| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「クヒオ大佐」初日舞台挨拶

先日の舞台挨拶で「クヒオ大佐」の鑑賞は合計3回になりました。一番の見どころは、しのぶ@松雪泰子の弟の達也@新井浩文との絡みで見せる、クヒオ大佐のコミカルな表情かなぁと思います。驚いたり慌てたり焦ったりするときの表情が実にチャーミング。唯一残念なのは、ラストのクヒオの念願が叶うシーン(と言ってよいのか?)、表情は完璧なんだけどセリフがなぁ。ここは頑張って堺さんご自身にやっていただきたかったです(苦笑)。それと、いつかの雑誌インタビュー以来、デヴィッド・ボウイとの共通点をいつも探しているんですが、トレンチコート&帽子姿で渋くキメて街角で英字新聞を読んでいるとき(実はターゲット物色中)の一瞬、微かにボウイを感じました(笑)。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| クヒオ大佐 | 02時01分 | comments:13 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「クヒオ大佐」独身女性限定試写会

4日に東京・麹町のTOKYO FMホールで行われた映画「クヒオ大佐」プレミア試写会。今回は涙をのんで参加を見送りましたよ~。翌朝のズームインやネットの記事などを見たら、“独身女性”がなぜか“婚活女性”にされていて、最後は婚姻届を振りかざしながら、「クヒオ大佐、結婚してー!!」と叫ぶという演出まで。うわ~これはちょっといただけないかも~(←悔し紛れ)。でも、あの婚姻届はちょっと欲しい(笑)。
参加した友人たちは、白いシャツにベストつきのチャコールグレーのジャケット、くるぶし丈のパンツがよく似合っていて、舞台挨拶には珍しくときどき鋭い顔つきになることもあり(サジ君が残っていたのか)、いつもより(さらに)“3割増”かっこよかった!!と大絶賛。舞台挨拶での堺さんは終始ニコニコ顔で“いい人オーラ”全開という感じなのに、今回は韓流スターばりのスキのないかっこよさ(?)だったのではないかと勝手に解釈。どうか10日の初日舞台挨拶も、その路線でお願いします!!(笑)

≫ 続きを読む

| クヒオ大佐 | 02時45分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クヒオ大佐とデヴィッド・ボウイ

“独身女性限定”なんてヒドすぎる~!!ヽ(#`Д´)ノ ←心の叫び(笑)
これまでに目を通した「クヒオ大佐」関連のインタビューは、すでに数え切れないくらいになり、堺さんのおっしゃりたいことの要点はほぼつかめてきたかな~と思っていた矢先、本日(16日)発売の『TVstation』(20号)に掲載されていた新ネタに目が釘付けとなりました。「実は監督と話していて、デヴィッド・ボウイの存在が浮かび上がったんです。(略)ボウイのあのどこまでが虚で、どこまでが実なのかわからなくなっている感じはクヒオに繋がるものがあるかもしれません(略)」。
ま…まさか、堺さんの口からボウイ様の名前が出る日が来るとは!! なにを隠そう、中学から大学時代まで、今の堺ファンっぷりに勝るとも劣らないくらいの“ボウイ・フリーク”だった私。我が家の本棚には『デヴィッド・ボウイ・ストーリー』『デヴィッド・ボウイ―神話の裏側』『デヴィッド・ボウイ大百科』(←タイトルが笑えます)とか、雑誌の切り抜きファイルとか、参考になる「紙媒体」資料がいろいろ揃っているんです。いくらでもお貸しできたのに(笑)。堺さんならアルバムやDVDを買うより絶対参考になったのに(爆)。…などと、できるはずもないことを、ついつい想像しちゃいました。

≫ 続きを読む

| クヒオ大佐 | 01時20分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クヒオ大佐 公式サイトリニューアル

月初めの本日はいろいろな情報が飛び交う一日となりました。まず、09年度新規会員に向けて、新感線クラブから待望のメール=『蛮幽鬼』ファンクラブ先行予約のお知らせが届きました。プレオーダー先行予約(抽選)は全公演とも、1申込みにつき [第1希望のみ2枚まで]ですが、公演日時を変えて東京・大阪それぞれ5回までエントリー可能なので、結構いけそうな気がするんですけど、実際はほとんど当たらないんでしょうね(;´_`;)ハァ・・・「土日および千秋楽公演は大変混雑が予想されますので、あらかじめご了承下さい」なんてわざわざ書いてあるくらいだし…。でも、チャンスは最大限に活かして、頑張ろうと思います!
次に、5月29日に発売された『トライアングル』のDVD-BOXについて。特典ディスクの「パリ、上海ロケメイキング&インタビュー 」にものすごーく惹かれつつも、実はまだ購入をためらっている私・・・(この頃なにかと出費が多くて)。購入者を対象に、6/27(土)にDVD-BOX発売記念のトークイベントが開催されるそうです。出演者は「相武紗季さんほか」となっていて他の出演者は未定ですが、購入予定のある方は、イベント応募受付期間中(5月29日午前11:00~6月7日午後23:59)の購入を検討されてみてはいかがでしょう? あ~迷う~(←人に勧めておいてナンですが…)
※応募方法をよくよく読んでみると、イベントの応募はDVD購入者でなくても可能なようですね。とりあえず応募してみて、当たってからショップ(あるいは当日会場)で購入というのもアリのようです。

トライアングルDVDリリース決定!!(ポニーキャニオン

≫ 続きを読む

| クヒオ大佐 | 01時27分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クヒオ大佐 ヴィジュアル初公開

今日(1日)は「クヒオ大佐の特殊メーク姿初公開」の衝撃ニュースのせいで、朝からメール交換やら何やらで大忙しでした(笑)。本日公開になったクヒオ大佐のヴィジュアルは3種類。『スポーツ報知』紙面および「クヒオ大佐」公式サイト(本日リニューアル)に載っている、格好をつけたポーズの写真(白い制服と制帽)、「シネマトゥデイ」の記事に添えられていた、物陰から覗いているように見える写真(カーキ色の制服と略帽)、『シネマスクエア』(vol.24)に載っている3枚の写真(濃紺の制服と制帽)。
やはり一番インパクトがあったのは、軍人エリートを絵に描いたようなドレスホワイト着用の一枚。微笑みが怪しげで、付け鼻と口ひげが胡散臭くて、そうでありながら完璧なハンサムで…。クヒオ大佐がこんなに素敵な人なら、嘘だとわかっていても喜んで騙されまーす!!とまわりのファンの間では大好評でした。いかにも自信ありげなこの一枚に比べると、他の写真はどこか不安そうに見えたり、むしろ誠実そうな雰囲気さえ漂っているような…。どのような人物として描かれているのか、非常に興味をかきたてられますね。ぶっちゃけ、いま一番観たい映画だったりします(笑)。
この映画にロサンゼルスロケがあったとは驚きですが、付け鼻をつけた堺さんがアメリカで撮影をしているところを想像すると、なんか笑えるなぁ…。

≫ 続きを読む

| クヒオ大佐 | 02時27分 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

映画「クヒオ大佐」にご出演!!

本日(19日)の「スポーツ報知」その他にて、今秋公開の映画「クヒオ大佐」(吉田大八監督)に堺さんが主演することが明らかになりました。今朝、このニュースを知ったときは思わず絶句…。松雪泰子さんと映画の撮影に入っているとの情報は得ていましたが、まさかこんな映画だったとは…!!(>Cさま 早々に情報をありがとうございました。)
実は、ロケ現場を目撃した方が「堺さんが驚くほどハンサムで、ギリシャ神話の彫刻のよう」だったと書かれているのを見て、(堺さんがいくら端正な顔立ちといっても)「それはちょっと褒めすぎだろう~」と思っていたのですが、外国人風の特殊メークをしていた可能性もあり、それならばあり得る!と今更ながら納得しているところです(笑)。「スポーツ報知」の記事には、残念ながら、田辺の公式サイトの写真しか出ておらず。早くクヒオ大佐のビジュアルを観てみたいものです(ちょっとコワい気もしますが…)。
しかしこの映画、ファンとしてはもちろん楽しみでなりませんが、果たして作品として成功するかどうか、少々リスキーな印象もなくはないというか…(汗)。でも、初の長編劇場用映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が数々の映画祭で高い評価を受けた吉田大八監督だし、松雪さんや内野聖陽さんといった豪華キャストが共演なので、まあ大丈夫だろうと自分に言い聞かせてます(苦笑)。それに堺さんなら、このあり得ない手口で女性を騙した稀代の結婚詐欺師を、どこか憎めないチャーミングな人物(←女性が惹かれるのも納得)として表現してくれるのではないかと期待。個人的には、胡散臭い片言の日本語とか、ぜひ聞きたいなぁ(笑)。

≫ 続きを読む

| クヒオ大佐 | 04時31分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。