| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ジャージの二人」再び~鮎川さんの水色ジャージ

クヒオ大佐の公式サイトやYahoo!映画で配信されている特報、面白いですね~!! カタコトの日本語ってこういう感じなのね~と納得。「プアイロットでぇす」って(笑)。腕立て伏せしながら「フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!」って(爆)。これは笑わずにはいられないでしょう。たしかコメディ映画ではないと聞いていたような気がするんですが、こういう路線で関心を引こうって戦略ですな~(笑)。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ジャージの二人 | 02時24分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャージの二人初日舞台挨拶 恵比寿ガーデンシネマ

昨日(19日)の「めざましどようび」「メレンゲの気持ち」「チューボーですよ!」の3連発。これまで堺さんのバラエティご出演の映像なんて、「新選組!」時代のものをネットで探しまくってこっそり見るか、録画しているファン仲間を探し出して貸してもらうかしか方法がなかったのに、この恵まれすぎている状況、なんだか出来すぎてやしませんか?(笑) それにしても、さすがに「好きな女性のタイプ→①言葉②声③顔の順」を3回も続けて聞くと、「もうわかったから~」という気分になりますね(笑)。堺さんに罪はないけれど。

さて、5月に始まった一連の映画の試写会や初日舞台挨拶などのイベントも昨日で終了。改めて数えてみたら、『アフタースクール』と『クライマーズ・ハイ』は2回ずつ、『ジャージの二人』に至っては4回も堺さんの舞台挨拶を観ていました(呆)。こんなに短期間に頻繁に堺さんのお姿を拝見できるチャンスなんて、今後はしばらくないだろうなぁと思うと、ちょっとしんみりした気持ちに。でも、この2ヵ月は興奮気味のハイ・テンションがずっと続いたような、別世界に行っちゃってたような(笑)、本当に夢のような2ヵ月間でした。

ジャージの二人初日

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 11時10分 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャージの二人プレミア試写会 ヤクルトホール

一昨日(16日)の「はなまるカフェ」ご出演。この手の情報(堺さんのプライベート情報)に飢えていたファンを驚喜させるような話題がてんこ盛りでした。①宮崎観光大使、②充実の朝ごはん、③事務所スタッフとの鍋会、④大相撲名古屋場所の注目力士、⑤最近購入したテレビ&HDDレコーダーなどなど。これだけのネタがあれば、たとえ新規の話題が少なくなったとしても、当分は食いつないでいけますね!(オイ)
スタッフが不用意に開けてしまった4本のポン酢を使い切るためのレシピ=ポン酢さっぱりうどんを食しながら、「1回につき100ccのポン酢が消費できる」と発言したり、スタッフに自分が演じた映像を見るためにテレビを買うことは決して贅沢ではないと説得されて、やっと古いテレビデオ(!)を買い換えたり。経済観念がしっかりしているというか、生活感覚が麻痺していないというか。いいお嫁さんになれるタイプですよね(笑)。

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 07時36分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャージの二人舞台挨拶付先行上映会 福岡・都久志会館

14~15日にかけて福岡に行ってきました。何もしなくてもジト~ッと汗が浮かんでくるような暑さ。会場に近い天神駅に集合し、昼食をとりながら前夜の「家定様ご薨去の回」について熱く語る同志たち(←関東、名古屋、滋賀より参加)。その後、「追い山」のスタート地点である櫛田神社を見ようということになり中洲方面に移動。すると、豪華絢爛な「飾り山笠」が街のいたるところに立ち並び、山笠を担いだ男衆が勢いよく水をかけられながら通りを走り抜けるなど、お祭りムード一色。ここに来た本来の目的を忘れそうになるほどの迫力でした。

飾り山笠


中州の男衆

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 02時08分 | comments:14 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

怒涛の「ジャージ週間」[追記あり]

『アフタースクール』、『クライマーズ・ハイ』&『ジャージの二人』(福岡)に続いて3回目となるチケットぴあ店頭での順番待ち。なんと今回初めて先頭をゲットしました! といっても、並んだのは6時45分くらいからなんですけどね(^_^;, 『花男』と重なったときのものすごい行列がウソのように、今日は人が少なくてラッキーでした。
今日は一人だったので、ヒマかなーと思っていたんですが、同じようにぴあ店頭に並んでいるファン仲間とメールで連絡し合ったり、通りすがりのおじさんに話しかけられたり(→暑いのに頑張っているからと、ジュースをおごってもらってしまった/笑)、一人挟んで後ろに並んでいた女性が同じく『ジャージ』狙いで話が盛り上がったり、意外とあっという間の3時間でした。
私よりも少し上の世代のこの女性、西島秀俊さんと仲村トオルさんのファンだということでしたが、最近の『篤姫』を観ていて、ぜひ生の堺さんを見てみたくなったとのこと。『アフタースクール』と『クライマーズ・ハイ』もご覧になられていて、意気投合しました。「今日はオダジョーファンが多いのかと思ったら、先頭の方が堺さん狙いだなんて、なんだかうれしいわ~!」と言われてしまい…(笑)。
さて、先頭だった甲斐あって、午前の部のかなり良い整理番号をゲット。そしてさらにもう一度並び直して、ダメ元で午後の部にもチャレンジしたら、なんとこちらも取れてしまってびっくり!(→取れなかった人も多いというのに、ごめんなさいm(_ _)m)。福岡に行く前にこんなところで運を使ってしまってよいのでしょうか? とにもかくにも、来週は福岡→プレミア試写会→初日舞台挨拶(午前&午後)という、怒涛の「ジャージ週間」になることが確定しました。

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 00時08分 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続 映画『ジャージの二人』情報

本日(5日)発売の『キネマ旬報』。先日の『Cinema★Cinema』と同じく、『ジャージの二人』の撮影現場ルポです。こちらも見開きのカラーで、小さいカットもたくさん。どちらか一方を選ぶとしたら…。う~ん、どっちなんでしょう。『Cinema~』には、堺さんの破顔一笑やハスキー犬との散歩があるし、『キネ旬』には主役二人のアップと「はぁ~? なんだコイツ」とでも言いたげな面白い表情があるし、どちらも捨てがたいところです。ただ、『キネ旬』のほうが、写真が若干くっきりとしていて、アップが多いかなという感じ。
インタビューで一番印象に残ったのは、「(堺さん演じる)功役にいろんな役者を考えたけど、どれも首を傾げるような感じだった。そんな時、スチールの方が堺さんを提案して。堺さんをイメージして脚本を読み直したら、初めて笑えた。これはもう堺雅人でなくてはダメだと」という中村監督の言葉。堺さんの出演はスチールさんのおかげだったんですねえ。ありがとおございますッ+゜
なんだか見慣れてきちゃったな、ジャージー姿。…ていうか、頭の中でイメージする堺さんがジャージー姿になっちゃいました、最近(笑)。

| ジャージの二人 | 02時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来夏公開『ジャージの二人』情報

最近、雑誌の掲載情報がないので、自力でせっせと書店に足を運んで新刊雑誌のページをめくる毎日。今思うと『壁男』のときは、探すだけでラクだったなあ。まっ…こういうのも発見したときの喜びがあってなかなか楽しいですけどね。
本日(1日)は『ジャージの二人』デーでした。まずは、スポーツ報知に「堺雅人“脱力系”ジャージー映画」という見出しの小さな記事。学校指定のジャージーに対して「モラトリアムのためのユニホームとして余分な力が抜けました。これもジャージーの持つパワーですかね」という堺さんのコメント、気が利いてます。小さいながらもカラー写真つき。森のなかで直立する鮎川さん(黄緑のジャージ)と堺さん(赤のジャージ)が写っています。
もう一つは、『Cinema★Cinema』に「撮影速報!!」の記事。最終ページ(奥付)を1ページめくると見開きで載っています。赤、緑(黄緑)、青の三原色のジャージーが目にも鮮やか。熊笹の生い茂る道をシベリアン・ハスキーを連れて散歩する堺さんの写真が…!(動物が似合う/笑) 奥さん役は水野美紀さんのようで、腕を組んで歩いている写真もありました。個人的には、遠山さんという、近所に住む風変わりな女性を演じる大楠道代さんがまさにイメージにぴったりでなんだか可笑しかった。この映画、鮎川さんと堺さんのダブル主演ということですが、今回は二つとも堺さんがメインのような書き方でしたね。

≫ 続きを読む

| ジャージの二人 | 02時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。