| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

糸色-Itoshiki- 応援メッセージ

EMIミュージック・ジャパン所属のロックバンド・RADWIMPS(ラッドウインプス)が東日本大震災被災者のために開設した特設サイト「糸色 -Itoshiki-」(→コチラ)。このサイトでは、被災者に向けての応援メッセージや義援金の募集のほか、この企画に賛同する著名人からのコメントが公開されていますが、その中に堺さんが寄せられたメッセージもありました(どういうつながりかは不明ですが・・・)。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ゴールデンスランバー | 00時35分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベルリン国際映画祭[補足アリ]

2月19日(現地時間)、ベルリン国際映画祭のメイン会場の一つ、ツォー・パラストで「ゴールデンスランバー」が上映されました。現地にいる友人の話によると、短いながらレッドカーペットもあり、新選組羽織を着たドイツ人や現地在住の日本人などが結構つめかけていたようです。堺さんは白いシャツに黒のスーツ(ノーネクタイ)というシンプルなファッションで登場。
「ゴールデンスランバー」上映前には、堺さんとプロデューサーによる短い挨拶があり("Japanese young star"と紹介されていたらしい/笑)、堺さんは「これから上映なので長い挨拶は控えますが、ドイツの皆さんと観られるのがとてもうれしいです。終わってから皆さんとお話できるのを楽しみにしています」とご挨拶されていたそうです。
中村監督からは「残念ながら撮影で伺うことができません。まさかこんなことになるとは思っていなかったので、撮影のスケジュールを組んでしまいましたが、今後は2月は空けておきますので、また呼んでください」というビデオメッセージが届き、会場の笑いを誘っていたそうです。
堺さんは観客と一緒に映画を鑑賞、終映後(午前0時近く)に行われたティーチインでは、司会者から「この役のオファーがあったときどう感じたか」などの質問がいくつかあったそうです。ちなみにその質問には、「人気小説のキャラクターなので、イメージを壊さないように…というプレッシャーを感じながら演じました」と答えていらっしゃったとか。
堺さんは始終取り巻きに囲まれ、舞台を降りた後も現地のファンを含めたたくさんの人に囲まれてサインを求められ、スタッフに「そろそろ…」と促されて退席する様子が“大スター”のようだったと…`*:;,.★ ~☆・:.,;*
上映前の挨拶のときには、少し緊張しているように見えたとのことですが、初の海外の映画祭に臨む堺さんと同じ時間・空間を共有できた方々が本当に羨ましい!! 私も仕事が立て込んでなかったら、本気で行きたかったです(笑)。そういえば、日テレが取材に来ていたそうなので、どこかで映像が流れるとよいなぁと思っているんですが。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 04時17分 | comments:18 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

2つのゴールデンスランバー

「大ヒット御礼舞台挨拶」の日(11日)に観た、4回目の「ゴールデンスランバー」。毎回必ず涙ぐんでしまう場面があり、毎回何かしら新しい発見があります(以下、ネタバレあり)。
今回は、晴子@竹内結子の娘の七美ちゃんが自宅のソファに座っている場面で、後ろにトトロのような大きなぬいぐるみが置いてあることに気づいたのですが、その下ぶくれの顔と目の感じが七美ちゃんにそっくり!! かわいい(笑)。あと、クライマックスの花火の場面で、スイッチを押す晴子→「さあ皆さん、ご一緒に!!」と呼びかける森田@吉岡秀隆→「よっ轟屋~~!!」と叫ぶカズ@劇団ひとり→逃げる青柳@堺さんという、時空を超えた4人の連携、結びつきが表現されていることに気づき、背筋がゾクゾクしました。中村監督ってやっぱりすごいなぁ…。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 06時47分 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンスランバー 初日舞台挨拶

先週末の土曜日(30日)、有楽町のマリオンにあるTOHOシネマズ日劇2で行われた「ゴールデンスランバー」の初日舞台挨拶に行ってきました。劇場入り口の前に特設されたグッズ売り場には行列ができ、パンフレットが飛ぶように売れていました。私たちのグループの直前で品切れになり、劇場内からパンフレットの箱を運んでくるまでの間、何分か待たされたくらい…! ここでは『T.』も一緒に販売されていましたが、当然ながら、すべて堺さん側の表紙が上になっていました(笑)。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 02時16分 | comments:11 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンスランバー 凱旋パレード

本日(20日)仙台で行われた「凱旋パレード」には、なんと約1600人もの観客が集まったそうで…盛況で何よりでした!! 実は、先日の六本木イベントのとき、知り合いの中で仙台に行く予定の人が皆無だったので(熱いファンばかりにもかかわらず)、「ちゃんと人が集まるんだろうか?」「沿道がまばらだったら悲しいよね」などといらぬ心配をしていたのでした(苦笑)。
夕方4時頃、(六本木イベントには来ていなかった)知人のHさんから「記念品の旗をもらって、堺さんが来るのを今か今かと待っているところです!!」と興奮気味の電話をもらい、オープンカーを待つドキドキ感をほんのちょっと分けてもらいました。前の記事にパレードに関するコメントを寄せてくださったまおりさん、ずんだもちさんも本当にありがとうございました。
仙台放送のサイトで凱旋パレードのニュース(動画↓)を見つけたので、とりいそぎ!!

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 02時44分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンスランバー プレミアイベント&完成披露試写会レポ

プレミアイベント01

昨日(18日)は朝9時から夜11時までずーっと六本木にいました(笑)。同じように仕事を休んで来ている友人と、「月曜日の天気のいい昼間にお茶なんかしていると、ちょっと罪悪感を感じるねー(汗)」と。いやいや、この日のために週末に仕事したりして調整して来ているわけですから、大丈夫ですって(…と自分に言い聞かせる)。
さて、昨年の「ジェネラル」のときはプレミアイベントのみの参加でしたが、今年は完成披露試写会にも参加することができました。すでに芸能ニュースやネット記事などで報道されていますが、プレミアイベントは青柳@堺さんの先輩ドライバー役の岩崎@渋川清彦さんが運転する“仙台運送”のトラックの荷台からキャスト陣が登場。「ド派手な演出に観客たちのボルテージも一気に上がった」的なことが一部で報道されていますが、実は、整理券をもらうまでの待ち時間にスタッフのリハーサルを見てしまったり、イベントが始まる直前にもプレス向けに流れの説明があったりで、少なくとも私のまわりでは特に驚くでもなく割と冷静でした(苦笑)。ただ、堺さんがトラックから早く降りすぎてしまい、またステップを上がって元の位置に戻っていたのがなんか可笑しかった。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 02時01分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴルスラ祭り

年末の大掃除からの流れで、ついに懸案となっていた雑誌の整理に取りかかることに。2年以上も放置状態だったので、雑誌のタワーが机の上に3つも(机としての機能を全く果たしていない)。今日は手始めに『クレア』の「月記」と2010年からの雑誌をクリアポケットバインダーにファイリングしたら、なんとなく満足した気分に…(つまり、何も進んでいない)。いや、明日こそはもっと真剣にやりますとも!!(苦笑)
さて、「ゴールデンスランバー」の公開が近づき、いろいろなイベント情報が出てきました。初日舞台挨拶(30日)の情報はまだ出ていないようですが、18日(月)には六本木ヒルズでプレミアイベント(レッドカーペットセレモニー&マスコミ向けフォトセッションイベント)と舞台挨拶付きの完成披露試写会が行われ、20日(水)には仙台で公開記念の凱旋パレードが開催されるそうです(→ゴルスラ公式サイト)。堺さんと竹内さんがオープンカーで沿道の人たちに挨拶をしながら凱旋パレードを行い、その後トークショーで撮影の思い出やエピソードを語るって、面白いというか、ちょっと珍しい企画ですよね(しかも“大ヒット記念”ではなくて、公開前のタイミングというのは)。

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 04時20分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゴールデンスランバー」試写会

「ゴールデンスランバー」の試写会、たとえそのせいで休日出勤になろうとも、行けてよかったです(>Yさん、本当にありがとうございました!)。ハラハラドキドキ、笑って泣ける、まさに王道をいく、極上のエンターテインメントとして楽しめる映画でした。堺さんの印象的なリアクションとか表情とかセリフとか、本当は言いたくてウズウズしているのですが、しばらくは我慢することにします。映画が始まった頃は“二枚目”というより割と普通っぽい感じに見えたのですが、覚悟を決めたあたりからすごくカッコよく見えました!! 
あと特筆すべきは、濱田岳くんのかわいさと学生時代の吉岡秀隆さんの自然さかな?(笑) 「フィッシュストーリー」に出演されていた渋川清彦さんもなかなかいい役どころでした。全体的に肩に力が入る場面が多く、見終わると疲れがドッと出て、続けて2回観るのは絶対に無理だとその時には思いましたが、1日経つとなんだか無性に観たくなり…。まだ50日近くもある初日(1月30日)までとても待てそうにありません!!

≫ 続きを読む

| ゴールデンスランバー | 04時10分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。