺さんは葉巻は吸われたんでしょうかねえ? 鈴木支配人ならともかく(まだ頭から離れず/苦笑)、あまりイメージではない気がしますが。

| 新聞 | 01時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sakaimasato.blog113.fc2.com/tb.php/120-e21f955e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。