2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三十を過ぎてからモテ期に入った(!?)堺さん

お久しぶりです。5月のお休みは5日と9日だけという、恐ろしいことになっております。ある程度予想はしていましたけど、本当にすごいな今年は(汗)。絶対に諦めないという気持ち、追い詰められて発揮する能力をこの歳になって再発見できただけでもいいか(苦笑)。
自分のことはさておき、佐々部清監督のオフィシャルサイト(応援board→コチラ)によると、堺さんは「やっと現代にもどれる…」という言葉を残して(笑)無事オールアップされたそうで、本当にお疲れさまでした。「日輪の遺産」の撮影自体は6月6日まで続くそうで、最終日は埼玉県深谷市の高校で卒業式のシーンが撮影されると聞いています。きっとクランクアップということもあって、感動的な場面になるんでしょうね~。できることなら、久しぶりにエキストラ参加したかったです(その日は大事な予定がありまして…/涙)。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 雑誌 | 02時28分 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今を生きるネイティブアメリカンを訪ねて

先日WOWOWで放送された「ノンフィクションW」の感想を。視聴できなかった方もおられると思いますので、堺さんの言葉の引用をやや多めに(笑)。
映画「アバター」をきっかけに、9・11テロがもたらした影響やナヴィ族とネイティブアメリカンの関係などに興味をもった堺さんが、グラウンド・ゼロ(ワールドトレードセンター跡地)、マンハッタン島、ニューメキシコ州のプエブロ・インディアン居留区などをめぐり、さまざまな人に話を聞きながら、アメリカという国を見つめ直す番組とでも言ったらよいのでしょうか。堺さんと“ネイティブアメリカン”っていくらなんでも接点なさすぎ・・・と思っていたんですが(^^;) なかなかどうして、すぐれた良質の番組に仕上がっていました。ただし、「アバター」を観ていない人にはすっごいネタバレがあります(苦笑)。

≫ 続きを読む

| テレビ | 06時56分 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日輪の遺産 丸刈りの軍人姿を披露!

先日の「ネイティブ・アメリカン」(WOWOW)について感想を書きたいところですが、今日も深夜になってしまったので、「日輪の遺産」のロケ現場が公開され、堺さんの軍人姿がついに明らかになった(デビュー以来初めての丸刈り!)というニュースをとりいそぎ…。隣りの獅童さんと福士くんの軍人姿が板に付きすぎてて、あれと比べられちゃ~ってところはありますが(f^^) 想像よりずっとお似合いでした。「最初に鏡を見たときは“ギョッ”としたが、手間がかからず、日常生活には便利ですね」とまんざらでもない様子とか。「クヒオ大佐」の付け鼻のときと、どちらが衝撃が大きかったのかお伺いしたいものです(笑)。

≫ 続きを読む

| 日輪の遺産 | 02時39分 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「龍馬暗殺ミステリー」と「月記」

昨夜は疲れすぎていて、後半の「龍馬コード」の繰り返しとCMの多さに耐え切れず、睡魔に襲われて記憶がとぎれとぎれ…。いま観直したら、「一人だけ日本っていうのを外海から見ていた人なのかもしれないですねぇ」なんて、すごく良いこと言ってますね~堺さん。←これは海風になびく髪に気をとられていたこともありますがヾ(- -;)コラコラ 
龍馬暗殺の4秒間の検証はわかりやすかったし、「新政府綱領八策」に書かれたコード(伏字)の謎や暗殺犯の推理なども面白かったんですが、「暗殺」と「コード」に関する部分をもう少しすっきりと整理して欲しかったとか、スタジオトークをもう少し長めにして突っ込んだ話をして欲しかったとか、若干物足りなさも否めず…(スミマセン)。

≫ 続きを読む

| テレビ | 00時39分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間失格 アニメコミックス

「青い文学シリーズのアニメコミックスが出ているらしい」「堺さんのインタビューも載っているらしい」「帯に堺さんの写真があったので、即買いしてしまった」と巷で噂の「人間失格 青い文学シリーズ アニメコミックス①」を本日入手。地元の書店に普通に平積みされていました。たしかにこの帯には購買意欲をそそられちゃいますよね~(笑)。アニメコミックスとは何だろうと思ったら、要は、アニメの静止画をページ上に漫画のコマ割りのように配置して、フキダシや擬音を加えたものでした(←ジャッキーさんには常識だと言われた/苦笑)。なので、オールカラー。よって、若干お値段高め(税込1200円)。でも、巻末の堺さんのインタビュー(3頁)もなかなか面白かったので、買って損した気にはならず。それぞれの作品についての感想やコメントがとくに興味深かったです。『桜の森の満開の下』のあのキャラを演じるときは、やっぱりそうだったのね~的な(笑)。

青い文学アニメコミックス

| 青い文学シリーズ | 04時14分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本シアタースタッフ映画祭レポ

遅くなりましたが、先日のシアタースタッフ映画祭のレポを。時間が経てば経つほど、他の人のレポも上がってくるし、これだけお待たせしたんだから、ちゃんとしたものを書かなきゃ的なプレッシャーものしかかってくるのですが、そういうのは無視して楽にいきたいと思います(笑)。
各賞の授賞式の前に行われた「サマーウォーズ」の上映。面白いとは聞いていましたが、想像以上に素晴らしい映画でした。夏希の曾祖母の行動力、侘助への深い愛情に泣かされました。戦国時代から続く信州・上田の旧家とインターネット上の仮想空間OZという対比も面白かった。とはいえ、事件の関係者が一箇所に集まりすぎていませんかね~f(^^;) (←コラコラ)
いや本当に、DVDなどでもう一度じっくり観直したいと思える作品でした。今回「サマーウォーズ」で脚本賞を受賞された奥寺佐渡子さんと、「クヒオ」の吉田大八監督がタッグを組んだ「パーマネント野ばら」もちょっと気になる作品です。

≫ 続きを読む

| その他 | 06時48分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。