| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ特典映像

野球中継延長で放送時間が50分繰り下げとなった先週末の「青い文学シリーズ」(第三話)。起きててよかったー(汗)。雪景色の中、都電の軌道脇に横たわる葉蔵。「志津子、お父さん、それから皆さん。僕が弱いから悪いんです。すみません…生まれてきてすみません…」。ドキドキしました、ここ。すごくよかったです。平静に戻るのが少し早い気もしますけど(笑)。その後の「君は俺が誰だか知ってる?」「俺の話を聞いてくれる?」という疑問形のセリフにも心臓ぶち抜かれました。この語尾の柔らかさは反則ですって!!
さて、我が家に「ラッシュライフ」のDVDが届いたので、早速、「黒澤篇」と「特典映像」を鑑賞。「河原崎篇」「京子篇」「豊田篇」もちゃんと映画館では観てますから(←なんとなく後ろめたいらしい)。DVDのメニュー画面が「本編再生」「チャプター」「黒澤篇メイキング」「予告編」となっていたのには、ちょっとびっくりしました。メイキングって「黒澤篇」だけなんですか? このDVDのターゲットって堺ファンだけでいいんですか!?(汗)

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ラッシュライフ | 05時09分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ公開初日〔補足あり〕

ヴィレッジヴァンガードの前売券を持って新宿バルト9まで行ったにもかかわらず、3回の上映がすべて満席で泣く泣く観るのを諦めた方も多いと聞く昨日(13日)の公開初日。私もできれば手持ちの前売券を使いたかったのですが、事前に劇場に座席指定券に引き換えに行くのが難しかったため、オンライン予約でチケットを新たに購入。お財布的には厳しかったけれど、何とか初日に観ることができました。そういえば、劇場ではパンフレットの販売をしておらず、結局あの「非売品パンフレット」のみだということがわかりました。
以下、19:00の回上映終了後に行われた芸大の監督による舞台挨拶のレポと感想です(ネタバレを含みますので、ご注意ください)。

≫ 続きを読む

| ラッシュライフ | 13時09分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ 舞台挨拶&トークイベント詳細発表

本日(8日)午前10時より"au"「ラッシュライフ」キャンペーン開始!というわけで、早速、待受Flashをダウンロード。他のキャリアの方のために一応説明しますと、待受画像は「ラッシュライフ」のポスターやフライヤーと同じもので、待受Flashは4人の写真が上から順番に、左右から滑り込んでくるというものです(わかりますかね?)。
舞台挨拶&トークイベントの詳細がなかなか発表されなくてやきもきしていたんですが、ようやく「新宿バルト9」のインフォメーションに詳細が載りました。初日もさることながら、他の日も気になりますね~(とくに14日の「未定」とか/笑)。チケット販売については通常通りの販売方法と同じで、オンライン予約【KINEZO】(上映日2日前の午前0時~)、または劇場の9Fチケットカウンター(上映日2日前の劇場オープン時~)にて販売されるそうです。詳細は「新宿バルト9」のサイト(→コチラ)をご参照ください。

6月13日(土)19:00の回上映終了後~:東京芸術大学の監督による舞台挨拶
6月14日(日)19:00の回上映終了後~:未定
6月17日(水)19:00の回上映終了後~:廣木隆一監督(「余命1ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」)を迎えてのトークイベント
6月19日(金)19:00の回上映終了後~:俳優の柄本佑さん(ラッシュライフ・河原崎役)と、黒沢清監督(「トウキョウソナタ)」「アカルイミライ」)を迎えてのトークイベント

本日は、TBS「官僚たちの夏」のプレサイト(→コチラ)もオープン! 「現場リポート」にクランクインしたばかり(4月26日)の堺さんと高橋克実さんの写真あり。4月だというのに真夏のような雰囲気が出ているのはさすがですね! アイスキャンディー持ってベンチに座っている写真、すっごくいい笑顔~(^^*)

| ラッシュライフ | 00時36分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ラッシュライフ」試写会&前売りチケット情報

「ヒマですね…部活・堺」というメールが舞い込んできた本日(笑)。あまりのネタの少なさに、しばらく更新が滞っておりました。こういう日々もたまにはいいですけど。
今日は映画を観た直後の満足度や爽快感が高かった映画、逆に考え込んだり、モヤモヤ感の残った映画について、ぼんやりと考えていました。スクリーンで観た映画に限定すると、前者は「アフタースクール」「ジェネラル・ルージュの凱旋」、後者は「壁男」「クライマーズ・ハイ」ですかね、私的には。一応フォローしておくと、後者の映画も、1回目は「ううーん」だったものの、2回目は「あ、いい映画かも…」と思えたんです。おそらく、1回目に見落としていた点や疑問に思った点がきちんと拾えたり解消できたからだと思うんですが。
さて、1回目は若干モヤモヤだったかもしれない(汗)「ラッシュライフ」の関連情報をいくつか。GW中に日テレホールで開催される映画の試写会イベント(日テレ黄金週間)において、「ラッシュライフ」のDVD上映が行われるそうです(5月4日)。応募方法は携帯のみの受付で、応募期間は4月10日~19日(24時)まで、定員は各回300名。私は未見ですが、先日より日テレ黄金週間のCMが流れていて、「ラッシュライフ」ヴァージョンもあるとか。

≫ 続きを読む

| ラッシュライフ | 01時55分 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ@高崎映画祭

昨日(4日)、高崎映画祭で先行上映された映画「ラッシュライフ」を観に行ってきました。せっかく高崎まで行くのだから、他にも何本か映画を観れたらいいなと思っていたんですが、うっかり寝坊をしてしまって午後4時頃にやっと会場入り。ま、それでも上映3時間前なんですけどね。午前中から会場入りしていた友人2人(←ファンの鑑!)と合流して、上映1時間前までお茶を飲んだり、軽めの食事をしながら堺語り。ちなみに、映画上映後も高崎駅近くの居酒屋で午前1時半まで堺談義してました。熱い一日でした(笑)。
会場の高崎シティギャラリー・コアホール、2階席(49席)の様子まではわかりませんでしたが、1階席(275席)は完全に満席状態。高崎という場所、休日の夜7~9時という時間帯によくこれだけの人が集まったなぁとちょっとびっくり。マスコミにも取り上げられた東京芸大初の商業映画という話題性によるものか、堺さん、寺島しのぶさんなどキャストの人気によるものか、あるいは、伊坂幸太郎さんの出世作の映画化ということで原作ファンが注目しているのか…。なんにせよ、幸先のよいスタートで、関係者の方々もホッとされたのではないでしょうか。

≫ 続きを読む

| ラッシュライフ | 02時04分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ予告編

いまジャッキーの両親と妹さんの家族(子ども2人含む)が我が家に滞在していて、人口がいつもの4倍に…!(汗) おしゃまな姪っ子に携帯の待ち受け画像(=堺さん@南極料理人)を見咎められ、泣く泣く別の待ち受け画像に変えています(笑)。
さて、映画「ラッシュライフ」の予告編が25日にようやく公開されました。原作はまだ読んでいませんが、ある金額までしか盗らないとか、必ずメモを残すとか(公式サイトのインフォメーションのページにそのメモが…)、堺さん演じる孤高の泥棒・黒澤の独自の美学・こだわりの片鱗が窺えて、この黒澤という人物への興味、さらにはこの作品に対する期待度もアップ!
高崎映画祭(4月4日)では、「ラッシュライフ」のワールドプレミアのほか、監督3人(真利子哲也監督、遠山智子監督、野原位監督)による舞台挨拶も予定されているそうなので、これに間に合うように会場入りしたいと思っています。ひょっとしたら、キャスティングや交渉、撮影時の裏話なんかが出るかもしれませんし…。

伊坂ワールドで暗躍する“泥棒”堺雅人の映像が解禁 『ラッシュライフ』予告編が到着(cinemacafe
映画「ラッシュライフ」(公式サイト
高崎映画祭(公式サイト

≫ 続きを読む

| ラッシュライフ | 03時34分 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「ラッシュライフ」にご出演

昨年6月頃に撮影が目撃されるなど、ファンの間で噂になっていた映画「ラッシュライフ」の詳細がようやく明らかになりました。本日(3日)の日刊スポーツによると、この作品は企画・製作・配給まですべて東京芸大の学生によって進められ、堺さん、寺島しのぶさんら出演者はほぼノーギャラで出演を承諾。「人生意気に感ず…」というのでしょうか、お金や名誉のためではなく、学生たちの熱い思いに打たれて動くという堺さんのポリシーのようなものが感じられ(←想像ですけどw)、うれしくなりました。
4つのエピソードを合わせたオムニバス作品を、20代の学生4人がそれぞれ監督。堺さんは孤高の泥棒・黒沢を、寺島さんはカウンセラー・京子を演じているそうです。学生による自主制作映画と聞いて、どのような形で公開されるのかが心配でしたが、新宿バルト9での公開が決まったとのことでホッと一安心。これで、3月に「ジェネラル・ルージュ」、6月に「ラッシュライフ」、8月に「南極料理人」と、今年も昨年並みに3本の映画が公開されることになり、ますます楽しみになってきました。

堺雅人らノーギャラ東京芸大初の映画配給(日刊スポーツ
伊坂幸太郎人気とどまるところを知らず! 堺雅人主演で「ラッシュライフ」が映画化(シネマカフェ

≫ 続きを読む

| ラッシュライフ | 03時23分 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。