2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲキ×シネ『蜉蝣峠』

本日(27日)、新宿バルト9にゲキ×シネ「蜉蝣峠(かげろうとうげ)」を観に行ってきました。上映30分前で座席は10席ほどしか残っておらず、それもみるみるうちになくなっていき…(汗)。念のため、キネゾー(オンライン予約)で席を押さえておいてよかったです。
冒頭で流れた「蛮幽鬼」の特報映像!(←一応これが主目的) 懐かしいテーマ曲が流れた瞬間、やはり何かじーんと来るものがありました。使われていたのは、「これが俺か? たった十年で…」というシーン。剣に映った自らの姿に愕然とする土門@上川隆也の後ろであやしげな微笑(あいまいな笑顔?/笑)を浮かべるサジ@堺雅人。ほんっとうに一瞬でしたが、観られてよかったです。
「蜉蝣峠」は、下ネタ系のどぎついシーンも結構あって、「蛮幽鬼」が上品に感じられるほどでしたが(笑)、白い着流し姿の堤真一さんが超セクシーで、「蛮幽鬼」で顔を覚えた新感線の劇団員メンバーがさまざまな役で登場するのも楽しく、3時間近い上映時間があっという間(途中15分の休憩あり)。ゲキ×シネ版の「蛮幽鬼」がますます楽しみになりました~☆・:.,;*

〔「武士の家計簿」関連情報〕
「武士の家計簿」 撮影現場(読売新聞

〔「ゴールデンスランバー」関連情報〕
シナリオ作家リレー日記 中村義洋(第1日目・月曜日
→映画「ちょんまげぷりん」撮影中の中村義洋監督の日記より。堺さんの詳細なベルリンレポート、見てみたいですねぇ。しかし、堺さんって律儀で仕事が早い(笑)。
スポンサーサイト

| 蛮幽鬼 | 02時54分 | comments:3 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ベルリン国際映画祭[補足アリ]

2月19日(現地時間)、ベルリン国際映画祭のメイン会場の一つ、ツォー・パラストで「ゴールデンスランバー」が上映されました。現地にいる友人の話によると、短いながらレッドカーペットもあり、新選組羽織を着たドイツ人や現地在住の日本人などが結構つめかけていたようです。堺さんは白いシャツに黒のスーツ(ノーネクタイ)というシンプルなファッションで登場。
「ゴールデンスランバー」上映前には、堺さんとプロデューサーによる短い挨拶があり("Japanese young star"と紹介されていたらしい/笑)、堺さんは「これから上映なので長い挨拶は控えますが、ドイツの皆さんと観られるのがとてもうれしいです。終わってから皆さんとお話できるのを楽しみにしています」とご挨拶されていたそうです。
中村監督からは「残念ながら撮影で伺うことができません。まさかこんなことになるとは思っていなかったので、撮影のスケジュールを組んでしまいましたが、今後は2月は空けておきますので、また呼んでください」というビデオメッセージが届き、会場の笑いを誘っていたそうです。
堺さんは観客と一緒に映画を鑑賞、終映後(午前0時近く)に行われたティーチインでは、司会者から「この役のオファーがあったときどう感じたか」などの質問がいくつかあったそうです。ちなみにその質問には、「人気小説のキャラクターなので、イメージを壊さないように…というプレッシャーを感じながら演じました」と答えていらっしゃったとか。
堺さんは始終取り巻きに囲まれ、舞台を降りた後も現地のファンを含めたたくさんの人に囲まれてサインを求められ、スタッフに「そろそろ…」と促されて退席する様子が“大スター”のようだったと…`*:;,.★ ~☆・:.,;*
上映前の挨拶のときには、少し緊張しているように見えたとのことですが、初の海外の映画祭に臨む堺さんと同じ時間・空間を共有できた方々が本当に羨ましい!! 私も仕事が立て込んでなかったら、本気で行きたかったです(笑)。そういえば、日テレが取材に来ていたそうなので、どこかで映像が流れるとよいなぁと思っているんですが。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 04時17分 | comments:18 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

2つのゴールデンスランバー

「大ヒット御礼舞台挨拶」の日(11日)に観た、4回目の「ゴールデンスランバー」。毎回必ず涙ぐんでしまう場面があり、毎回何かしら新しい発見があります(以下、ネタバレあり)。
今回は、晴子@竹内結子の娘の七美ちゃんが自宅のソファに座っている場面で、後ろにトトロのような大きなぬいぐるみが置いてあることに気づいたのですが、その下ぶくれの顔と目の感じが七美ちゃんにそっくり!! かわいい(笑)。あと、クライマックスの花火の場面で、スイッチを押す晴子→「さあ皆さん、ご一緒に!!」と呼びかける森田@吉岡秀隆→「よっ轟屋~~!!」と叫ぶカズ@劇団ひとり→逃げる青柳@堺さんという、時空を超えた4人の連携、結びつきが表現されていることに気づき、背筋がゾクゾクしました。中村監督ってやっぱりすごいなぁ…。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 06時47分 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ヨコハマ映画祭授賞式

ヨコハマ映画祭

関内ホールをぐるっと取り囲むようにできた行列に朝8時から約2時間半並んだり、昼食時には吹きっさらしの場所でコンビニで買ったおにぎりを大急ぎで食べたり、かなり寒くハードな一日でしたが、それでも行った甲斐のある楽しい映画祭でした。本当に映画を愛する人たちが手弁当で作り上げている雰囲気、そして選ばれる映画のユニークさ、マニアックさが妙にクセになるというか(笑)。一昨年からの堺さんの授賞ラッシュのおかげで、数々の映画賞の授賞式に参加していますが、満足度でいえばこれが一番かもしれません。

≫ 続きを読む

| その他 | 01時49分 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンスランバー 初日舞台挨拶

先週末の土曜日(30日)、有楽町のマリオンにあるTOHOシネマズ日劇2で行われた「ゴールデンスランバー」の初日舞台挨拶に行ってきました。劇場入り口の前に特設されたグッズ売り場には行列ができ、パンフレットが飛ぶように売れていました。私たちのグループの直前で品切れになり、劇場内からパンフレットの箱を運んでくるまでの間、何分か待たされたくらい…! ここでは『T.』も一緒に販売されていましたが、当然ながら、すべて堺さん側の表紙が上になっていました(笑)。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 02時16分 | comments:11 | trackbacks:1 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。