2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日はいよいよ千秋楽!

あっ!! 「新・日本百景100年後に残したい日本の姿」、予約録画するの忘れた~! …と、航兄のセリフにかけて言ってみたところで、その事実が消え去る訳でもなく。やってしまいました。・°°・(;>_<;)・°°・。
原因として考えられるのは、①忘年会で深夜帰宅→そのまま爆睡→早朝シャワー後出勤というヘビーな生活が続いていた、②スタイルフリーのCM騒ぎですっかり意識から遠のいていた、③BSの予約録画は少々手続きが面倒なので、先延ばしにした結果、気づいたときには放送が終わっていた。…すべて正解!! というわけで、美しい日本の風景を観ながら、堺さんの美声に浸ってマッタリするのは、1月5日(土)の再放送までお預けです。
さて、いよいよ音二郎の舞台も明日で千秋楽! 昨日(28日)は昼公演の後、東宝主催のスタッフ・キャストへの「感謝の夕べ」があったようですね(by 阿南健治さんHP)。26日には、毎年恒例の「組!」の忘年会もあったようですし(by 鈴木砂羽さんブログ)、堺さん、二日酔いになったりしてないかしら?などと、余計な心配をしたりして(笑)。痛い出費ではありましたが、今は28日の代わりに千秋楽に行けることになって本当によかったと思っています。堺ファンの方もたくさん観に行かれるようなので、皆で伊達さん@堺さんに「お疲れさまでした!」「本当に素敵でした!」と心からエールを送りたいと思います。(中央ブロックの比較的前方。ジャッキーと一緒です)。

〔追記〕
夕方記事をアップした際、うっかりして「組!」の忘年会の日付を間違えてしまいました。昨日のことではなかったのね~。混乱させてしまってすみませんでした。そのお詫びというわけではありませんが、追加情報を二つ。本日(29日)の音二郎の昼夜のひとときには、堺さんから「クリスピーのドーナツ」(クリスピー・クリーム・ドーナツかな?)の差し入れがあったもようです(by あなけん携帯版掲示板)。アルバイトをしていらしただけあって、やっぱりドーナツがお好きなのねん♡ それから、映画『ジャージの二人』の公式サイトが開設されました。ジャージ姿で仲良く布団を干す鮎川さんと堺さん。なんて生活感あふれる別荘生活(笑)。
スポンサーサイト

| 恐れを知らぬ川上音二郎一座 | 17時43分 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝 『アサヒスタイルフリー』テレビCMご出演!

昨日の深夜、例のごとく酔っ払い状態で帰宅すると、大河ドラマご出演以来のビッグニュースに各サイトが沸き立っていた! アサヒビールの発泡酒『スタイルフリー』の来年のテレビCMご出演ですって! しかも井川遥さんとほのぼの夫婦役で! (アサヒスタイルフリーのサイトはこちら…そのうちメイキングなんかもアップされるのかしら?)
こちとらファン歴1年にも満たない新参者ですが、長きにわたるファンの方々が「ついに…!」「待望の…!」と喜びを噛みしめていらっしゃる気持ちがとてもよく分かります…というか、すでに同じ気持ちです(笑)。
そういえば、1月2日(水)にはWOWWOWの「銘酒誕生物語~九州が生んだ人気焼酎を訪ねて~」にナレーション出演という雪松さんからの情報もありましたっけ。いずれにせよ、来年の堺さんは、お酒にまつわるテレビ出演からスタートということですね。
ところで、CMってしょっちゅう流れているような気がするのに、いざ録画しようとすると意外に難しかったりするんですよね~。元日早々テレビの前に張り付いて、大騒ぎしそうな予感アリ!?

| CM | 12時33分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新選組!! 土方歳三最期の一日

先日の再放送から少し経っちゃいましたけど…『新選組!! 土方歳三最期の一日』の感想を。DVDを持っていても、テレビでやっているとついつい観てしまうのがファンの悲しい性(さが)。でも、皆さんよくおっしゃるように、『新選組!』はあまり気軽な気持ちで観返すことのできない作品なので、こういう機会でもないとあまり観ないのかも。
う~ん、タイトルの「新選組!!」の文字を見るだけで、さりげなく流れるBGMを聴くだけで、ワクワクするような高揚感を感じるのはなぜでしょう。完全に何かが刷り込まれてしまったな(苦笑)。
土方歳三@山本耕史とともに、本編の「新選組!」から引き続いて登場していた隊士役の役者さんは、島田魁@照英と尾関雅次郎@熊面鯉の二人。本編で草剛が演じていた榎本武揚は、歌舞伎役者の片岡愛之助に代わっていましたが、吹越満演じる大鳥圭介とともに、安定感のあるいい演技を見せていました。

≫ 続きを読む

| 新選組! | 07時00分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末の大掃除&チケット争奪戦

今週末は久しぶりに仕事も出かける予定もないので、年賀状を印刷したり、部屋の掃除や片付けをしたりして過ごしています。大掃除をしなければならない場所はいろいろとありますが、とくに堺ファンになって以来溜まった雑誌が机を占領していて、もうこれ以上は置けない状態に…! 実は、この雑誌の上に新聞が山のように積まれていて、非常に見苦しい状態だったのですが、何とか片付けて少しすっきりしました。あとは、丸ごと保存する雑誌と切り抜く雑誌に分けて、切り抜きを日付順にファイリングするだけ…。そうはいっても、まだまだ相当時間かかるよ、この作業(泣)。まあ、年末年始のお休みも使ってコツコツ地道にやっていくつもり。ちなみに、右側にある写真は例のポラをスキャンしたもの。本物は大事にしまってあります(笑)。

desk.jpg

≫ 続きを読む

| その他 | 05時22分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

堀内敬子さんの『こけらおとし』

堀内敬子さんの『こけらおとし―シアタークリエ開幕 三谷さん、ここまで語って大丈夫?』(徳間書店)をようやく手に入れました。サブタイトルが予告と少し変わっていますね。第1部は『恐れを知らぬ川上音二郎一座』のお稽古日記、第2部は堀内敬子さんのお仕事日記(2007年1月から音二郎の稽古が始まるまで)、その後にシアタークリエが完成するまでのレポートや劇場づくりに関わった方へのインタビューなどが載っていて、巻末には三谷さんとの対談がなぜか“袋とじ”の付録として付けられています。
「お稽古日記」の名の通り、日々のお稽古を通して感じたことが素直な文章で綴られていて、それに堀内さん自身による写真と三谷さんのコメントが添えられています。残念ながら、堀内さんと三谷さん以外の人物の写真はほとんどありませんが、バースデーケーキ(10月14日の写真)だとか、役者さんの持ち物だとか、そういったモノから役者さんの存在を感じることができます。
堺ファンの目線からいうと、一番関心があるのはやはり第1部のお稽古日記の部分。実際に舞台をご覧になった方なら絶対に楽しめる内容だと思います。プロローグの音二郎と貞のパントマイムを考えたのはあの方だったの!とか、こんなに美味しいシーンがカットされちゃったんだ!とか、プロの役者さんて本当にすごいな~!とか、実にいろいろな発見があります。
とくに面白かったのが、堀内さんが川上音二郎一座の一人ひとりを紹介するページ。伊達さん@堺さんの印象は、「歩くパソコン」なのに「ピカピカのO型さん」。三谷さんによる堺さん評(意外な一面を見たというような)も、なるほどね~という感じ。ハイテンションになった堺さん、一度でいいから見てみたいわぁ。(←詳しくは本をご参照下さい。)

| 恐れを知らぬ川上音二郎一座 | 03時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

篤姫  解説本3冊

忘年会のシーズンたけなわですね。いったんお酒を飲み出すと“ほろ酔い”では止まらなくて、いつもトコトンまでいってしまう私。もういい加減いい歳なんだから、もっとスマートに飲まなきゃね(_ _|||)  今日はかろうじて酩酊状態にならずに帰宅したので、ブログの更新を(…って、もうこんな時間だよ~)。
最近、篤姫ネタが続いておりますが、本日(20日)は『篤姫』解説本3冊の発売日でした。すべてカラーの見開きでインタビューも載っているので、どれも捨てがたいのですが、将軍・家定のカットが一番多かったのはやはり本家の「NHK大河ドラマ・ストーリー」でした。密かに噂されているかわいらし~い感じがまさに伝わってくる写真。でも「完全ガイドブック」と「別冊ザテレビジョン」のメインの写真も、家定の衣装ではないけれど、とても素敵なんです(←それに、この2冊はサイン入り写真のプレゼントあり)。

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編(日本放送出版協会)
NHK大河ドラマ[篤姫] 完全ガイドブック(東京ニュース通信社)
別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマ 篤姫(角川ザテレビジョン)

以下、ちょっとだけネタバレあり

≫ 続きを読む

| 篤姫 | 03時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタジオパーク『篤姫』収録  初見学

本日(18日)は音二郎の休演日。スタジオパークに行くならここでしょう!というわけで、NHK放送センターに行ってきました。昼過ぎまで仕事をして、午後からの参戦です(←ちゃんと半休届けを出して来ましたってば/汗)。
しかし、結果は…無念。将軍・家定のお姿を拝見することはできませんでした。本日の撮影は、お幸@樋口可南子、忠敬@岡田義徳、肝付尚五郎(帯刀)@瑛太、お近@ともさかりえ、小松清猷@沢村一樹…と薩摩編のメンバーばかり。確かに、メジャーで人気のある役者さんが揃っていましたよ。師匠・清猷にうっすら涙を浮べて訴える尚五郎@瑛太の演技もなかなかよかった。でも…一目でいいから家定様にお会いしたかった~!! (泣)
とはいいながら、実は結構楽しいスタパ見学だったのです。まず、入口を入って脇目もふらずにスタジオ見学窓に直行すると、『壁男』の舞台挨拶のときにお会いしたMさんが先客でいらっしゃって、しばらく一緒に見学。その後、音声を聴くためにスタジオウォッチングに移動すると、今度は七織さんとその友人のKさんに遭遇。他の役者さんたちのファンは影も形も見えないのに、なぜに堺ファンだけが4人も集合!?(笑) その後は、スタジオウォッチングの大型画面近くの長いすに座って、『新選組!』収録当時の熱狂ぶりを聞いたり、お茶の間で観るテレビのごとくイロイロ突っ込みを入れながら、スタジオ収録を眺めたのでありました。

≫ 続きを読む

| 篤姫 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

篤姫 予告編

『風林火山(最終回)』終了後の『篤姫』の予告編をチェック! 「幕末、篤姫は13代将軍徳川家定の御台所として大奥に入り…」というナレーションのあたりで、家定@堺さん映っていましたね。背後からオレンジ色っぽい光が射す部屋の中で、視線と手が左下の方(画面右下)に向かっていて、何をしているところなんだろ…?という一瞬の映像。表情にトレードマークの微笑はなく、真剣というわけでもなく、やや虚ろで無表情な感じというのでしょうか。
先週の音二郎の休演日(12日)には、井伊直弼、孝明天皇、徳川家定のシーンを撮影していたとの情報(Yahoo!掲示板など)もあり、そろそろ本格的に撮影に入りそうな感じですね。スタジオパークに見学に行ってみたいけど、来週はまだ会社もあるし、撮影って年末年始もやるのか?…ブツブツ(独り言です。スルーしてください)。
上記の掲示板で教えていただいた『ミセス』の田渕久美子さんと宮崎あおいさんの対談、早速読んでみたところ、堺ファンにはとてもうれしい内容が書かれていました。

≫ 続きを読む

| 篤姫 | 23時57分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

婚外恋愛  オープニング

本日(12日)、「新・日本百景100年後に残したい日本の姿」(12月28日)ナレーションのニュースが飛び込んできました。「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の再放送が今年のテレビの見納めかと思っていたら、その後さらに聴き納めがあって、ちょっと幸せ~。
さて、今となっては観たくても観られないドラマの筆頭(?)に挙げられる『婚外恋愛』(テレビ朝日)。そのオープニングがYouTubeにアップされて話題になっています。もちろん私も観るのは初めて。釈ちゃんや根津甚八さんなど、他の出演者も登場しているかと思いきや…完全に二人の世界じゃないの~! 妬けるわ~!
『婚外恋愛』のサイトが残っているのは知っていましたが、あんまり詳しく見ていなかったんです。先日「ニュース」のページを順番に開いてみたら、オープニングにいくつかのバージョンがあることだとか、高校生の格好をした堺さんの写真だとか、いろいろ出てきて楽しかった。ちょっと重くて開くのに時間がかかるのが玉に瑕ですけど。
そうそう、会社の同僚の男性(私と同世代)に永作ファンがいるのを思い出し、YouTubeのオープニングを教えてあげたら、思いのほか好評でした。こういう恋愛がしてみたいんだそうで(あくまでも回想シーンね)、5回も続けて観たとか。私はひねくれ者なので、こういうベタな展開にはすぐ「あり得ね~」とか思ってしまう(←こういうヤツに限って深層心理では憧れてたりする/笑)。
まあ、それはともかく、「妬けるわ~!」で意気投合したのでありました。

| 婚外恋愛 | 02時41分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐れを知らぬ川上音二郎一座  堀内敬子さんのお稽古日記

『恐れを知らぬ川上音二郎一座』も中日(12月5日)を過ぎ、後半戦に突入。先日、瀬戸カトリーヌさんのブログに、ヨガやストレッチに励む役者さんたちの様子が書かれていて、話題になっていました。舞台では、飯尾床音@今井朋彦さんや津田山蔵人@浅野和之さんが、すばらしい柔軟性を披露するバレエもどきの場面があるのですが、今井さんと同列に扱われているということは、堺さんもアレができるんでしょうか…? ちょっと想像がつかないんですけど~。
さて、流暢な津軽弁で鮮烈な印象を残した伊東カメ@堀内敬子さん。純朴そうなルックスとしたたかな内面のギャップが面白く、会場を沸かせていましたっけ。彼女の手による稽古日記がいよいよ20日に発売になるそうです。タイトルは「こけらおとし」。ネット書店(YAHOO!ブックスセブンアンドワイなど)では、「いま、三谷幸喜がシアタークリエの幕をあげる」というサブタイトルが付いているようですが…??
堀内さんのブログによると、シアタークリエで12日前後から先行発売されるようですね。実は、今週末の土曜日、初のマチネ鑑賞なので、劇場で手に入れられるかも。…と、その前に今年最後の印刷所入稿という壁があるんだった。(-。-;), ハア~すっきりと仕事を終えて、心おきなく舞台を楽しみたいです~!!

| 恐れを知らぬ川上音二郎一座 | 02時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『アフタースクール』  前売り券発売

いつも温和なジャッキー殿の機嫌が、このところあまりよくありません。先日も残業で遅くなったら「仕事、仕事、堺、仕事、堺」かとブーたれられてしまった(雨、権藤か…汗)。不機嫌の原因はT.M.Revolutionのリアカン(リアルカウントダウンライブ)の抽選に外れてしまったことらしい。毎年行っているイヤカンの抽選もダメだったみたいだし、ホント、西川さんってすごい人気があるんですね。どなたかチケットを譲って下さる方、いらっしゃいませんか?…って、堺さんとファン層がまったくかぶらないような気がするんですけど(笑)。
んでもって、本日も出勤の私。悔しいので、都内に出てきたついでに映画『アフタースクール』の前売り券、買っちゃいました(v^ー°)  それにしても、公開は5月だってのに、なんて気が早いこと。前売り券を発売日当日に買うヤツも相当気が早いですけど(苦笑)。新宿の映画館で購入したんですが、窓口のお兄さん、前例がなかったみたいで焦ってました。まわりの棚をさんざん探し回った挙句、「特典は、このチケットについているバーコードなんで…」としどろもどろの説明。本当はチラシかなんかあったんじゃないの~?(←疑いの目)という気がしないでもありませんが、まあ、しょうがないですね。
さて、その携帯サイトに早速アクセス。これはTSUTAYAのページでしょうか。「2008年5月シネクイント他にてロードショー」という文字の他は、監督と主だった出演者の名前しか出ていませんね。おっ!「前売り券購入者限定のシークレットページはコチラ」というのがありましたよ! 映画の内容と何か関係があるかもしれない(?)単語のパスワードを入力してGO!

≫ 続きを読む

| アフタースクール | 18時52分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

讀賣新聞  別冊Y&Yテレビ

本日(6日)の『読売新聞』別冊Y&Yテレビに、読者投稿による「洋書の似合うのはこの人!」という記事あり。洋書が似合う俳優として、我らが堺さんのお名前もありました!「落ち着いた雰囲気の中、コーヒー片手に、難しい文学書などを読んでいる」イメージだそうで。芸能界・俳優界きっての読書家であるのは間違いないとしても、「コーヒー片手に洋書」というのは微妙に違うんじゃ…?と思われたファンの方も多いことでしょう。どちらかといえば、コーヒー→お酒 or 昆布茶、洋書→歴史文学、かなと(笑)。それにしても、ロマンスグレーでも、ベテランでもないのに(もしかしたら「クール感」も怪しい!?)、そうそうたる俳優陣にまじって、しかも写真入りで登場しているのはうれしい限り。投稿者の「星空を盗んだ猫。」さん、グッジョブです★

| 新聞 | 19時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続 映画『ジャージの二人』情報

本日(5日)発売の『キネマ旬報』。先日の『Cinema★Cinema』と同じく、『ジャージの二人』の撮影現場ルポです。こちらも見開きのカラーで、小さいカットもたくさん。どちらか一方を選ぶとしたら…。う~ん、どっちなんでしょう。『Cinema~』には、堺さんの破顔一笑やハスキー犬との散歩があるし、『キネ旬』には主役二人のアップと「はぁ~? なんだコイツ」とでも言いたげな面白い表情があるし、どちらも捨てがたいところです。ただ、『キネ旬』のほうが、写真が若干くっきりとしていて、アップが多いかなという感じ。
インタビューで一番印象に残ったのは、「(堺さん演じる)功役にいろんな役者を考えたけど、どれも首を傾げるような感じだった。そんな時、スチールの方が堺さんを提案して。堺さんをイメージして脚本を読み直したら、初めて笑えた。これはもう堺雅人でなくてはダメだと」という中村監督の言葉。堺さんの出演はスチールさんのおかげだったんですねえ。ありがとおございますッ+゜
なんだか見慣れてきちゃったな、ジャージー姿。…ていうか、頭の中でイメージする堺さんがジャージー姿になっちゃいました、最近(笑)。

| ジャージの二人 | 02時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐れを知らぬ川上音二郎一座 本日の差し入れ

いま田辺エージェンシーのサイトを見たら、久しぶりに雑誌掲載情報が更新されていました! 『Top Stage』と『Cinema★Cinema』は後出しですけど(笑)。かろうじて、12月5日発売の『キネマ旬報』だけがギリギリセーフの先取り情報。でも、おかげで楽しみが一つ増えました。田辺さん、これからもよろしくお願いしますね!
さて、舞台が始まる以前からお世話になっている阿南健治さんのサイト。毎朝の「おはよう&メッセージボード」のチェックに始まり、ほとんどファンじゃないかというくらい、よく見にいってます(苦笑)。最近のお気に入りは、マチソワの合間に楽屋から書き込みがある、携帯版の掲示板。本日(3日)のお弁当はなんと、堺さんからの差し入れですってよ~! 「ケイタリングホットミールでの、タイカレー、チキントマト煮」って書いてあります。あまり差し入れ弁当っぽくない、洒落たチョイスじゃありませんか、ねえ?
阿南さんのサイトといえば、11月30日に更新された「楽屋」コーナーの記事も、とても興味深い内容でした。劇場入りから幕が下りるまでの役者さんの動きがよくわかるし、私の「ミキプルーン」の疑問にもちゃんと答えてくれていて、阿南さん、ホントありがとう~!っていう感じ。ああ、もし堺さんのブログがあったら、一日20回ぐらい見にいくのになあ~(゜▽゜)\(--;)オイオイ!ちゃんと仕事しろ~!

| 恐れを知らぬ川上音二郎一座 | 02時38分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来夏公開『ジャージの二人』情報

最近、雑誌の掲載情報がないので、自力でせっせと書店に足を運んで新刊雑誌のページをめくる毎日。今思うと『壁男』のときは、探すだけでラクだったなあ。まっ…こういうのも発見したときの喜びがあってなかなか楽しいですけどね。
本日(1日)は『ジャージの二人』デーでした。まずは、スポーツ報知に「堺雅人“脱力系”ジャージー映画」という見出しの小さな記事。学校指定のジャージーに対して「モラトリアムのためのユニホームとして余分な力が抜けました。これもジャージーの持つパワーですかね」という堺さんのコメント、気が利いてます。小さいながらもカラー写真つき。森のなかで直立する鮎川さん(黄緑のジャージ)と堺さん(赤のジャージ)が写っています。
もう一つは、『Cinema★Cinema』に「撮影速報!!」の記事。最終ページ(奥付)を1ページめくると見開きで載っています。赤、緑(黄緑)、青の三原色のジャージーが目にも鮮やか。熊笹の生い茂る道をシベリアン・ハスキーを連れて散歩する堺さんの写真が…!(動物が似合う/笑) 奥さん役は水野美紀さんのようで、腕を組んで歩いている写真もありました。個人的には、遠山さんという、近所に住む風変わりな女性を演じる大楠道代さんがまさにイメージにぴったりでなんだか可笑しかった。この映画、鮎川さんと堺さんのダブル主演ということですが、今回は二つとも堺さんがメインのような書き方でしたね。

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 02時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。